ビール・発泡酒・チューハイの部屋

No.10781−10800


 HOME  ビール・発泡酒・チューハイの部屋メニューへ戻る  前へ  次へ

2024年5月18日[1]
No.10781: セーフガード ウォッカ / チェリオ
 せーふがーど うぉっか / ちぇりお
チェリオ セーフガード ウォッカ チェリオ セーフガード ウォッカ review
 チェリオから出た「セーフガード ウォッカ」。
 同社のスポーツドリンクである セーフガード をお酒にしたもので、既発売の ライフガード ウォッカ の姉妹品といえるものである。
 発売を知らなかったのだが、先日から近所の LAWSON店頭に並び始めたため、入手した。 発売日は7月16日のようである。

 グラスに注いだ液色は、かすかに白濁。 多量の細かな気泡がグラスの中を立ち上っている。
 香りは、甘味の強そうなグレープフルーツ。よくあるスポーツドリンクの香りだ。
 味は香りの印象通り、甘味がしっかり付いている。酸味は強くない。 このあたりも、スポーツドリンク的。アルコール感は穏やか。 飲み込んだ後にも、グレフルの甘味だけを取り出したかのようなフルーティさが残る。 すっきりはしていない。
 アルコール分5%。原材料名:ウォッカ(国内製造)、果糖ぶどう糖液糖、食塩/炭酸、酸味料、香料、塩化K、 乳酸Ca、塩化Mg、甘味料(スクラロース)。販売者:株式会社チェリオジャパン 東京都千代田区丸の内2-4-1。 製造所:株式会社チェリオ中部 小牧工場 愛知県小牧市大字河内屋新田字下岩倉杁510-1。
 もっとしっかりお酒の味わいなのかと思ったが、かなりスポーツドリンク寄りであった。 この点、姉妹品のライフガード ウォッカとは異なる。
 甘みがあって爽やかではなく、かといってアルコールの飲み応えもないので、 どうにも評価しにくい。
種別 チューハイ・カクテル等
CODE:45491PRST#352
2024年5月18日[2]
No.10782: 日々研鑽 / 太極舎
 ひびけんさん / たいきょくしゃ
サッポロ HOPPIN'FRIENDS 日々研鑽 サッポロ HOPPIN'FRIENDS 日々研鑽 review
サッポロ HOPPIN'FRIENDS 日々研鑽
 サッポロビールがオンライン限定で展開している HOPPIN' GARAGE(ホッピンガレージ)において、 全国有数のブルワリーとの協業で新たな製品を送り出すプロジェクト「ホッピンフレンズ」。
 今日飲む「日々研鑽」は、2023年8月1日に発売された 「『刀剣乱舞ONLINE』ライセンス担当OK間(おけはざま)セット」のうちの1本。
 私が自分で購入したものではなく、当サイトのご協力者 ・森康哲さんから寄贈されたものである。
 なお、賞味期限が今月であるため、劣化している可能性も踏まえてレビューする。

 グラスに注いだ液色は、やや濁りが見られ、しっかり深い黄金色。オレンジ色に近い。 泡はやや黄色で非常にきめ細かく、力強く盛り上がって、泡持ちも良い。
 香りは、華やかで甘くフルーティなホップ香が強い。 柑橘の爽やかさとクリームパンみたいな甘さ。
 口に入れた瞬間、非常に収斂性の強い苦味が押し寄せる。 そのわりに重厚感や凝縮感をそれほど感じないのは、ラガーだからだろうか。 強い苦味を、ほろっとまろやかな甘味が追いかける。飲み込んだ後には、 その甘味がじんわりと広がっており、そしてまた最後に、苦味の塊がギュッと存在感を主張する。
 アルコール分5.5%。原材料名:有機麦芽(ドイツ製造)、ホップ。 製造者:(株)太極舎 東京都渋谷区富ヶ谷1-42-3。 製造所:暁ブルワリー八幡平ファクトリー 岩手県八幡平市松尾寄木1-474-6。
 賞味期限が近いことによる劣化はまったく感じられなかった。 ホップがふんだんに使われていることが奏功しているようだ。
種別 ビール
CODE:45491PRST#352
2024年7月19日
No.10783: J-CRAFT TRIP 加賀しずくサワー / 三菱食品
 じぇい・くらふと・とりっぷ かがしずくさわー / みつびししょくひん
J-CRAFT TRIP 加賀しずくサワー J-CRAFT TRIP 加賀しずくサワー review
J-CRAFT TRIP 加賀しずくサワー
 三菱食品から発売された J-CRAFT TRIP シリーズの「加賀しずくサワー」。 発売日は、7月16日。

