ビール・発泡酒・チューハイの部屋

No.8621−8640


 HOME  ビール・発泡酒・チューハイの部屋メニューへ戻る  前へ  次へ

2021年4月8日[1]
No.8621: 富士山 / アサヒ
 ふじさん / あさひ
アサヒ 富士山 アサヒ 富士山 review
アサヒ 富士山
 2年ほど前からイオングループ限定で散発的に発売されているアサヒ「富士山」。 今回の発売日は、4月6日だったようである。
 前回発売 が昨年(2020年)7月21日だったので、 およそ8か月ちょっとで再登場となった。

 グラスに注いだ液色は、淡い黄金色。泡は純白で非常にきめ細かく、力強く盛り上がって、泡持ちも良い。
 香りはホップの清澄で甘い香りとともに、かなり土臭い穀物っぽい香りも感じる。
 クリーンな口当たりで、クリアな味わいが広がる。ほんのりとした甘みとふくよかさ。 マイルドな苦味。適度なボリューム感と後キレの良さが両立。 前知識なく飲んだら、これがエールとはわかりにくいだろう。
 国産原料100%使用。アルコール分5.5%。原材料名:麦芽(大麦(国産))、ホップ、米。
 華やかな香りと澄みきった味わいの日本のプレミアムエール。
 パッケージデザインは、「東海道五拾三次之内 由井 薩埵嶺」(歌川広重)。 これが選ばれた理由は、昨年採用した「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」(葛飾北斎)が好評だったからとのことである。
 わざわざ「日本の」と謳っているのは、原材料に米を用いているからと思われる。 華やかなだけでなく、繊細さも持ち合わせているのが特徴。
種別 チューハイ・カクテル等
CODE:44294DAEE#02
2021年4月8日[2]
No.8622: サッポロ黒ラベル デアリングタクト デザイン缶 / サッポロ
 さっぽろくろらべる でありんぐたくと でざいんかん / さっぽろ
サッポロ黒ラベル デアリングタクト デザイン缶 サッポロ黒ラベル デアリングタクト デザイン缶 review
サッポロ黒ラベル デアリングタクト デザイン缶
 サッポロ黒ラベル「デアリングタクト」デザイン缶。
 黒ラベルに限らずサッポロ社の缶製品には、デザイン缶が多い。毎回売上が伸びるという成功体験に基づくものであろうか。
 デザイン缶の中にも、多くの人が一目でわかるものもあれば、一部の人たちにしかわからないものもある。 今回のこの缶は、さしずめ後者であろう。
 缶には、最上部に「史上初!無敗三冠牝馬」の文字があり、馬のイラストとともに DARING TACT(デアリングタクト) の名前がある。さらに、三冠を遂げたであろう3つの賞「第80回桜花賞 2020.4.12」「第81回優駿牝馬 2020.5.24」 「第25回秋華賞 2020.10.18」が誇らしげに掲げられている。
 まあ、これらを見れば、ギャンブルをまったくやらない私とはいえ、競馬であることはわかる。
 サッポロ社の発売情報などを検索してみても、これがいつどのチャネルで発売されたのか、まったくわからない。 ただ、今回私が入手したのはファミリーマートであり、やはり同じようにファミマで見つけたというブログやツイッターなどが複数ある。 実際、今のところ、他のコンビニやスーパー等では見当たらない。

 なお、中身は通常の黒ラベルなので、味のレビューは割愛する。
 アルコール分5%。原材料名:麦芽(外国製造又は国内製造(5%未満))、ホップ、米、コーン、スターチ。
 このデアリングタクトだけでなく、もう1種、コントレイルという競走馬のデザイン缶も出ているようなのだが、 私は遭遇していない。
種別 ビール
CODE:44294FMMTS#UK
2021年4月9日[1]
No.8623: 樽ハイ倶楽部 梅干しサワー <期間限定> / アサヒ
 たるはいくらぶ うめぼしさわー <きかんげんてい> / あさひ
アサヒ 樽ハイ倶楽部 梅干しサワー アサヒ 樽ハイ倶楽部 梅干しサワー review
 アサヒ 樽ハイ倶楽部 の期間限定「梅干しサワー」。 発売日は、4月6日。

