ビール・発泡酒・チューハイの部屋

No.6201−6220


 
HOME  ビール・発泡酒・チューハイの部屋メニューへ戻る  前へ  次へ

2017年8月8日[1]
No.6201: もぎたて まるごと搾りシークァーサー / アサヒ
 もぎたて まるごとしぼりしーくぁーさー / あさひ
アサヒ もぎたて まるごと搾りシークァーサー アサヒ もぎたて まるごと搾りシークァーサー review
 アサヒのチューハイシリーズ もぎたて に新ラインナップが登場。 8月8日発売の「まるごと搾り シークァーサー」である。
 期間限定等の文字がないので、どうやら通年品として今後ずっと売るようである。

 グラスに注いだ液色は、ほんのり黄色っぽく濁っている。気泡は当初こそジュワジュワしているが、すぐに収まる。
 香りは、シャープでグリーンな柑橘香。あまり強くは香らない。
 味は香りの印象どおり緑っぽく苦味が強いが、同時に甘味料の甘さも非常に強く感じられる。 すべての要素が強いので、"甘酸っぱ苦い"。 飲み込んだ後にも、シークァーサーらしい緑っぽい香味が口に残る。
 アルコール分9%。果汁0.3%。糖類ゼロ。プリン体ゼロ。着色料ゼロ。 原材料:ウオッカ、シークァーサー果汁、ブドウ果実エキス、酸味料、香料、 甘味料(アセスルファムK、スクラロース)。
 昨年12月に一度期間限定で シークァーサー が出たことがあるが、味は非常に近い。 ただ、原材料が一部違っているので、新たな製品ということになる。
 なお、もぎたてシリーズは今年4月から全種リニューアルしている。当サイトでは未掲載なので、 今後入手次第、取り上げたい。
種別 チューハイ・カクテル等
CODE:42955KSES#00
2017年8月8日[1]
No.6202: ザ・プレミアム・モルツ 新幹線デザイン缶アソートセット <ベストセレクション> 第5位 923形 ドクターイエロー / サントリー
 ざ・ぷれみあむ・もるつ しんかんせんでざいんかんあそーとせっと <べすとせれくしょん> だい5い 923がた どくたーいえろー / さんとりー
サントリー ザ・プレミアム・モルツ 新幹線デザイン缶アソートセット 923形 ドクターイエロー×富士川橋梁 サントリー ザ・プレミアム・モルツ 新幹線デザイン缶アソートセット 923形 ドクターイエロー×富士川橋梁 review
サントリー ザ・プレミアム・モルツ 新幹線デザイン缶アソートセット ベストセレクション
 この夏のギフト用として売り出されたザ・プレミアム・モルツ「新幹線デザイン缶アソートセット ベストセレクション」。 発売日は、7月25日。
 元々は昨年、4度にわたって発売された新幹線デザイン缶アソートセットに端を発するのだが、 第1弾から第4弾までの合計で全26種の缶があった(当サイトではそのすべてを掲載済)。
 今年はその中からファン投票で選ばれた上位5種に、 現在JR東日本で実施している「新幹線YEAR2017」キャンペーンのオリジナルデザイン缶1種を加えた計6種を「ベストセレクション」 としてリリースされることになったのだ。
 今日掲載するのは、第5位に選ばれた「923形 ドクターイエロー」(JR東海・JR西日本)。 昨年10月発売の第3弾 に入っていた1本である。

 中身は通年品なので、味のレビューは割愛する。
 アルコール分5.5%。原材料:麦芽・ホップ。天然水100%仕込。 ダイヤモンド麦芽を加え、「華やかな香り、深いコクと旨み」が一層楽しめます。
 富士山を背景に、富士川にかかる橋をドクターイエローが通過する姿を描いたものだが、 至近から橋上の車両を撮ったものと、富士山が入るように遠巻きに撮ったものとを組み合わせてある。
種別 ビール
CODE:42955SEEMOS#14
2017年8月9日[1]
No.6203: 氷結ストロング ミックスパンチ <コンビニ限定> / キリン
 ひょうけつすとろんぐ みっくすぱんち <こんびにげんてい> / きりん
キリン 氷結ストロング ミックスパンチ キリン 氷結ストロング ミックスパンチ review
 キリン氷結ストロングのコンビニ限定商品「ミックスパンチ」が出た。 発売日は、8月8日。

