ビール・発泡酒・チューハイの部屋

No.6061−6080


 
HOME  ビール・発泡酒・チューハイの部屋メニューへ戻る  前へ  次へ

2017年5月25日[1]
No.6061: ビターズ 初摘みレモン <期間限定> / キリン
 びたーず はつづみれもん <きかんげんてい> / きりん
キリン ビターズ 初摘みレモン キリン ビターズ 初摘みレモン review
キリン ビターズ 初摘みレモン
 キリンチューハイビターズに、期間限定「初摘みレモン」が投入された。 発売日は、5月23日。

 グラスに注いだ液色は、しっかりと深い濁りのある薄黄色。レモン果汁がたっぷり入っているかのような見た目。 実際は1.4%しか入っていないのだが。
 香りは、このシリーズらしく、ハーブ香がしっかり強く、化粧品のような作り物っぽい感じがある。
 味はキリッと尖っている。鋭い酸味がアクセントとなり、ハーブ香が活かされている。 甘味料の使い方が控えめで、それがアルコールを一層強く感じさせる原因になっているかのようだ。
 アルコール分9%。果汁1.4%。原材料:ウォッカ・リキュール(レモンピール・ハーブ・スパイス) ・レモン果汁・酸味料・香料・甘味料(アセスルファムK)。
 缶裏には、次のような文章がある。
 イタリアで愛される、初摘みレモン "プリモフィオーレ"
 私たちの国イタリアでは。シーズンの最初に咲いた花で実をつけるレモンを"プリモフィオーレ"と呼びます。 この貴重なレモンは香りが高く、濃い味わいが特徴です。私たちが最も愛するレモンを、ぜひお楽しみください。 アモーレ!
 シチリア レモン果汁生産者 シモーナ カラトッツォロ
 ビターズらしい、ある意味薬臭いような独特の風味が強いが、甘ったるい缶チューハイとは一線を画す、 通好みの一缶と言えよう。
種別 チューハイ・カクテル等
CODE:42880DAEE#02
2017年5月25日[2]
No.6062: ヱビスビール 日本の鉄道ヘッドマークチャーム しらさぎ / サッポロ
 ゑびすびーる にっぽんのてつどうへっどまーくちゃーむ しらさぎ / さっぽろ
ヱビスビール 日本の鉄道ヘッドマークチャーム ヱビスビール 日本の鉄道ヘッドマークチャーム review
ヱビスビール 日本の鉄道ヘッドマークチャーム
 コンビニエンスストア限定で4月26日に発売されたシリーズ。 JRで以前運行していたエル特急のヘッドマーク(先頭の車名標)がマスコットチャームになって、 ヱビスビールと、ヱビスマイスターの缶入り製品につけられたもの。 ヱビスビールについては全12種、ヱビスマイスターについては全6種があり、合計で18種。
 決して全種制覇しようなどと思って始めたわけではないが、これまで ヱビスビール(いしづち)ヱビスビール(あさま)ヱビスビール(ライラック)ヱビスマイスター(にちりん)ヱビスマイスター(白山)ヱビスマイスター(南風)ヱビスマイスター(やくも)ヱビスマイスター(ホワイトアロー)ヱビスマイスター(はつかり) と、ヱビス3種、マイスター6種を紹介した。今日掲載するのは、ヱビスビール「しらさぎ」である。
 マイスターのほうは全6種を制覇したが、 全12種あるヱビスビールについては、制覇はまず無理。 遭遇したら買うという基本戦術でここまで来たが、 発売日から日が経つにつれ、もうどこの店でも店頭在庫が乏しくなってきている。

 中身は通常商品なので、味のレビューは割愛する。
 アルコール分5%。原材料:麦芽・ホップ。
 特急しらさぎは、現在も名古屋・米原〜金沢間(JR東海、西日本)で運行されている列車。
 歴史をたどると、東海道新幹線が開通した1964年に名古屋〜富山間で運行を開始したものだが、 2015年に北陸新幹線が金沢まで開業したのと同時に、 同線と重複する金沢以遠の区間(和倉温泉、富山まで)は廃止された。
種別 ビール
CODE:42880LSEE#28
2017年5月26日[1]
No.6063: オリオン ドラフト エクストラ / オリオン
 おりおん どらふと えくすとら / おりおん
オリオン ドラフト エクストラ オリオン ドラフト エクストラ review
オリオン ドラフト エクストラ
オリオン ドラフト エクストラ
 5月9日にオリオンビールから発売された「オリオン ドラフト エクストラ」。
 販売地域は基本的に同社の通常商品と同じ、沖縄県及び奄美地区であるが、 大阪の百貨店で行われていた沖縄物産展に立ち寄った際に、売られているのを発見し、購入した。
 この商品だけでなく、通年品のオリオンドラフト、アサヒと共同開発した シークァーサーのビアカクテルが1本ずつ入った 3本セットで売られていたのだ。

