ビール・発泡酒・チューハイの部屋

No.1861〜1880


 
HOME  ビール・発泡酒・チューハイの部屋メニューへ戻る  前へ  次へ

2008年12月4日
No.1861: 旬果搾り 高知産 ゆず <冬限定> / アサヒ
 しゅんかしぼり こうちさん ゆず <ふゆげんてい> / あさひ
アサヒ 旬果搾り ゆず アサヒ 旬果搾り ゆず review
 12月2日発売、旬果搾りの冬限定品。 2種あるうち、既に沖縄産タンカンを飲んだ。 今日はもう一方の高知産ゆず。タンカンは初登場だが、ゆずは昨年も出ていた。

 グラスに注いだ色は、ほとんど透明だが、かすかに黄色っぽく濁っている。
 香りは、ゆずにしてはジューシーな感じで、甘いニュアンスあり。 旬果搾りらしい。
 酸が強いのは当然だが、口当たりがふんわり甘くて、やわらかい。 ゆずらしく少しグリーンな味わいはあるものの、基本的に"果汁"を感じさせる仕上がり。
 果汁0.3%。アルコール分4%。原材料:アルコール、ゆず果汁、 糖類、酸味料、香料。高知県産ゆず果汁使用。
 果汁0.3%でありながら、ここまでジューシーに仕上げたのは、 このシリーズに求められているキャラクターをよく自覚しているゆえであろう。 昨年の製品と内容は変わっていないものと思われる。
種別 チューハイ・カクテル等
2008年12月5日
No.1862: 夕張石炭ビール / 薄野地麦酒
 ゆうばりせきたんびーる / すすきのじびーる
夕張石炭ビール 夕張石炭ビール review
 先日飲んだ札幌すすきのビールと 一緒に購入した、その名も夕張石炭ビール。 無論、石炭が入っているわけではない。 夕張石炭博物館が企画したビールとのこと。

 グラスに注いだ色は、まさに漆黒。 小振りのグラスだと、向こう側がまったく見えない。泡もコーヒー色。泡持ちも良い。
 引き締まったロースト香は、まるで煮詰まった麦茶のよう。 香りに華やかさはない。
 口当たりはズシッと重いかと思いきや、意外にスーッとクリアな飲み口。 苦味中心で、甘味はほとんど感じられない。だが、雑味がないので、 滑らかな飲み心地。飲み干した後に、タバコのようなスモーキーな余韻が残る。 下面発酵と思われるので、基本的にスタウトなどとは味わいが異なる。
 アルコール分5%。原材料名:麦芽・ホップ。 製造者:薄野地麦酒(株)、 札幌市中央区南6条西4丁目1-5。
 このような製品によって、少しでも地域振興に役立つのなら、とても良い企画だと思う。 もちろん、単なる地名を冠した土産物ではなく、 この製品は確かなクオリティを持っている。入手価格は360円。
種別 ビール
2008年12月6日
No.1863: ツードッグス カクテル ファジーネーブル / キリン
 つーどっぐす かくてる ふぁじーねーぶる / きりん
キリン ツードッグスカクテル ファジーネーブル キリン ツードッグスカクテル ファジーネーブル review
 12月3日発売、キリン「ツードッグスカクテル」の新ラインナップ。 2種出たうち、既にアプリコットジンジャーを飲んでいるので、今日はファジーネーブル。

 グラスに注いだ色は、濁りのある薄黄色。白桃果汁のよう。
 香りも桃が目立つ。やや甘そうだが、嫌みのないナチュラルな桃香。
 味は桃の甘さに乳酸菌飲料のような感じが加わり、炭酸がピリッと引き締める。 かなり糖度が高そうな感じだが、オレンジの酸味もあって、スッキリ感もある。
 アルコール分5%。果汁4.0%。原材料:スピリッツ・レモン発酵酒・ ピーチリキュール・オレンジ果汁・糖類・酸味料・香料・ベニバナ黄色素・アントシアニン色素。 「ピーチリキュールの豊かな風味とオレンジ果汁のほどよく甘い口当たり」
 ツードックスカクテルは、これまで カシスネーブルソルティーブルドッグスクリュードライバーサングリアフィズと出ていて、 今回このファジーネーブルとアプリコットジンジャー が加わり、計6種となった。
種別 チューハイ・カクテル等
2008年12月7日
No.1864: カクテルパートナー ストロベリーロワイヤル <冬限定> / アサヒ
 かくてるぱーとなー すとろべりーろわいやる <ふゆげんてい> / あさひ
アサヒ COCKTAIL PARTNER ストロベリーロワイヤル アサヒ COCKTAIL PARTNER ストロベリーロワイヤル review
 明後日12月9日発売、アサヒ・カクテルパートナー、冬の限定缶。 ストロベリーロワイヤルとメロンダイキリ。 昨年もこの時期に、同じ2種のラインナップで出た。
 まずは赤い缶のストロベリーロワイヤルのほうから飲む。