 グラスに注いだ液色は、ほぼ無色透明。かすかに黄色っぽく色づいているようにも見える。 細かな気泡がグラスの中を美しく昇り続ける様は、スパークリングワインのようでもある。
 香りは、まずチェリーのような可憐な甘酸っぱさがが感じられるが、これはチェリーではなく、アセロラだ。 次いで、ライチと桃の甘さが漂ってくる。
 味は甘味が強く、桃が前に出ているようだが、ライチ味もしっかり。そこにアセロラの鋭い酸が加わるので、 冗長にならず、引き締まっている。但し、飲み込んだ後には、甘味料特有の甘さがだらっと口に残る。
 アルコール分9%。果汁1.3%。原材料:果汁(もも・アセロラ・ライチ)・ウォッカ・酸味料・香料 ・甘味料(アセスルファムK・スクラロース)。
 夏の3つの果実の氷結ストレート果汁をミックスした、フルーティな果汁感としっかりした飲みごたえ。
 ちょうど1年前にもコンビニ限定で ミックスパンチ が出されたが、 桃・ぶどう・洋梨の3種であった。今年の3種のほうが華やかで、軽やかで、夏っぽい印象が強い。
種別 チューハイ・カクテル等
CODE:42956LSEK#01
2017年8月9日[2]
No.6204: ザ・プレミアム・モルツ 新幹線デザイン缶アソートセット <ベストセレクション> 第4位 923形 ドクターイエロー / サントリー
 ざ・ぷれみあむ・もるつ しんかんせんでざいんかんあそーとせっと <べすとせれくしょん> だい4い 923がた どくたーいえろー / さんとりー
サントリー ザ・プレミアム・モルツ 新幹線デザイン缶アソートセット 923形 ドクターイエロー サントリー ザ・プレミアム・モルツ 新幹線デザイン缶アソートセット 923形 ドクターイエロー review
サントリー ザ・プレミアム・モルツ 新幹線デザイン缶アソートセット ベストセレクション
 この夏のギフト用として売り出されたザ・プレミアム・モルツ「新幹線デザイン缶アソートセット ベストセレクション」。 発売日は、7月25日。
 元々は昨年、4度にわたって発売された新幹線デザイン缶アソートセットに端を発するのだが、 第1弾から第4弾までの合計で全26種の缶があった(当サイトではそのすべてを掲載済)。
 今年はその中からファン投票で選ばれた上位5種に、 現在JR東日本で実施している「新幹線YEAR2017」キャンペーンのオリジナルデザイン缶1種を加えた計6種を「ベストセレクション」 としてリリースされることになったのだ。
 本日掲載するのは、第4位に選ばれた「923形 ドクターイエロー」(JR東海・JR西日本)。 昨年7月発売の第2弾(コンビニ限定)に入っていた1本である。

 中身は通年品なので、味のレビューは割愛する。
 アルコール分5.5%。原材料:麦芽・ホップ。天然水100%仕込。 ダイヤモンド麦芽を加え、「華やかな香り、深いコクと旨み」が一層楽しめます。
 既に紹介した 第5位 に引き続き、2種めのドクターイエローである。背景が違うだけで、同じ車両がベスト5に2つも入っているとは、 ドクターイエローの人気ぶりがわかる。
種別 ビール
CODE:42956SEEMOS#15
2017年8月10日[1]
No.6205: アサヒ・オリオン パイナップルのビアカクテル <数量限定> / オリオン(アサヒ)
 あさひ・おりおん ぱいなっぷるのびあかくてる <すうりょうげんてい> / おりおん(あさひ)
アサヒ・オリオン パイナップルのビアカクテル アサヒ・オリオン パイナップルのビアカクテル review
 オリオンビールとアサヒビールの共同開発によって誕生した、アサヒ・オリオン「パイナップルのビアカクテル」。 発売日は8月8日。