 グラスに注いだ液色は、ほぼ無色透明だが、微かに黄色っぽく色づいているようにも見える。細かな気泡が多量グラスの中を立ち昇っている。
 香りは、甘さをたっぷり湛え、ナチュラルな感じの和梨香。
 味は基本的に香りの印象通り、梨の優しい甘さが特徴だが、甘過ぎず、軽く苦みが効いている。 だから後味もすっきり。アルコール感は弱い。
 アルコール分3%。果汁0.5%。原材料名:日本なし果汁、ウオッカ、果糖ぶどう糖液糖(国内製造)/炭酸、酸味料、香料、酸化防止剤(ビタミンC)。 販売者:三菱食品(株) 東京都文京区小石川1-1-1。 製造場:オエノンプロダクトサポート(株) 兵庫県神戸市灘区新在家南町3-2-28。
 「ことりっぷ」は旅する人に小さなしあわせを届ける旅メディアブランドです。
 「ことりっぷ」は株式会社昭文社ホールディングスの登録商標です。

 加賀しずくはずっしりとした重み、みずみずしく甘美な味わいが特徴の石川県のブランド梨です。
 梨味チューハイは、梨らしいフルーティ感を出すため、どうしても甘味設定が強くなりがちなのだが、 この製品はそのあたりのバランスの取り方がうまく、甘さとすっきり感を両立させている。 そうは言っても、食事に合うようなものではない。
種別 チューハイ・カクテル等
CODE:45492LSEM#03
2024年7月20日
No.10784: トリスハイボール缶 夜風のトニック / サントリー
 とりすはいぼーるかん よかぜのとにっく / さんとりー
サントリー トリスハイボール缶 夜風のトニック サントリー トリスハイボール缶 夜風のトニック review
サントリー トリスハイボール缶 夜風のトニック
 トリスハイボール缶「夜風のトニック」。
 LAWSON限定商品で、昨年もこの時期に出ていたものである。 今年の発売日は、7月16日。

 グラスに注いだ液色は、ごく淡いゴールド。細かな気泡がグラスの中を立ち昇っている。
 香りは、トリスらしい少し甘いウイスキーの香りに柑橘のキュンとした感じと、 トニックのハーブっぽい香りが同居。廉価なハイボール缶にしては、なかなか複雑さがある。
 味は香りの印象通りに優しい甘味、丸い酸味があり、その後苦味も感じる。 アルコール感はほどほど。いや、ウイスキーの味がちゃんとある分、アルコールの存在感はしっかり。
 アルコール分6%。オレンジ果汁0.2%。原材料名:ウイスキー(国内製造)、オレンジスピリッツ、オレンジ、糖類/炭酸、酸味料、香料。
 この製品は、当サイトで把握している限り 2018年から販売が始まり、今年で7年目。
 トリスハイボール缶は、失礼ながらウイスキー初心者向けの飲みやすい製品という位置づけで当サイトでもコメントしてきたが、 改めてこの製品はなかなか手の込んだものだと実感した。ただ飲みやすいだけではない。
種別 チューハイ・カクテル等
CODE:45493LSEM#04
2024年7月21日[1]
No.10785: 全農 和歌山県産 温州みかん&はっさくサワー / 全国農協食品(国分グループ本社共同開発)
 ぜんのう わかやまけんさん うんしゅうみかん あんど はっさくさわー / ぜんこくのうきょうしょくひん
全農 和歌山県産 温州みかん&はっさくサワー 全農 和歌山県産 温州みかん&はっさくサワー review
全農 和歌山県産 温州みかん&はっさくサワー
 全農「和歌山県産温州みかん&はっさくサワー」。
 7月9日からセブン-イレブンの関西・中四国・九州エリア(約7,000店舗)で順次発売。 また、全国のイトーヨーカドーやヨークなどのセブン&アイグループ店舗や、ゆめタウン・マート(イズミ)の一部においても順次販売とのこと。