 グラスに注いだ色は、ややオレンジっぽい淡いピンク。ロゼのスパークリングワインのようで、 美しい。
 香りは、甘さをたっぷりまとったいちご香。
 味も甘味が強く、スッキリとはしていない。 まるでスイーツのような濃い味わい。アルコール分が4%ということもあって、 アルコール感には乏しい。
 果汁1%。アルコール分4%。原材料:ストロベリーリキュール、白ワイン、 いちご果汁、糖類、酸味料、香料、カラメル色素、アントシアニン色素。
 昨年の製品の原材料表記と比べてみたら、 酸味料と香料の順番が逆になっていた(私の書き取りが間違っていなければ)。 香料を減らしたのか、酸味料を増やしたのかは定かではないが、 微調整が必要と判断されたのであろうか。
種別 チューハイ・カクテル等
2008年12月8日[1]
No.1865: カクテルパートナー メロンダイキリ <冬限定> / アサヒ
 かくてるぱーとなー めろんだいきり <ふゆげんてい> / あさひ
アサヒ COCKTAIL PARTNER メロンダイキリ アサヒ COCKTAIL PARTNER メロンダイキリ review
 明日12月9日発売、アサヒ・カクテルパートナー、冬の限定缶。 昨年もこの時期に、同じ2種のラインナップで出た。 クリスマスを意識し、缶は赤と緑で一対となっている。
 昨日ストロベリーロワイヤルを飲んだので、 今日はもう一方のメロンダイキリを。

 グラスに注いだ色は、やや濁った感じもある淡い緑。 まるで薄い緑茶に炭酸を入れたような外観。
 香りを嗅いで思い出すのは、クリームソーダ。 決して本物っぽくはない、いかにも人工的なメロン香。
 味は甘味が強く、この点もクリームソーダ的。アルコール度数は低いのに、 アルコール感はしっかりある。後味はスッキリしない。
 果汁1%。アルコール分4%。原材料:ラム、メロン果汁、レモン果汁、 糖類、香料、酸味料、ベニバナ色素、クチナシ色素。
 昨年の製品と原材料等はまったく同じ。おそらく何も変わっていないものと思われる。 2年続けて出たということは、昨年それなりに売れたということなのだろう。
 2種セットで缶が並んでいると、売場では結構目立つから、 もっと多くの店で取り扱われてもいいと思うのだけれど、 今のところ仕入れている店は、そう多くない。
種別 チューハイ・カクテル等
2008年12月8日[2]
No.1866: THE GLASS COCKTAIL ファジーネーブル / サントリー
 ざ・ぐらすかくてる ふぁじーねーぶる / さんとりー
サントリー THE GLASS COCKTAIL ファジーネーブル サントリー THE GLASS COCKTAIL ファジーネーブル review
 発売を知らず、店頭で偶然みつけたもの。 セブンイレブン限定らしい。つくっているのはサントリーで、 3種ある。今日はまず、ファジーネーブルから飲むことにする。
 名前のとおりグラスに入っているので、そのまま飲めるのだが、 色を確認したいので、あえてふだん飲んでいるグラスに移した。