 グラスに注いだ液色は、中程度の黄金色。泡は純白できめ細かく、力強く盛り上がって、泡持ちも上々。 見た目はほとんどビールと一緒。
 注いでいる時から、パイナップルの甘酸っぱい香りが漂っている。グラスに鼻を近づけると、 その甘酸っぱさ以外に、ビールっぽさが感じられる。それも、しっかりとしたモルトの凝縮感がベースにある。
 口当たりは、香りの印象どおり甘酸っぱく、ジューシー。それと同時に、 ビールらしい苦味がしっかりとくる。飲むまでは、パインとビールってどうなんだろう?と、はっきり言って懐疑的であったが、 両者が見事に溶け合い、美しいハーモニーを奏でている。飲み込んだ後にも、軽妙な甘酸っぱさと、 しっかりめの苦味が口に残り、不思議に後キレは悪くない。
 オリオンビール+アサヒビール共同開発。アルコール分5.5%。果汁0.1%。原材料:麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ、糖類、パイナップル果汁、大豆食物繊維、 酸味料、香料、甘味料(アセスルファムK)。 醸造元:オリオンビール(株)。販売元:アサヒビール(株)。
 食事には合わせづらいかもしれないが、スイーツにはいいかも。 土曜の昼下がりに、フルーツのたっぷり乗ったパンケーキを食べながら、これを飲みたいと思った。 無理に料理に合わせるなら、ポークソテーか鴨ロースか。
 なお、本家オリオンビールから、同社の通常販売エリアである沖縄県及び奄美群島地区向けに、 7月25日に同じ製品が発売されているが、まだ入手できていない。
種別 発泡酒
CODE:42957SEHISOHK#02
2017年8月10日[2]
No.6206: ザ・プレミアム・モルツ 新幹線デザイン缶アソートセット <ベストセレクション> 第3位 0系 / サントリー
 ざ・ぷれみあむ・もるつ しんかんせんでざいんかんあそーとせっと <べすとせれくしょん> だい3い 0けい / さんとりー
サントリー ザ・プレミアム・モルツ 新幹線デザイン缶アソートセット 0系 サントリー ザ・プレミアム・モルツ 新幹線デザイン缶アソートセット 0系 review
サントリー ザ・プレミアム・モルツ 新幹線デザイン缶アソートセット ベストセレクション
 この夏のギフト用として売り出されたザ・プレミアム・モルツ「新幹線デザイン缶アソートセット ベストセレクション」。 発売日は、7月25日。
 元々は昨年、4度にわたって発売された新幹線デザイン缶アソートセットに端を発するのだが、 第1弾から第4弾までの合計で全26種の缶があった(当サイトではそのすべてを掲載済)。
 今年はその中からファン投票で選ばれた上位5種に、 現在JR東日本で実施している「新幹線YEAR2017」キャンペーンのオリジナルデザイン缶1種を加えた計6種を「ベストセレクション」 としてリリースされることになったのだ。
 本日掲載するのは、第3位に選ばれた「0系」(JR東海・JR西日本)。 昨年7月発売の第2弾(コンビニ限定) に入っていた1本である。

 中身は通年品なので、味のレビューは割愛する。
 アルコール分5.5%。原材料:麦芽・ホップ。天然水100%仕込。 ダイヤモンド麦芽を加え、「華やかな香り、深いコクと旨み」が一層楽しめます。
 0系は、言うまでもなく、新幹線の歴史において、最初に登場した車両である。 今や海外でも通ずる SHINKANSEN という輝かしい名前は、この車両から始まったのである。
種別 ビール
CODE:42957SEEMOS#16
2017年8月11日[1]
No.6207: ビアサプライズ 至福のキレ <限定醸造> / サッポロ
 びあさぷらいず しふくのきれ / さっぽろ
サッポロ ビアサプライズ 至福のキレ サッポロ ビアサプライズ 至福のキレ review
 サッポロ・ビアサプライズは、コンビニのファミリーマート&サークルKサンクス限定のビール。 これまで 至福の苦み至福のコク と2度発売されているが、今回この「至福のキレ」が登場した。発売日は、8月1日。

 グラスに注いだ液色は、中程度の黄金色。泡は純白できめ細かく、力強く盛り上がって、泡持ちも良い。
 香りは、サッポロらしくしっかりと麦を感じさせる凝縮感があり、その上に爽快なホップ香が乗っている。
 味は非常に透明感がある。強めの酸と優しい甘みが広がるが、ベースには非常に重く力強い苦味がある。 この苦味のお陰で、スパッとしたキレが生まれている。
 アルコール分6%。原材料:麦芽・ホップ・米・コーン・スターチ。
 軽快でありながら、ビシッとした強さもある。重たすぎないので、暑い季節にも向いている。
種別 ビール
CODE:42958FMEEK#11
2017年8月11日[2]
No.6208: ザ・プレミアム・モルツ 新幹線デザイン缶アソートセット <ベストセレクション> 第2位 H5系はやぶさ / サントリー
 ざ・ぷれみあむ・もるつ しんかんせんでざいんかんあそーとせっと <べすとせれくしょん> だい2い H5けいはやぶさ / さんとりー
サントリー ザ・プレミアム・モルツ 新幹線デザイン缶アソートセット 0系 サントリー ザ・プレミアム・モルツ 新幹線デザイン缶アソートセット 0系 review
サントリー ザ・プレミアム・モルツ 新幹線デザイン缶アソートセット ベストセレクション
 この夏のギフト用として売り出されたザ・プレミアム・モルツ「新幹線デザイン缶アソートセット ベストセレクション」。 発売日は、7月25日。
 元々は昨年、4度にわたって発売された新幹線デザイン缶アソートセットに端を発するのだが、 第1弾から第4弾までの合計で全26種の缶があった(当サイトではそのすべてを掲載済)。
 今年はその中からファン投票で選ばれた上位5種に、 現在JR東日本で実施している「新幹線YEAR2017」キャンペーンのオリジナルデザイン缶1種を加えた計6種を「ベストセレクション」 としてリリースされることになったのだ。
 本日掲載するのは、第2位に選ばれた「H5系はやぶさ」(JR北海道)。 昨年7月発売の第1弾 に入っていた1本である。