 グラスに注いだ液色は、無色透明。注いでいる時、炭酸がジュワジュワと音を立てて踊っているが、 程なくして静まる。
 香りは、非常に尖りのある、とても酸っぱそうな梅干し香。 梅の香りではない。梅酒の香りでもない。梅干しの香りだ。
 口当たりは香りの印象どおりシャープで酸っぱい。但し、梅干しを頬張った時のような顔をしかめる酸っぱさではない。 コクのない、酸っぱさの外側だけといった味だから、飲みにくい酸っぱさではない。 軽やかで透明。強いアルコール感を実感した後、梅干しのエキス分を感じるような味。 さっぱりしているから、もう一口を誘う。
 アルコール分8%。無果汁。 原材料名:ウオッカ(国内製造)、ウメエキス(南高梅)、酵母エキス、糖類/炭酸、酸味料、香料。
 期間限定品ということだが、売れ行きが良ければぜひ定番化して欲しい製品だ。
 大衆居酒屋では、昔から焼酎のお湯割りに梅干しを落として飲むのが、特に中高年に人気の飲み方である。 お湯割りは香り立ちが良いので、ツンと香る梅干しは相性が良いのだが、反面、すぐに酔いが回るので、たくさんは飲めない。 しかし、サワーなら回りが遅く爽やかなので、どんどん飲める。そういった魅力が、この製品にはある。
種別 チューハイ・カクテル等
CODE:44295DAEE#03
2021年4月9日[2]
No.8624: 本丸時間 月のかけら / 合同酒精
 ほんまるじかん つきのかけら / ごうどうしゅせい
GODO 本丸時間 月のかけら GODO 本丸時間 月のかけら review
 今年(2021年)1月21日にファミリーマート限定で発売され、 瞬く間に売り切れてしまった商品。
 ブラウザゲーム・刀剣乱舞 on line と ファミリーマートのコラボによる「本丸時間」だが、 2種出たうち私は1種(鶴のほまれ)しか入手できず、もう1つは完全に諦めていた。 その旨を記したところ、 当サイトのご協力者 森康哲さん が確保されていた この「月のかけら」を贈ってくださった。ありがたく味わいたい。

 グラスに注いだ液色は、透明感のある美しいマリンブルー。 カクテルやかき氷の ブルーハワイ みたいな色。
 香りは、深みのない軽いレモン香がアルコール臭に溶けている。 GODO社のレモンサワーらしいとも言える。
 口当たりはすっきりとしている。まず甘さがなく、味わいにあまりコクも感じない。 酸味がキュンと効いていて、とても軽やか。 もっとアルコールが強いのかと思っていたら、まったくそんなことはない。 キリッとして、キレも良い。
 アルコール分3%。果汁2%。 原材料名:レモン果汁、ウォッカ(国内製造)、果糖ぶどう糖液糖/炭酸ガス、酸味料、香料、着色料(青色1号)。
 この「月のかけら」は、ゲームに登場する三日月宗近をイメージした商品とのこと。
 あっという間に売り切ってしまった商品だから、もうどこにも残っていないだろう。 だからこの記事も、誰の役にも立たないことだろう。ただ私のコレクターとしての欲求を満たしただけという。
 こういった商品を買った人たちは、空き缶を大事に保管しているんだろうか。 缶のデザインだけで爆売れするのなら、GODOさんはこういった商売をもっとしたらいい。
種別 チューハイ・カクテル等
CODE:44295PRST#87
2021年4月10日[1]
No.8625: −196℃ ストロングゼロ ガツーンとサイダーサワー / サントリー
 まいなす196ど すとろんぐぜろ がつーんとさいだーさわー / さんとりー
サントリー -196℃ ストロングゼロ ガツーンとサイダーサワー サントリー -196℃ ストロングゼロ ガツーンとサイダーサワー review
 サントリー −196℃ ストロングゼロ「ガツーンとサイダーサワー」が新しくなっている。 4月上旬からのリニューアルとのことだから、切り替わったばかりである。

 グラスに注いだ色は、無色透明。注いでいる時、炭酸がジュワジュワと音を立て、 その後も大粒の気泡が踊っているが、程なくして静まる。
 香りは甘く、まさにサイダーだが、ベースにはしっかりアルコール臭もある。
 口当たりはまず炭酸のビリビリした刺激が口中全体で感じられ、同時にサイダーらしいしっかりした甘みが感じられる。 さらに、甘みと共にかなりのアルコール臭さ。 この強烈さは、これからの季節にぴったりである。
 アルコール分9%。レモン浸漬酒使用。プリン体ゼロ。糖類ゼロ。 原材料名:レモン、ウオツカ(国内製造)、スピリッツ/炭酸、酸味料、香料、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)。