 グラスに注いだ色は、しっかり濃厚なオレンジ。まさにオレンジジュースの色。 香りは、オレンジの苦そうな柑橘香に、桃の甘い香りが混じる。とってもナチュラルで、豊潤。
 一口飲むと、まさにジュースの味わいが広がる。アルコール感もしっかりとある。 酸が効いているが、桃缶詰のシロップみたい甘味がある。 贅沢な味わい。
 果汁100%カクテル。アルコール分6%。原材料名:オレンジ、ピーチ、スピリッツ、 ピーチリキュール、酸味料、香料、増粘多糖類、酸化防止剤(ビタミンC)。 「オレンジとピーチの果汁を贅沢に使用した、果汁100%カクテル。 上品な甘さのピーチに爽やかなオレンジをあわせた、やさしい味わい。」
 値段を見ずにカゴにポンポン入れたのだが、後で値段を確認したら1本238円だった。容量は150ml。 その時点では「高い」と思ったのだが、飲んでみて納得。こんなに贅沢な内容なら、 この値段は致し方ない。
 ※注:その後、2009年4月28日より全国のコンビニエンスストア限定販売となった。
種別 チューハイ・カクテル等
2008年12月9日[1]
No.1867: 明治のラガー / キリン
 めいじのらがー / きりん
キリン 明治のラガー キリン 明治のラガー review
 明日12月10日発売となっているキリンラガービールの復刻版。 ちょうど2年前にも「復刻ラガー」という名前で発売されたもの。 今回もあの時と同じ明治と大正の2種で登場した。
 今日はまず、明治のラガーから飲むことにする。

 グラスに注いだ液色は淡い黄金色。泡持ちは良い。
 香りに華やかさはなく、柔らかなホップ香と、じんわり落ち着いたモルトのニュアンス。
 口に入れるとアタックは柔らかく、口中に旨みが広がる。ただ、飲み込んだ後に、 舌の奥に強めの苦味が残る感じがある。この舌奥で感じる収斂性ある苦味が、 実にラガーらしいキャラクター。現在のラガーよりももっとふくよかで、 凝縮感も優っている。
 アルコール分5%。原材料:麦芽・ホップ。 「明治のラガーは苦味が効いた重厚で調和のとれた味わい。」
 2年前の製品の味を覚えているわけもないので、 私自身の当時のコメントを見てみると、 ほとんど同じような感想だったことがわかる。 中身は同じなのだろうか。
種別 ビール
2008年12月9日[2]
No.1868: THE GLASS COCKTAIL カシスオレンジ / サントリー
 ざ・ぐらすかくてる かしすおれんじ / さんとりー
サントリー THE GLASS COCKTAIL カシスオレンジ サントリー THE GLASS COCKTAIL カシスオレンジ review
 昨日、ファジーネーブルを飲んだサントリーのザ・グラスカクテル。 セブンイレブン限定品。今日は、カシスオレンジを飲む。
 今日も昨日と同様、あえてグラスに移した。

 グラスに注いだ色は、かなりどす黒い感じの紫。濁りあり。
 色の不細工さに対し、香りはとてもナチュラル。カシスとオレンジの香りがちょうどいいバランスで、 いずれもフレッシュに香る。ぶどうの香りにも似ている。
 味は酸が強い。それと同時にカシスらしい黒っぽい味わいが広がる。 アルコール感もきっちりある。
 果汁100%カクテル。アルコール分6%。原材料名:オレンジ、カシス、スピリッツ、 香料、カロチン色素、酸化防止剤(ビタミンC)。 「オレンジとカシスの果汁を贅沢に使用した、果汁100%カクテル。 甘酸っぱいカシスに爽やかなオレンジをあわせたフルーティな味わい。」
 こちらも実にナチュラルな味わいで、とても贅沢。濃いのに、くどくない。
 ※注:その後、2009年4月28日より全国のコンビニエンスストア限定販売となった。
種別 チューハイ・カクテル等
2008年12月10日
No.1869: 大正のラガー / キリン
 たいしょうのらがー / きりん
キリン 大正のラガー キリン 大正のラガー review
 本日12月10日発売、キリンラガービールの復刻版。 明治と大正の2種がある。
 昨日、明治のラガーを飲んだので、今日は大正のラガーを。

 グラスに注いだ液色は淡い黄金色。泡持ちは上々。
 香りは、明治のラガーよりもホップ香が若干華やかで、軽やかな印象。 現在のラガーに近く、決して派手さはないが、じんわりと落ち着いた穀物的香りがある。
 口当たりはクリアでカラッとしている。と思いきや、そのあとすぐさま強い苦味がやってくる。 重たさはないのに、ギュッと締まった苦味があるところは、まさにキリンラガー。 何杯飲んでも飲み飽きない落ち着きがある。
 アルコール分5%。原材料:麦芽・ホップ・米。 「大正のラガーは苦味にコクと芳醇さが加わった味わい。」
 明治がオールモルトだったのに対し、大正は副原料に米を使っている。 この点は、現在のラガーと同じ。それが、引き締まった日本的味わいをつくっているものと思う。
種別 ビール
2008年12月11日
No.1870: コーヒーラガー / 日本地麦酒工房
 こーひーらがー / にほんじびーるこうぼう
COFFEE LAGER COFFEE LAGER review
 先日飲んだ札幌すすきのビール夕張石炭ビールと一緒に購入したもの。 コーヒーが使われたフレーバード・ビアである。