 中身は通年品なので、味のレビューは割愛する。
 アルコール分5.5%。原材料:麦芽・ホップ。天然水100%仕込。 ダイヤモンド麦芽を加え、「華やかな香り、深いコクと旨み」が一層楽しめます。
 北海道新幹線ということで、背景は函館の夜景である。
種別 ビール
CODE:42958SEEMOS#17
2017年8月12日[1]
No.6209: 直搾り [日本の農園から] 大分産 日田梨 <限定出荷> / 宝酒造
 じかしぼり [にほんののうえんから] おおいたさん ひたなし <げんていしゅっか> / たからしゅぞう
タカラ 直搾り 日田梨 タカラ 直搾り 日田梨 review
 8月8日に、タカラ直搾りの期間限定2種が登場。
 そのうち、今日はまず「大分産 日田梨」を。

 グラスに注いだ液色は、ほんのりと白濁。
 香りは、直搾りらしく奥ゆかしいが、適度なフレッシュ感のあるナチュラルな和梨香。
 味は甘さが抑えられ、すっきり感がある。かなりナチュラルな梨味でありながら、甘くない。 後味もさらっとしている。
 アルコール分4%。果汁1%。原材料:果汁(梨、りんご)、焼酎、 糖類、酸味料、香料、ビタミンC。
 日本各地の果実を厳選した「直搾り」日本の農園からシリーズ。 大分産日田梨の果肉をまるごと搾ったストレート混濁果汁を使用。
 昨年 もこの時期に出ていたものであり、今年が2年目となる。 中身は変わっていないようである。
種別 チューハイ・カクテル等
CODE:42959YMOZ#04
2017年8月12日[2]
No.6210: ザ・プレミアム・モルツ 新幹線デザイン缶アソートセット <ベストセレクション> 第1位 N700A のぞみ・ひかり・こだま / サントリー
 ざ・ぷれみあむ・もるつ しんかんせんでざいんかんあそーとせっと <べすとせれくしょん> だい1い N700A のぞみ・ひかり・こだま / さんとりー
サントリー ザ・プレミアム・モルツ 新幹線デザイン缶アソートセット 0系 サントリー ザ・プレミアム・モルツ 新幹線デザイン缶アソートセット 0系 review
サントリー ザ・プレミアム・モルツ 新幹線デザイン缶アソートセット ベストセレクション
 この夏のギフト用として売り出されたザ・プレミアム・モルツ「新幹線デザイン缶アソートセット ベストセレクション」。 発売日は、7月25日。
 元々は昨年、4度にわたって発売された新幹線デザイン缶アソートセットに端を発するのだが、 第1弾から第4弾までの合計で全26種の缶があった(当サイトではそのすべてを掲載済)。
 今年はその中からファン投票で選ばれた上位5種に、 現在JR東日本で実施している「新幹線YEAR2017」キャンペーンのオリジナルデザイン缶1種を加えた計6種を「ベストセレクション」 としてリリースされることになったのだ。
 本日掲載するのは、第1位に選ばれた「N700A のぞみ・ひかり・こだま」(JR東海・JR西日本)。 昨年7月発売の第1弾 に入っていた1本である。

 中身は通年品なので、味のレビューは割愛する。
 アルコール分5.5%。原材料:麦芽・ホップ。天然水100%仕込。 ダイヤモンド麦芽を加え、「華やかな香り、深いコクと旨み」が一層楽しめます。
 N700Aは、現在東海道・山陽新幹線で走っている最新の車両である。
種別 ビール
CODE:42959SEEMOS#18
2017年8月13日[1]
No.6211: 直搾り [日本の農園から] 小笠原パッションフルーツ <限定出荷> / 宝酒造
 じかしぼり [にほんののうえんから] おがさわらぱっしょんふるーつ <げんていしゅっか> / たからしゅぞう
タカラ 直搾り 小笠原パッションフルーツ タカラ 直搾り 小笠原パッションフルーツ review
 8月8日に、タカラ直搾りの期間限定2種が登場。
 そのうち、昨日 大分産 日田梨 を飲んだので、今日はもう一方の「小笠原パッションフルーツ」を。