サントリー -196℃ ストロングゼロ ガツーンとサイダーサワー サントリー -196℃ ストロングゼロ ガツーンとサイダーサワー
 ところで先日、缶を落として破裂させてしまったトラブルを報告したが、 今回もまた冷蔵庫に入れる際に手を滑らせ、缶を落としてしまった。 しかも、前回は冷蔵庫内で落としただけだったが、今回は床に落ちて転がった。
 結果、缶の端がつぶれてしまったが、破裂することはなかった。
 この製品も強炭酸が売りなのに、缶は無事だった。厚みが違うのだろうか。 先日の缶がなぜ破裂したのか、謎は深まるばかり。
種別 チューハイ・カクテル等
CODE:44296LSEK#RN04U
2021年4月10日[2]
No.8626: サザンスター 超スッキリの青 / オリオン
 さざんすたー ちょうすっきりのあお / おりおん
オリオン サザンスター 超スッキリの青 オリオン サザンスター 超スッキリの青 review
 オリオンの新ジャンルブランド「サザンスター」が新しくなった。 今年2月製造分からのリニューアルなのだが、昨年6月 に変わったばかりなので、 約8か月での再リニューアルである。
 通年2種のうち、まず「超スッキリの青」を飲みたい。

 グラスに注いだ液色は、淡い黄金色。泡は白色できめ細かく、泡持ちも悪くない。
 香りは、すっきりと透明。新ジャンル特有の臭みなどはほぼ感じられず、 軽快なホップ香と、その背後にしっかり麦芽の力強さを感じる。
 口に含むと、まずピリッとした刺激とともに、クリアな口当たり。 苦味がしっかりとし、甘みはほぼない。香りの印象どおり透明感のある味わいで、 商品名のとおり、超スッキリ。キレも良い。
 アルコール分5%。原材料名:発泡酒(国内製造)(麦芽、ホップ、大麦、米、コーン、スターチ、糖類)、 スピリッツ(大麦)。
 サザンスターブランドには元々バリエーションはなく、この青が元祖サザンスターであった。
 今回のリニューアルでは、沖縄県産米を使用することで「沖縄クラフト」に進化したとされる。 私が感じた従来品との違いは、液色はやや薄くなったが泡持ちが向上し、 香り、口当たり、喉ごしのすべてに磨きがかかり、よりすっきりした印象。 以前にも増して、優秀な新ジャンルとなった。
種別 新ジャンル
CODE:44296WALIUM#RN02
2021年4月11日[1]
No.8627: 樽ハイ倶楽部 プレーンサワー / アサヒ
 たるはいくらぶ ぷれーんさわー / あさひ
アサヒ 樽ハイ倶楽部 プレーンサワー アサヒ 樽ハイ倶楽部 プレーンサワー review
アサヒ 樽ハイ倶楽部 プレーンサワー
 先日、アサヒ 樽ハイ倶楽部 の期間限定 梅干しサワー を掲載したが、 実は通年品も同日(4月6日)から新しくなっている。
 通年2種のうち、今日は「プレーンサワー」を飲みたい。

 グラスに注いだ液色は、無色透明。注いでいる時、炭酸がジュワジュワと音を立てて踊っているが、 程なくして静まる。
 香りは、レモンライムのような爽やかな柑橘香。シンプルだが少し甘そうで、アルコール臭はとても強い。
 味は香りの印象どおり少し甘いが、炭酸の刺激がビリッとくる。 柑橘系の味わいですっきりしているが、飲み込んだ後にはほんのりと甘味が残る。豊かなアルコール感。
 アルコール分8%。無果汁。原材料名:ウオッカ(国内製造)、糖類/炭酸、酸味料、香料。
 缶裏に「お家でアレンジしてみよう!」として、 レモンを足してレモンサワー、乳性飲料を足して乳性サワー、梅干しを足して梅干しサワーという例が書かれている。 だが、単に強いお酒感を楽しみたい人は、このまま飲むのがいいだろう。
 リニューアル前は「大人のサワー」という名前だったが、わかりにくかったからか、 今回「プレーンサワー」に名前が変わった。
種別 チューハイ・カクテル等
CODE:44297DAEE#05
2021年4月11日[2]
No.8628: サザンスター 刺激の黒 / オリオン
 さざんすたー しげきのくろ / おりおん
オリオン サザンスター 刺激の黒 オリオン サザンスター 刺激の黒 review
 オリオンの新ジャンルブランド「サザンスター」が新しくなった。2月製造分からのリニューアルである。
 通年2種のうち、昨日既に 超スッキリの青 を掲載済。 こちら「刺激の黒」は、昨年6月30日に誕生したものだが、約7か月ほどで新しくなったことになる。