 グラスに注いだ色は、漆黒。普通の濃色ラガーのような外観。
 香りを嗅ぐと、確かにコーヒーの香ばしい香りがする。 しかしこの香ばしさは、コーヒーだけのものではなく、 ロースト麦芽の香りとうまく混じり合った結果である。 両者の相乗効果で、とてもスモーキーでロースティな香りがつくられている。
 口当たりはシャープ。苦味がしっかりあり、口中にスモーキーフレーバーが広がる。 味はほとんど普通の濃色ラガーと変わりなく、モルトの甘味、深みを伴う本格的な飲み応えがある。
 アルコール分6%。原材料:麦芽、ホップ、コーヒー。麦芽使用比率50%以上。 日本海岩内海洋深層水仕込み。 「ロースト麦芽を贅沢に使用した麦芽風味と甘さが特徴の「ボック」をベースに、 徳光珈琲オリジナルフレンチローストコーヒーをブレンド。 コーヒーフレーバーがしっかりと効いた、甘味、苦味、香りのバランスのとれた フルボディのプレミアムアロマラガーです。」
 製造元:(株)日本地麦酒工房、 北海道石狩市弁天町30番地4。
 原材料にコーヒーが使われていることから、酒税法上の分類は発泡酒となる。 もっとも、麦芽使用比率は50%以上と書かれているのみで、もし66%以下であれば その点からも発泡酒である。
 ロースト麦芽を使ったボックがベースで、 そこに徳光珈琲というところのフレンチローストコーヒーをブレンドしたとのことだが、 素晴らしい統一感のある味わいに仕上がっている。 入手価格は500円だが、価値はある。
種別 発泡酒
2008年12月12日
No.1871: THE GLASS COCKTAIL ソルティドッグ / サントリー
 ざ・ぐらすかくてる そるてぃどっぐ / さんとりー
サントリー THE GLASS COCKTAIL ソルティドッグ サントリー THE GLASS COCKTAIL ソルティドッグ review
 既にファジーネーブルカシスオレンジ を飲んだサントリーのザ・グラスカクテル。 セブンイレブン限定品。全3種のうち、残るはこちら、ソルティドッグ。

 グラスに注いだ色は、まさにグレープフルーツ果汁そのものの濁りある黄色。
 香りもグレープフルーツ特有の苦い感じ。そこにふんわりアルコール臭。
 味わいもグレープフルーツジュースそのものの苦味、酸味があり、フレッシュ感満載。 ただ、酸味はうまくコントロールされているなという印象。酸っぱすぎる感じはない。
 喉に少し刺激的な酸を感じるところなど、とても自然。贅沢な飲み心地。
 果汁100%カクテル。アルコール分6%。原材料名:グレープフルーツ、ウオツカ、 香料、増粘多糖類、酸化防止剤(ビタミンC)。 「グレープフルーツ果汁を贅沢に使用した、果汁100%カクテル。 スッキリとしたグレープフルーツにウォッカをあわせた、爽やかな味わい。」
 このシリーズは3種ともすごい。238円と、高いだけのことはある。いや、価格以上の満足度だ。
 ※注:その後、2009年4月28日より全国のコンビニエンスストア限定販売となった。
種別 チューハイ・カクテル等
2008年12月13日
No.1872: 果実のささやき オレンジ&マンゴー / 麻原酒造
 かじつのささやき おれんじ あんど まんごー / あさはらしゅぞう
果実のささやき オレンジ&マンゴー 果実のささやき オレンジ&マンゴー review
 先月末、スーパーで偶然みつけ、 今月1日に 温州みかん を飲んだ、 果実のささやきというシリーズ。 入手したのは3種で、飲むのはこれが2種め。 果汁と醸造アルコールを混ぜただけのシンプルな製品だ。