 グラスに注いだ液色は、淡く濁りのあるゴールド。細かい繊維質のようなものが液中にたくさん浮遊している。
 香りは、非常に酸の強そうな、キリッとした感じのパッションフルーツ香。
 味は香りの印象どおり、口に入れた瞬間、鋭い酸が感じられる。 その酸の刺激を和らげるためか、甘みもかなりしっかりつけられている。 混じりけがないかと思いきや、パッションフルーツだけでなく、レモンも使われている。 この鋭さは、レモンにも由来するものだろうか。
 アルコール分4%。果汁1%。 原材料:果汁(パッションフルーツ、レモン)、焼酎、糖類、酸味料、香料、 カロチン色素、アントシアニン色素。
 日本各地の果実を厳選した「直搾り」日本の農園からシリーズ。 東京都小笠原産パッションフルーツの果肉をまるごと搾った ストレート混濁果汁を使用。
 当サイトで把握している限り、一昨年 からこの製品は始まり、 昨年 も出ており、今年が3年目になる。 中身はずっと変わっていないようである。
種別 チューハイ・カクテル等
CODE:42960YMOZ#05
2017年8月13日[2]
No.6212: ザ・プレミアム・モルツ 新幹線デザイン缶アソートセット <ベストセレクション> JR東日本「新幹線 YEAR 2017」キャンペーンデザイン / サントリー
 ざ・ぷれみあむ・もるつ しんかんせんでざいんかんあそーとせっと <べすとせれくしょん> JRひがしにほん「しんかんせんいやー2017」きゃんぺーんでざいん / さんとりー
サントリー ザ・プレミアム・モルツ 新幹線デザイン缶アソートセット 0系 サントリー ザ・プレミアム・モルツ 新幹線デザイン缶アソートセット 0系 review
サントリー ザ・プレミアム・モルツ 新幹線デザイン缶アソートセット ベストセレクション
 この夏のギフト用として売り出されたザ・プレミアム・モルツ「新幹線デザイン缶アソートセット ベストセレクション」。 発売日は、7月25日。
 元々は昨年、4度にわたって発売された新幹線デザイン缶アソートセットに端を発するのだが、 第1弾から第4弾までの合計で全26種の缶があった(当サイトではそのすべてを掲載済)。
 今年はその中からファン投票で選ばれた上位5種に、 現在JR東日本で実施している「新幹線YEAR2017」キャンペーンのオリジナルデザイン缶1種を加えた計6種を「ベストセレクション」 としてリリースされることになったのだ。
 本日掲載するのは、JR東日本「新幹線YEAR2017」キャンペーンのオリジナルデザイン缶。 東日本路線で活躍する5車種がフィーチャーされている。

 中味は通年品なので、味のレビューは割愛する。
 アルコール分5.5%。原材料:麦芽・ホップ。天然水100%仕込。 ダイヤモンド麦芽を加え、「華やかな香り、深いコクと旨み」が一層楽しめます。
 缶に描かれているのは、E3系つばさ(山形新幹線)、E6系こまち(秋田新幹線)、E4系Maxとき(上越新幹線)、 E7系かがやき(北陸新幹線)、E5系はやぶさ(東北新幹線)の5種である。
 6日にわたって紹介してきた新幹線デザイン缶アソートセット<ベストセレクション>も、 これで全種の掲載が終了した。
種別 ビール
CODE:42960SEEMOS#19
2017年8月14日[1]
No.6213: ゼロ仕立て 果実なキレ 夏みかん <期間限定> / 宝酒造
 ぜろじたて かじつなきれ なつみかん <きかんげんてい> / たからしゅぞう
タカラ ゼロ仕立て 果実なキレ 夏みかん タカラ ゼロ仕立て 果実なキレ 夏みかん review
 やっとみつけた。
 7月11日に発売されたタカラ・ゼロ仕立て 果実なキレの期間限定「夏みかん」。
 もちろん発売当初から探していたが、まったくみつからず。もう1か月も経つし、 無理かなと思っていたところ、近所のスーパーで最近立ち寄っていない店があることに気づいた。
 我が家の近所には、普通に徒歩か自転車で回れるくらいの範囲内にスーパーが10店以上はあり、 コンビニはもっとある。そんな恵まれすぎた都会の環境がアダとなり、 その全部を毎週回ることなどは到底できない。
 そのうちの1店に久々行ってみたところ、ラスト2本となっていたこの商品に巡り会った。 ホッと胸をなで下ろした。