 グラスに注いだ液色は、しっかり深い黄金色。泡は当初よく盛り上がるのだが、泡持ちはほどほど。
 香りは、清々しいホップ香がまず立つが、ベースにはしっかりと凝縮感のある甘いモルト香が横たわっている。
 味は口に含んだ瞬間からしっかりとした甘いコクを感じる。通常のオリオンドラフトがカラッと軽いタッチであるのとは好対照に、 ビシッと強い苦味や渋味をも伴い、飲みごたえがある。ただ、例えばヱビスビールみたいなパワフルさがあるわけではなく、 ふわっとした優しいタッチで、かつ、後キレが良いことが特徴だ。
 アルコール分5.5%。原材料:麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ、糖類(砂糖(キビ糖))。
 この商品は、今年がオリオンビール創立60周年を迎えることを記念して発売されたもので、 缶には「60周年 感謝をこめて これからも」というメッセージが書かれている。
種別 ビール
CODE:42881HSDP#17
2017年5月26日[2]
No.6064: 麦とホップ 魅惑のホップセッション / サッポロ
 むぎとほっぷ みわくのほっぷせっしょん / さっぽろ
サッポロ 麦とホップ 魅惑のホップセッション サッポロ 麦とホップ 魅惑のホップセッション review
サッポロ 麦とホップ 魅惑のホップセッション
 サッポロ麦とホップのシリーズに、期間限定「魅惑のホップセッション」が投入された。 発売日は、5月23日である。

 グラスに注いだ液色は、ごく淡い黄金色。泡はやや粗く、当初はよく盛り上がるが、泡持ちはあまり良くない。
 香りは、爽快で清々しいホップ香が立つ。ほんのり甘く、柑橘のような酸も感じ、軽妙。
 味は新ジャンル特有のふわっとした甘さがありながら、クリーンな苦味が加わり、 フルーティな余韻がある。かなり複層的な味わいで、爽やかさと飲みごたえを併せ持つ。
 アルコール分4.5%以上5.5%未満。原材料:発泡酒(麦芽・ホップ・大麦)・スピリッツ(大麦)。
 甘い香りのホップと柑橘のように香るホップ、2つのフレーバーホップを絶妙にブレンド。 ホップが奏でる、清冽な苦味と、驚くほどフルーティな香りをお楽しみください。
 ニュースリリースには、次のような説明がある。
 この商品は、初夏にふさわしい新しい味わいを求め、近年人気が高まっているセッションIPAのスタイルを参考に、 2つのフレーバーホップ「モザイク」と「カスケード」をブレンドすることで、クリアで清冽な苦みと、 驚くほどフルーティーな香りを引き出しました。
 確かに香味には酸っぱそうな尖りと、甘そうな丸みが共存しており、そこを私は「複層的」と感じた。
 商品名「ホップセッション」には、ビアスタイルとしてセッションIPAを参考にしたということと、 複数のホップの共演(セッション)という2つの意味が込められているようだ。
種別 新ジャンル
CODE:42881KSES#03
2017年5月27日[1]
No.6065: 素滴しぼり 果汁100%チューハイ 白ぶどう / 富永貿易
 すてきしぼり かじゅう100ぱーせんとちゅーはい しろぶどう / とみながぼうえき
富永貿易 素滴しぼり 白ぶどう 富永貿易 素滴しぼり 白ぶどう review
 半月ほど前に東京出張した折に、東京駅構内のコンビニでみつけたもの。
 神戸居留地ブランドで有名な富永貿易が販売している「素滴しぼり」というチューハイで、 なんと果汁100%だという。発売日は不明だが、ネット上では2月に書かれた記事もあり、 相当前から売られているようだ。