 グラスに注いだ色は、濃厚なオレンジ色。 香りは、みかんとマンゴーが実にうまくバランスされ、 凝縮感がある。
 口当たりも濃厚。もちろん甘みは強いが、 みかんの丸い酸も効き、ややねっとりとした舌触り。 果汁そのものの味わい。 アルコール感もしっかりある。
 リキュール。アルコール分7%。原材料名:温州みかん、マンゴー、醸造アルコール。 天然果汁使用。温州みかん約2個分、マンゴー約1個分。 「お好みに応じてストレート、ロック、ソーダ割でお楽しみください。 保存料、着色料は一切使用しておりません。」 製造元:麻原酒造(株)、 埼玉県入間郡毛呂山町大字毛呂本郷94。
 300ml入りで、入手価格は500円。 びん入りだと威圧感があるが、考えてみれば缶入りよりも容量は少ない。
 安くはないのだが、価格に見合った充実感はある。濃厚なので、ソーダで割ったらソフトドリンク感覚で飲めそう。
種別 チューハイ・カクテル等
2008年12月14日
No.1873: 果実のささやき シークヮーサー / 麻原酒造
 かじつのささやき しーくゎーさー / あさはらしゅぞう
果実のささやき シークヮーサー 果実のささやき シークヮーサー review
 先月末、スーパーで偶然みつけ、 今月1日に 温州みかん を、 昨日オレンジ&マンゴーを飲んだ、果実のささやきシリーズ。 入手したのは3種で、これが最後となる。

 グラスに注いだ色は、やや緑がかった黄色。濁りがある。
 シークヮーサー特有の強烈な酸を感じさせる香り。フレッシュ感満載だ。
 口に含むと、想像以上に強い酸に驚かされる。 口中全体でヒリヒリとした酸味を感じる。飲み込むとき、喉にもかなりの刺激がある。 飲んでいるうちに、酸っぱさがどんどん蓄積されてゆく。
 原材料名に「糖類」とあるから、甘味が添加されているわけだが、 もし糖類無添加だったら、きっと飲めないくらいに酸っぱいのだろう。
 リキュール。アルコール分7%。原材料名:シークヮーサー、醸造アルコール、糖類。 天然果汁使用。シークヮーサー約17個分。 「お好みに応じてストレート、ロック、ソーダ割でお楽しみください。 保存料、着色料は一切使用しておりません。」 製造元:麻原酒造(株)、 埼玉県入間郡毛呂山町大字毛呂本郷94。
 300ml入りで、入手価格は500円。
 シークヮーサーは高価な果実だから、100%果汁の販売価格もとても高い。 シークヮーサー味のチューハイは各社から出されているけれども、 果汁含有率はとても低いのが一般的。
 ここまで贅沢に(なんと17個!)シークヮーサーをつかったお酒は画期的であり、 非常に貴重な製品だが、酸っぱい柑橘好きの私のような人間は別にして、 普通はソーダ割り等にして飲むべきと思われる。
 常時売っていれば、私はまた買うと思うが、残念ながらこれを購入した店では あれ以来、二度と見ない。
種別 チューハイ・カクテル等
2008年12月15日
No.1874: 北海道カクテル たっぷりりんご / 北海道麦酒醸造
 ほっかいどうかくてる たっぷりりんご / ほっかいどうびーるじょうぞう
北海道カクテル たっぷりりんご 北海道カクテル たっぷりりんご review
 先日飲んだコーヒーラガーなどと一緒に、 北海道製品をまとめて購入したときの1本。
 北海道カクテルという製品は、以前にLAWSONで りんごブルーベリーの2種(缶入り)を 発見して、飲んだことがある。 同じ北海道カクテルでも、こちらはなんと果汁100%の製品である。

 グラスに注いだ色は、まさに混濁タイプのりんごジュース。 色がきれい過ぎず、ややくすんだ感じがあるのが、本物の証。
 香りも自然なりんご香。 香料を使った製品の場合、鮮やかな香りがカンッと瞬時に鼻の奥に届くのだが、 ナチュラルな果汁の場合、ゆっくり、芯のある香りが感じられる。
 味は甘味がとても強い。これは、果実そのものの甘味に加え、 アルコール分の甘味であろう。適度な酸もあり、とても自然な飲み心地。
 リキュール。アルコール分5%。原材料:りんご果汁、スピリッツ、酸味料(ビタミンC)、 保存料(ソルビン酸K)。 製造者:北海道麦酒醸造(株)、小樽市張碓町427-1。
「りんご発祥の町、北海道・余市。 昼夜の寒暖の差が果汁に富み、果肉のしまったりんごを育てます。 余市産のりんごたっぷりの自然な美味しさをお楽しみください。」
 250ml入りで入手価格は248円。これはたいへんお買い得だと思う。
種別 チューハイ・カクテル等
2008年12月16日
No.1875: モルツ スノーホワイト <限定醸造> / サントリー
 もるつ すのーほわいと <げんていじょうぞう> / さんとりー
サントリー スノーホワイト サントリー スノーホワイト review
 本日12月16日発売、モルツスノーホワイト。 期間限定、コンビニエンスストア限定販売だ。