 グラスに注いだ液色は、淡く濁りのあるイエロー。注いだ当初は気泡が踊っているが、すぐに収まる。
 香りは穏やかながら、苦味の強そうな鋭い柑橘香と、深いアルコール感がある。
 味は香りの印象どおり非常にシャープ。 弾けるような酸味と、柑橘の皮を想起させる強い苦味が、強いアルコール感に溶けている。 夏みかんのフレッシュな部分だけ切り取った感じで、甘さは弱いが、 酸も角が取れているので、飲みやすい。
 アルコール分7%。果汁4%。香料0、プリン体0、糖質0、甘味料0、着色料0。 原材料:夏みかんスピリッツ、レモン、夏みかん、温州みかん、グレープフルーツ。
 "きゅっと搾った"果実感が楽しめる、糖質ゼロで甘くない、キレのある味わいです。
 夏みかんのほか、レモン、温州みかん、グレープフルーツも使われている。それで深みが出ているのだとは思うが、 甘ったるさがないから非常にシンプルな味わい。そこがタカラ製品の魅力である。
種別 チューハイ・カクテル等
CODE:42961MVES#34
2017年8月14日[2]
No.6214: みなさまのお墨付き チューハイドライ ストロング / 西友(製造者:三幸食品工業)
 みなさまのおすみつき ちゅーはいどらい すとろんぐ / せいゆう
西友 みなさまのお墨付き チューハイドライ ストロング 西友 みなさまのお墨付き チューハイドライ ストロング review
 かなり前に、当サイトの特命リサーチャーである ブログ 回転寿司は永遠に不滅です 主宰・お寿司MAX副会長氏 から戴いていた、スーパー西友P.B.「みなさまのお墨付き」チューハイシリーズ。
 これまで、レモングレープフルーツウメ贅沢果汁50% りんごチューハイ贅沢果汁50% パイナップルチューハイ贅沢果汁50% グレープフルーツチューハイ愛媛産はっさくチューハイ贅沢果汁50% ぶどうチューハイレモンストロンググレープフルーツストロング と飲み進めてきたのだが、 今日は11種めとしてストロングの「ドライ」を飲みたい。

 グラスに注いだ液色は、無色透明。気泡は少なく、炭酸は弱そう。
 香りは、ほのかにレモンあるいはライムみたいなキリッとした柑橘香があるが、 ジューシー感よりは化粧品っぽい雰囲気が強い。
 味は極めてシャープ。甘さは抑えられ、酸味が前面に。スキッとした口当たりながら、 アルコール感がしっかりとあるから、飲みごたえはある。 後キレが極めて良く、飲み込んだ後、口に甘さが残らない。
 アルコール分9%。果汁5%。糖類ゼロ・プリン体ゼロ。 原材料名:ウォッカ、果汁(グレープフルーツ、レモン、ライム)、食塩。添加物:炭酸、香料、酸味料。
 製造者:三幸食品工業株式会社、広島県東広島市安芸津町三津4215-3。販売者:合同会社西友、東京都北区赤羽2-1-1。
 酒飲みの絶大なる支持を得ているであろう、安くて酔える、しかし甘くないストロングチューハイ。 貴重な存在だ。
種別 チューハイ・カクテル等
CODE:42961PRST#UK
2017年8月15日[1]
No.6215: 秋味 / キリン
 あきあじ / きりん
キリン 秋味 キリン 秋味 review
 今年で発売27年めとなる秋の定番ビール、キリン「秋味」。 缶にも since1991 の表記がある。今年の発売日は、明日8月16日。