 グラスに注いだ液色は、淡い黄金色。泡は純白できめ細かく、泡持ちも良い。
 香りはキリッと金属的。新ジャンル特有の臭みや甘さなどはなく、ひたすら透明である。 ホップはあまり強くは香らず、モルトのニュアンスが強い。
 口当たりは苦味が強く、非常にシャープ。 すっきり透明な味わいだが、飲み込んだ後には、かすかに甘さが残る。
 アルコール分4%。原材料名:発泡酒(国内製造)(麦芽、ホップ、大麦、米、コーン、スターチ、糖類)、 スピリッツ(大麦)。
 超スッキリの青 と同様、こちらも沖縄県産米使用となり「沖縄クラフト」を名乗っている。 しかし、味わいに大きな変化は感じなかった。
種別 新ジャンル
CODE:44297WALIUM#RN02
2021年4月12日[1]  
No.8629: −196℃ ストロングゼロ ガツーンとレモネードサワー / サントリー
 まいなす196ど すとろんぐぜろ がつーんとれもねーどさわー / さんとりー
サントリー -196℃ ストロングゼロ ガツーンとレモネードサワー サントリー -196℃ ストロングゼロ ガツーンとレモネードサワー review
 サントリー ストロングゼロの「ガツーンとレモネードサワー」。 4月6日にローソン限定で売り出されたようである。

 グラスに注いだ液色は、透過性のある濃いめのピンク色。注いでいる時、淡いピンク色の泡が盛り上がり、 その後は多量の気泡がグラスの中で踊っている。ピンクレモネードサワーだが、本当にここまでピンク色とは驚かされる。
 香りは、尖りのあるフレッシュなレモン香で、かなりしっかり深みを感じる。
 味は香りの印象どおり酸味が強いものの、それ以上に甘味が強い。 甘味料の甘さにアルコールのボリューム感が呼応して、くどいくらいの飲みごたえがある。 すぐに酔いが回りそうな強さ。 飲み込んだ後には、甘味料特有のだらっとした甘さが口中全体に残る。
 アルコール分9%。レモン浸漬酒使用。 原材料名:レモン、ウオッカ(国内製造)/酸味料、炭酸、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、赤色40号。
 いわば酸っぱくて、甘くて、強烈なアルコール。すべての要素が強い。 缶に9%と書いてあるから、お酒に弱いと自覚のある人は手に取らないと思うが、 若者向けのような派手なパッケージに似つかわしくない硬派な中身だから、気をつけた方がいい。
 ところで、昨年は ガツーンとピンクサワー という名前で出ていたようなのだが、 なんと当サイトではフォローできていなかった。今さら仕方がないが、情報収集を怠らないよう、 改めて自覚した次第である。
種別 チューハイ・カクテル等
CODE:44298LSEE#06
2021年4月12日[2]  
No.8630: 贅沢搾り ぶどう / アサヒ
 ぜいたくしぼり ぶどう / さんとりー
アサヒ 贅沢搾り ぶどう アサヒ 贅沢搾り ぶどう review
 アサヒ 贅沢搾り シリーズが新しくなっている。発売日は、3月9日。
 通年5種のうち、 これまで レモングレープフルーツキウイ の4種を掲載済。残る1種がこの「ぶどう」である。

 グラスに注いだ液色は、やや透過性のある深い赤紫色。気泡は少なく、炭酸は強くなさそう。
 香りは、ころっと甘いぶどう香。さらに酸味も渋味も強そうである。
 味はそれほど甘ったるいわけではなく、酸味が効いている。もちろんぶどうらしい渋味も強いので、比較的引き締まっている。 果汁が多いだけあって、ナチュラルである。
 アルコール分4%。果汁37%。 原材料名:ウオッカ、ぶどう果汁(アメリカ製造、アルゼンチン製造)、糖類/炭酸、酸味料、香料。
 果実1/2房分と書かれているが、品種はわからない。これだけ果汁が入っているのに、 味わいバランスの整え方が良く、あまりくどさはない。
種別 チューハイ・カクテル等
CODE:44298DAEE#34

 HOME  ビール・発泡酒・チューハイの部屋メニューへ戻る  前へ  次へ