 グラスに注いだ色は淡い黄金色。スノーホワイトという名前だからといって、 色が白なのではない。但し、泡は純白できめ細やか。泡持ちはほどほど。
 香りを嗅いだ瞬間、「あっ小麦だ」とわかるスイートさ。 それほど強烈ではなく、ほのかに香る。スノーホワイトという名前を聞いてから嗅ぐと、 なんだかホワイトチョコレートの香りみたいに感じられるから不思議だ。
 口当たりは意外と引き締まっていて、小麦特有の甘さや、 乳酸的な酸っぱさは弱め。その代わりに、苦味を効かせてあるから、 適度にシャープで、後味もスッキリ。
 アルコール分5%。原材料名:麦芽、ホップ。 小麦麦芽使用(全麦芽の20%以上)。
 小麦麦芽を使ったビールの入門編として、意義深いと思う。

 世界には様々なスタイルのビールが存在するが、日本で多く飲まれているのは、 そのうちのごく一部(大手が造るほとんどが、下面発酵のピルスナー) にすぎない。
 私は最近、ビール伝道師のようになっていて、 もっと多様な世界を知った方が面白いと、色んなところで力説しているのだが、 大抵の方の反応は、「へぇ〜。そうなんですか」。
 びっくり、という感じでもなく、もっと聞きたい、という感じでもなく、 はっきり言って興味がない、といった反応だ。 興味があるのは、スーパードライを、あるいは、のどごし生をケース買いするなら、 どこが一番安いか、といった話題のようである。 いやべつに、スーパードライやのどごしを飲むことが悪いというのではない。
 ビールというのは嗜好品であるから、 色んな味を知った方が、世界が広がって面白いですよ、ということを伝えたいだけなのだ。
 小麦麦芽を使ったビールを飲ませると、「何これ?」といった反応を示す人も少なくない。 それは単に、飲み慣れていないからである。もちろん、おいしくないと感じるものを飲む必要など 微塵もないが、国産ピルスナーだけしか知らない舌が、 「ビールとはこういうもの」という強固な固定観念にがんじがらめになっているための 拒絶反応だとすると、とっても哀しいではないか。
 だから、この国を代表するビッグブランドが、このような意欲的な作品を世に問うてくれることは 非常にありがたい。しかも、個性が強くなりすぎないように、万人受けするように仕上げているところは、 さすがサントリーと思う。この点が、「自分たちがつくりたいと思うものをつくりたい」 というマイクロブルワリーと、「つくるからにはたくさん売らなければならない」 という論理を優先させる大手との違いかと思われる。
 このビールで小麦の魅力に開眼した方は、 次は銀河高原・小麦のビールあたりに進むことをお勧めする。 それから、ハーブをつかったヒューガルテン・ホワイトなどに行くといいと思う。
種別 ビール
2008年12月17日
No.1876: おいしいチューハイ ブルーベリー&ぶどう <期間限定> / 宝酒造
 おいしいちゅーはい ぶるーべりー あんど ぶどう <きかんげんてい> / たからしゅぞう
タカラ おいしいチューハイ ブルーベリー&ぶどう タカラ おいしいチューハイ ブルーベリー&ぶどう review
 ずっと探していたが、ようやく出会えた。 12月2日発売、おいしいチューハイの期間限定品。
 タカラ製品は、みつかるときはすぐみつかるが、時々出足が遅いことがある。 私の行動範囲では、昨日から急にいくつかのコンビニで目にするようになった。