 グラスに注いだ液色は、中程度の黄金色。あれっ?例年はもっと濃くなかったかな?
 泡は純白できめ細かく、当初はよく盛り上がるが、泡持ちはほどほど。
 香りは、甘く凝縮感のあるモルト香がビシッと強い。かなり穀物っぽく、重たい印象である。
 味は香りの印象どおり苦味が強く、渋味も強い。 落ち着き払っており、エキス分の凝縮感というか、圧倒的な分厚さを感じる。 後味は引き締まっているが、ふわっとした甘さも残る。
 アルコール分6%。原材料:麦芽・ホップ・米・コーン・スターチ。
 「秋だけの限定ビール」 麦芽たっぷり1.3本分
 この時期の定番として、毎年楽しみに待っているファンも多いと思われる。 大きく中身を変えることなく継続しており、安心して購入できる。
種別 ビール
CODE:42962DAEE#-01
2017年8月15日[2]
No.6214: みなさまのお墨付き チューハイライム ストロング / 西友(製造者:三幸食品工業)
 みなさまのおすみつき ちゅーはいらいむ すとろんぐ / せいゆう
西友 みなさまのお墨付き チューハイライム ストロング 西友 みなさまのお墨付き チューハイライム ストロング review
 かなり前に、当サイトの特命リサーチャーである ブログ 回転寿司は永遠に不滅です 主宰・お寿司MAX副会長氏 から戴いていた、スーパー西友P.B.「みなさまのお墨付き」チューハイシリーズ。
 これまで、レモングレープフルーツウメ贅沢果汁50% りんごチューハイ贅沢果汁50% パイナップルチューハイ贅沢果汁50% グレープフルーツチューハイ愛媛産はっさくチューハイ贅沢果汁50% ぶどうチューハイレモンストロンググレープフルーツストロングドライストロング と飲み進めてきたのだが、 今日は12種めとして「ライムストロング」を飲みたい。

 グラスに注いだ液色は、淡い黄金色。気泡は少なく、炭酸は弱そう。
 香りは、しっかりグリーンなライム香が強いが、同時に、アルコール臭がかなりする。
 味は香りの印象どおりライムの味わいが強いのだが、甘みもかなり強くつけられている。 アルコール感がこれでもかというくらいにしっかりと感じられる。 あとキレは良くなく、だらっと甘い。
 アルコール分8%。果汁2%。糖類不使用。 原材料名:ライム果汁、醸造アルコール、食塩、酸味料、香料、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、カラメル色素。  製造者:三幸食品工業株式会社、広島県東広島市安芸津町三津4215-3。販売者:合同会社西友、東京都北区赤羽2-1-1。
 ライムなのになぜ液色がゴールド?と思ったのだが、カラメル色素が用いられているからだろう。 それでもなぜ色をワザとつけたのかは、わからない。
種別 チューハイ・カクテル等
CODE:42962PRST#UK
2017年8月16日[1]
No.6217: 京の贅沢 <秋限定> / サントリー
 きょうのぜいたく <あきげんてい> / さんとりー
サントリー 京の贅沢 サントリー 京の贅沢 review
サントリー 京の贅沢
 8月15日が発売日となっている、サントリーの秋限定新ジャンル「京の贅沢」。
 その名の通り、同社京都ブルワリーで製造しているもので、非常に高級感のあるゴールドの缶に、 紅葉したカエデの葉がちりばめられた秋らしいパッケージとなっている。

 グラスに注いだ液色は、しっかり深い黄金色。焙煎麦芽を使っていない新ジャンルとしては、かなり濃い。 泡はやや粗いが、当初はよく盛り上がって、泡持ちも悪くない。
 香りは、甘く深いモルト香がビシッと力強く感じられ、かなりビールに近い。軽やかなホップ香も乗っている。 新ジャンル特有の臭みなどはほとんど感じない。
 味にもかなりボリューム感がある。ふわっと焼酎のような甘みがあるのはご愛敬だが、 苦味、渋味もともに強く、しっかりした飲みごたえがある。
 アルコール分6%。原材料:発泡酒(麦芽、ホップ、糖類)、スピリッツ(小麦)。
 サントリー天然水のビール工場<京都ブルワリー>にて天然水で仕込んだ、 秋に相応しい贅沢なコクと華やかな香りの商品です。
 新ジャンルのクオリティもここまで向上したのに、これから行われる税制改正で、いずれ消滅あるいは大幅縮小の憂き目に遭うのかと思うと、 これまでの努力が無になるメーカーさんが気の毒でならない。 一方、現場で実際にビールをつくっている方たちのことを思うと、今後はまがい物の開発合戦に血道を上げる世界から解放され、 正統派のビール開発に専念できるかもしれない(そうはならないかもしれないが)ので、それはそれで僥倖と言えるかもしれない。
種別 新ジャンル
CODE:42963DAEE#01
2017年8月16日[2]
No.6218: −196℃ 山形県 ラ・フランスのお酒 <限定生産> / サントリー
 まいなす196ど やまがたけん ら・ふらんすのおさけ <げんていせいさん> / さんとりー
サントリー -196℃ 山形県ラ・フランスのお酒 サントリー -196℃ 山形県ラ・フランスのお酒 review
 毎年この時期に出ているサントリー「-196℃ 山形県 ラ・フランスのお酒」。 コンビニのファミリーマート・サークルKサンクス限定商品で、 今年の発売日は8月8日であった。