 グラスに注いだ液色は、ごく淡いゴールド。気泡は多くなく、炭酸は弱そう。
 香りは、過度に華やかさが付け加えられていない、つつましやかな白ぶどう香。 但し、甘さはとても強そう。
 実際、味は極めて甘く、こってり。ぶどうの実をかじった以上の甘さといった感じなのだが、 特に糖類が加えられたりしていないので、果汁自体の甘さなのだろう。 爽快感とは無縁であり、濃密な果汁感をたっぷり味わうためのチューハイと言える。
 アルコール分4%。果汁100%(濃縮還元)。原材料:ぶどう果汁、スピリッツ、酸味料、香料、ビタミンC。 製造者:アシードブリュー(株)宇都宮飲料工場、栃木県下野市下石橋561。販売者:富永貿易(株)、神戸市中央区御幸通5丁目1番21号。
 素性を探るべく、ネット上で色々探してみたら、セブンイレブンで買って飲んだらおいしかったとtwitterに書いている人や、 インスタに写真を上げて「買い占めたい」と絶賛している人など、かなり評判がいいようだ。
 なお、果汁100%といっても濃縮還元なので、水を使っていないわけではない。 無論、ストレート果汁なんか使ったら恐ろしく原価が高くなるだろうから現実的ではないが。
種別 チューハイ・カクテル等
CODE:42882NDKY#UK
2017年5月27日[2]
No.6066: 麦とホップ The gold 神戸開港150年デザイン缶 / サッポロ
 むぎとほっぷ ざ・ごーるど こうべかいこう150ねんでざいんかん / さっぽろ
サッポロ 麦とホップ 神戸開港150年デザイン缶 サッポロ 麦とホップ 神戸開港150年デザイン缶 review
サッポロ 麦とホップ 神戸開港150年デザイン缶
 サッポロ麦とホップの「神戸開港150年デザイン缶」。
 以前にも述べたが、サッポロさんは通常商品にこのようなデザイン缶をよく投入する。 この缶は、近畿エリア2府4県限定で、5月16日に発売された。 

 中身は通年商品の麦とホップ The gold なので、味についてのコメントは割愛。
 アルコール分5%。原材料:発泡酒(麦芽・ホップ・大麦)・スピリッツ(大麦)。
 この商品は、神戸市 ウェブサイト でも次のように紹介されている。
 神戸港は平成29年1月に開港150年を迎えました。 その記念すべき年を市民とともに祝い、市民の海、船、港への関心を深め、また、神戸港の新たなスタートとするため、 神戸開港150年記念事業を実施します。
 その事業趣旨にご賛同いただいたサッポロビール株式会社様から『麦とホップ The gold「神戸開港150年 デザイン缶」』を、 5月16日(火曜)より近畿2府4県で発売していただけることとなりました。
 缶体には、「神戸開港150年記念」の文字とともに、開港150年を記念するロゴマークを配していただいております。
 今のところそんなに大量に流通しているわけではなさそうで、今回入手した店以外では見かけないし、 同店でもすぐに売り切って、なくなってしまった。残念ながら、そんなにインパクトのあるデザインでもなく、 店頭でもあまり目立たない。
種別 新ジャンル
CODE:42882DAKO#11
2017年5月28日  
No.6067: ヱビスビール 日本の鉄道ヘッドマークチャーム 有明 / サッポロ
 ゑびすびーる にっぽんのてつどうへっどまーくちゃーむ ありあけ / さっぽろ
ヱビスビール 日本の鉄道ヘッドマークチャーム ヱビスビール 日本の鉄道ヘッドマークチャーム review
ヱビスビール 日本の鉄道ヘッドマークチャーム
 コンビニエンスストア限定で4月26日に発売されたシリーズ。 JRで以前運行していたエル特急のヘッドマーク(先頭の車名標)がマスコットチャームになって、 ヱビスビールと、ヱビスマイスターの缶入り製品につけられたもの。 ヱビスビールについては全12種、ヱビスマイスターについては全6種があり、合計で18種。
 決して全種制覇しようなどと思って始めたわけではないが、これまで ヱビスマイスター(にちりん)ヱビスマイスター(白山)ヱビスマイスター(南風)ヱビスマイスター(やくも)ヱビスマイスター(ホワイトアロー)ヱビスマイスター(はつかり)ヱビスビール(いしづち)ヱビスビール(あさま)ヱビスビール(ライラック)ヱビスビール(しらさぎ) と、マイスターは6種全部、ヱビスビールは4種を紹介した。今日掲載するのは、ヱビスビール5種めとなる「有明」である。

 中身は通常商品なので、味のレビューは割愛する。
 アルコール分5%。原材料:麦芽・ホップ。
 特急有明は、現在も博多〜長洲(熊本県)間で運行されている列車。 従来、福岡〜熊本〜鹿児島という九州の主要都市を結ぶ役割を担ってきたが、 九州新幹線の開業後は、新幹線との接続を考慮したダイヤが組まれているようだ。 但し、面白いことに、新幹線停車駅である筑後船小屋は、元々小さな駅であることから、停車しない。
種別 ビール
CODE:42883LSEK#32

 HOME  ビール・発泡酒・チューハイの部屋メニューへ戻る  前へ  次へ