 グラスに注いだ色は、ごく淡い紫。向こう側が容易に透けて見える程度。
 コクのあるブルーベリー香と、ふんわり甘いぶどうの香りが共存。 この組合せで果汁50%だと、相当に濃いのではないか?と想像されたが、 思いのほかマイルドである。
 味も非常に柔らか。甘味はくどくなく、すいすい飲める。 このシリーズは糖類不使用だから自然な甘さで、後味もサッパリしている。
 缶に描かれたぶどうのイラストは白ぶどうで、 もしそれが本当だとすると、この味のサッパリ感や色の薄さが納得できる。
 果汁50%。アルコール分5%。糖類不使用。原材料名:果汁(ぶどう、ブルーベリー)、 スピリッツ、酸味料、香料、アントシアニン色素。 「果汁をたっぷり50%使用した贅沢なチューハイです。」
 缶デザインは、今年9月に出たぶどうミックス に非常に近い。もちろん、このシリーズは文字やイラストの配列などは共通だから、 いつも非常に似通っているわけだが、同じ果物を使っていると、 なおさら似てしまう。ブルーベリーだったら地の色を思い切って パープルかネイビーにしてしまうとか、時にはそういった冒険をしてみても 面白いのではないだろうか。
 とはいえ、このシリーズの中身に関しては、毎回何も言うことはない。 原価率は高いかもしれないが、たとえ販売価格を若干引き上げたとしても、 続けていただきたい製品だと、個人的には思う。
種別 チューハイ・カクテル等
2008年12月19日
No.1877: ベストテイストCocktail ソルティドッグ / 三幸食品工業(徳岡P.B.)
 べすとていすとかくてる そるてぃどっぐ / さんこうしょくひんこうぎょう(とくおかP.B.)
ベストテイストCocktail ソルティドッグ ベストテイストCocktail ソルティドッグ review
 この製品は、ベストテイスト酎ハイと同様に、 関西を中心にSAKE市場グランマルシェ、ボン・ルパなどの 酒販店を展開する徳岡(株) が開発したP.B.商品。
 ベストテイスト酎ハイについては、以前から当サイトでも取り上げているが、 その糖質オフシリーズ(例えば、こちら)を入手したときに、 このベストテイストカクテルの存在を発見し、同時購入していたのだ。 後回しになっていたが、ようやく出番がやってきた。

 グラスに注いだ色は、ほとんど無色透明。わずかに白っぽいかな?という程度。
 香りは、一般的なグレフルチューハイに酷似した、ガムのように甘そうなグレープフルーツ香。 それほど強烈ではなく、ふんわり柔らかな香り。
 口に含むと、マイルドな甘味が感じられるが、 フルーティというよりは、砂糖水みたいにぼんやりした感じ。 柑橘のフレーバーは弱い。 アルコール感はしっかりあるが、ウォッカの味わいではない。 だから、あまりカクテルという感じはしない。
 アルコール分8%。果汁5.0%。 原材料:グレープフルーツ果汁、醸造アルコール、 果糖ぶどう糖液糖、酸味料、香料。 製造者:三幸食品工業(株)、広島県東広島市安芸津町三津4215番地3。 販売元:セントミハエルワインアンドスピリッツ(株)、大阪市中央区南船場3-5-26。 「グレープフルーツ果汁特有のみずみずしさと爽快さを、8%の高めのアルコールが引き立てます。 バーカウンターの雰囲気を感じる本格派のカクテルチューハイです。」
 本格派のカクテルチューハイ・・って、いったいどっちやねん、という感じ。 確かに、カクテルというよりはチューハイ。ソルティドッグの名前がなければ、 グレフルチューハイと思ってしまう。度数の高さが、 「バーカウンターの雰囲気」なんだろうか。
 でもまあ、販売価格は缶ジュースと同じ120円だから、何も文句はない。
種別 チューハイ・カクテル等
2008年12月20日
No.1878: ベストテイストCocktail ジントニック / 三幸食品工業(徳岡P.B.)
 べすとていすとかくてる じんとにっく / さんこうしょくひんこうぎょう(とくおかP.B.)
ベストテイストCocktail ジントニック ベストテイストCocktail ソルティドッグ review
 昨日ソルティドッグを飲んだ、ベストテイストカクテル。 関西を中心にSAKE市場グランマルシェ、ボン・ルパなどの 酒販店を展開する徳岡(株) が開発したP.B.商品で、同社のベストテイスト酎ハイは、当サイトでも以前から取り上げている。