 グラスに注いだ液色は、無色透明。気泡は少なく、炭酸は弱そう。
 香りは、キリッとして、ふんわり甘い洋梨香。混じりけがなくピュアな印象だ。
 味も香りの印象どおり、シンプルでスッキリしている。 甘みが非常に強いのだが、苦味と適度な酸もあり、不思議とくどさを感じさせない。 ただ、飲み込んだ後に、ややだらっとした感じの甘さが口に残ってしまう。
 アルコール分5%。ラ・フランス浸漬酒使用。 原材料名:ラ・フランス、スピリッツ、糖類、酸味料、香料、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)。
 山形県で育てられた「ラ・フランス」をまるごと使用。 華やかな香りとみずみずしい味わいがお楽しみいただけます。
 アルコール度数が5%で、しっかり甘みがあるという、クラシカルな味わいの缶チューハイ。 中身を大きく変えずに毎年出すというのは、根強い支持があるということなのだろう。
種別 チューハイ・カクテル等
CODE:42963FMEEK#08
2017年8月17日[1]
No.6219: クリアアサヒ 秋の膳 <限定醸造> / アサヒ
 くりああさひ あきのぜん <げんていじょうぞう> / あさひ
クリアアサヒ 秋の膳 クリアアサヒ 秋の膳 review
 クリアアサヒから秋限定の派生商品「秋の膳」が登場。発売日は、8月17日。

 グラスに注いだ液色は、ごく淡いアンバー(琥珀)。 泡はほぼ白だがかすかにベージュ色っぽく、当初はよく盛り上がるが、泡持ちはほどほど。
 香りは、ロースト麦芽の香ばしさと力強さと、ホップ香の清々しさが良いバランス。 新ジャンル特有の臭みはうまくマスクされている。
 味は、香りに感じたロースティな香味主体。苦味が強めだが重たくはない。 コクが足りない分、飲み込んだ後に、新ジャンルらしいふんわりとした甘さが残る。
 アルコール分6%。原材料:発泡酒(麦芽、ホップ、大麦、コーン、スターチ)、スピリッツ(大麦)。
 缶に、「旬が引立つ、贅沢な香りと味わい」とあり、「特別焙煎麦芽一部使用」ともある。 特別焙煎麦芽とは、「この商品のために開発した新製法を用いて焙煎した麦芽です」とのこと。
 また、ニュースリリースでは、商品特性を次のように説明。
 『クリアアサヒ 秋の膳』は、低温で長時間かけてじっくり焙煎した特別焙煎麦芽を一部使用し、 重厚な香りと苦みが特長のドイツ産アロマホップを使用しました。 「クリアアサヒ」ブランドならではの爽快な味わいはそのままに、芳醇な麦の薫りと深いコク、 しっかりとした後味が特長で、秋が旬のさんまやきのこなどの食材との相性が良い秋限定の新ジャンルです。
 上記説明のように、焙煎麦芽の焦げ感と、さんまの塩焼きなどの「焼き物」との相性は良い。 新ジャンルの欠点であるふわっと甘い後味も、秋の滋味深い食材とうまくシンクロさせれば、 これはこれで悪くないなと感じられるかもしれない。
種別 新ジャンル
CODE:42964DAEE#00
2017年8月17日[2]
No.6220: −196℃ 秋梨 <限定出荷> / サントリー
 まいなす196ど あきなし <げんていしゅっか> / さんとりー
サントリー -196℃ 秋梨 サントリー -196℃ 秋梨 review
 毎年この時期に出ている -196℃の秋限定品。
 秋梨 と 秋りんご の2種があり、今年の発売日は8月15日。 今日は2種のうち「秋梨」を飲みたい。

 グラスに注いだ液色は、ほぼ無色透明。気泡は少なく、炭酸は弱そう。
 香りは、非常に自然な感じの和梨香で、甘みがしっかりとありそう。
 味はまさに梨果汁といった感じで、うまくつくられている。 香りの印象ほど甘ったるくはなく、軽い苦味も伴う。
 アルコール分4%。梨浸漬酒使用。栃木産幸水使用。 原材料名:梨、スピリッツ、ウイスキー、ブランデー、糖類、酸味料、香料、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)。
 栃木県横山果樹園で育てられた幸水を使用。秋の訪れを感じさせる、みずみずしく爽やかなおいしさです。
 昨年の製品 と中身は同じもののようである。
種別 チューハイ・カクテル等
CODE:42964DAKO#02

 HOME  ビール・発泡酒・チューハイの部屋メニューへ戻る  前へ  次へ