 グラスに注いだ液色は、やや濁りのあるオレンジ色。 注いでいる時は気泡が踊っているが、すぐに静まる。
 香りは、しっかりコクのありそうなみかん香。甘味が強そうで、酸は弱そうである。
 味は香りの印象通り甘いコクが特徴。酸は穏やか。アルコール感はほどほど。 飲み込んだ後にも、みかんらしい甘さと酸味が残る。 弱いと思っていた酸味も、飲み続けるとはっきり感じられるようになる。
 アルコール分4%。果汁15%(温州みかん果汁10%、はっさく果汁5%(果汁に占める割合))。 原材料名:みかん果汁(温州みかん(和歌山県産))、はっさく果汁(はっさく(和歌山県産))、ウォッカ、果糖ぶどう糖液糖(国内製造) /炭酸、酸味料。
 販売者:全国農協食品株式会社 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-10。 製造所:宝積飲料株式会社 広島県東広島市志和町別府2061-3。 この商品は、全農グループと国分グループ本社株式会社が共同開発した商品です。

 自然豊かな和歌山育ち
 和歌山の温州みかんとはっさくを使用。温州みかんのやさしい甘さと、はっさくの程よい酸味がバランス良くブレンドされた、 和歌山の魅力が詰まったサワーです。
 前回発売が 昨年(2023年)6月20日だったので、およそ1年ぶりの登場であるが、 中身は変わらない。パッケージデザインのみの変更のようである。
種別 チューハイ・カクテル等
CODE:45494SEST#12
2024年7月21日[2]
No.10786: オークワプレミアム DRY リモネシュワー / 能勢酒造
 おーくわぷれみあむ どらい りもねしゅわー / のせしゅぞう
オークワプレミアム DRYリモネシュワー オークワプレミアム DRYリモネシュワー review
オークワプレミアム DRYリモネシュワー
 和歌山県を本拠とする食品スーパー・オークワ のP.B.オークワプレミアム の「DRYリモネシュワー」。
 私は関西在住でありながら、この商品を知らなかったのだが、 当サイトのご協力者 森康哲さん から寄贈されたものである。

 グラスに注いだ液色は、しっかり濁りのある薄黄色。気泡は少なく、炭酸はあまり強そうではない。
 香りは、揮発成分の多そうな、そしてコクのあるレモン香。 かなり酸っぱいことが想像される。
 味は酸っぱいというよりも苦みが強く、そして甘くない。レモンの皮をかじったような苦さが中心。 引き締まっていて、青臭い。アルコール感は強く、非常にシャープな味わい。 飲み込んだ後には、刺すような酸味と、青臭さ、強い苦みが残る。
 アルコール分7%。 原材料名:焼酎(国内製造)、レモン果汁、スピリッツ、ぶどう糖、ワイン、レモン皮/炭酸、香料。 製造者:能勢酒造株式会社 大阪府豊能郡能勢町吉野358。
 商品名の通りドライであり、レモンサワーというよりもカクテルっぽい仕上がり。
種別 チューハイ・カクテル等
CODE:45494PRST#UK
2024年7月22日  
No.10787: WINE CAFE ワインソーダ(白)レモン&ライム <限定> / サントリー
 わいんかふぇ わいんそーだ(しろ)れもん あんど らいむ <げんてい> / さんとりー
サントリー WINE CAFE ワインソーダ 白 レモン&ライム サントリー WINE CAFE ワインソーダ 白 レモン&ライム review
 サントリー WINE CAFE シリーズの限定「ワインソーダ(白)レモン&ライム」。発売日は6月25日。

 グラスに注いだ液色は、やや黄色みの強い淡いゴールド。 注いだ直後は液状に白い泡が立つが、しばらくして消滅。細かな気泡が美しくグラスの中を立ち上るのが見える。
 香りは、レモンのキュッとした酸っぱさが白ワインの上に漂っている。シトラスだけでない分厚さがある。 ライムはあまり感じない。
 口当たりも香りの印象通りキリッとしていて、シャープ。 あまり白ワインらしいコクはないが、少しだけ甘やかな厚みがある。 軽い苦みも感じ、切れが良く、後味はさらっとして、余韻はほぼない。
 アルコール分5.5%。 原材料名:濃縮還元ぶどう果汁(外国産)、輸入ワイン、濃縮果汁(レモン、ライム)(外国産)/炭酸、酸味料、酸化防止剤(亜硫酸塩)、香料。
 ワインソーダと言いながら果汁やら香料やら色々と使っているが、缶入りR.T.D.としてそれは別に問題ではない。 爽やかな仕上がりなので、缶チューハイの代わりに食事のお供にするのも良いと思う。
種別 チューハイ・カクテル等
CODE:45495FMMTS#28

 HOME  ビール・発泡酒・チューハイの部屋メニューへ戻る  前へ  次へ