 グラスに注いだ色は、かすかに黄色っぽい。 シャンパンゴールドというほども濃くはない。
 シャキッとしたライム香が爽やか。ジンらしい香りもちゃんと感じられ、意外にも本格的。
 味はシャープで、アルコール感がしっかり。ジューシーといえるほどのライムフレーバー。 それもそのはず。ライム果汁だけで2.5%入っている。
 アルコール分8%。果汁2.5%。 原材料:ライム果汁、醸造アルコール、ジン、 果糖ぶどう糖液糖、酸味料、香料、クエン酸Na。 製造者:三幸食品工業(株)、広島県東広島市安芸津町三津4215番地3。 販売元:セントミハエルワインアンドスピリッツ(株)、大阪市中央区南船場3-5-26。 「ジン特有の爽快な香りとトニックのほのかな苦味が絶妙のハーモニーを奏でます。 バーカウンターでの雰囲気を感じる本格派のカクテルチューハイです。」
 このシリーズは、昨日のソルティドッグもそうだが、8%という高いアルコール度数が、 飲み応えの基礎となっている。
 ソルティドッグのほうでは、少々物足りなさを感じたが、こちらは酒好きにも 受けそうである。販売価格120円にして、この内容ならお買い得。
種別 チューハイ・カクテル等
2008年12月21日
No.1879: COCKTAILカロリ。ベリーミックススプモーニ / サントリー
 かくてるかろり。べりーみっくすすぷもーに / さんとりー
サントリー COCKTAILカロリ。ベリーミックススプモーニ サントリー COCKTAILカロリ。ベリーミックススプモーニ review
 今年7月下旬出荷分から、カクテルカロリ。のシリーズがリニューアルされている。
 9月16日にカシスオレンジミックスソルティードッグファジーネーブルマンゴーピーチの4種の中身がリニューアルされて 大々的に発売されたとき、他の定番6種もあわせて、CMでは ALL NEW! と宣伝されていた。 おそらくデザインだけのリニューアルと思われるのだが、 酒の百科事典を標榜する当サイトとしては、 このようなメジャーな製品ならば、缶デザイン変更といえどもフォローしておかなくてはいけない。 遅ればせながら、少しずつ紹介してゆこうと思う。
 定番6種のうち、まず今日はベリーミックススプモーニを飲む。 旧製品は、2006年9月12日に発売されたものである。

 色は透明感のある淡い紫。あるいはピンクといってもいい。 香りは、色んなものが混ざっている印象だが、ブルーベリーが目立つ。 あまり酸っぱそうな感じはしないので、クランベリーは弱いのだろうか。
 味はブルーベリーをとても薄くした感じで、軽やか。酸も効いている。 甘味料特有の薄ら甘い感じは健在。少々口に引っかかる。
 果汁1%。アルコール分4%。原材料名:クランベリー、ラズベリー、ブルーベリー、ウオツカ、 糖類、酸味料、香料、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、炭酸ガス含有。
 軽やかで嫌みがないので、甘味料の甘さを除いては、飲みやすくまとめられている。
種別 チューハイ・カクテル等
2008年12月22日
No.1880: COCKTAILカロリ。カシスグレープ / サントリー
 かくてるかろり。かしすぐれーぷ / さんとりー
サントリー COCKTAILカロリ。カシスグレープ サントリー COCKTAILカロリ。カシスグレープ review
 今年7月下旬出荷分から、順次リニューアルされているカクテルカロリ。の定番6種。 但し、パッケージデザインのみのリニューアルのようである。
 9月16日にカシスオレンジミックスソルティードッグファジーネーブルマンゴーピーチの4種の中身がリニューアルされて 大々的に発売されたとき、CMでまとめて ALL NEW! と宣伝されていたものだ。
 昨日ベリーミックススプモーニを飲んだので、今日は缶の色合いが非常に似ているカシスグレープを。 旧製品は、本年2月26日に発売されたものである。

 グラスに注いだ色は、ごく薄い紫色。ピンク色に近いといってもいい。
 香りは、甘いグレープと、そこにアクセントのようにカシスが加わる。
 味は、ぶどう感が強く、柔らかな甘味。 グレープソーダのようだが、カシス的味わいもちゃんと感じられる。 甘味料特有の薄ら甘さは、かなり控えめである。
 果汁2%。アルコール分4%。カロリー50%オフ。原材料:グレープ、カシス、スピリッツ、 糖類、酸味料、香料、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、 野菜色素、紅花色素。
 軽やかな飲み心地で、好感の持てるまとめ方。
種別 チューハイ・カクテル等

 HOME  ビール・発泡酒・チューハイの部屋メニューへ戻る  前へ  次へ