日本酒の小部屋

No.181−200


 HOME  ビール・発泡酒・チューハイの部屋へ  日本酒の小部屋メニューへ戻る  前へ  次へ

2015年9月2日
No.181: 生原酒 大吟醸 / 日本盛
 なまげんしゅ だいぎんじょう / にほんさかり
日本盛 生原酒 大吟醸 review
 200mlの小さなボトル缶に入った、日本盛の生原酒シリーズ。 その「大吟醸」を飲む。

 外観は透明で曇りなし。
 香りは大吟醸らしく、キュウリのような青臭い吟醸香が強いが、 かなりふくよかで甘いニュアンスを湛えている。
 味はざらつくようなフレッシュな甘さがあって、生原酒らしいが、 同時に青臭い味わいが広がる。そのアンバランスさが不思議。
 アルコール分:18度以上19度未満。原材料名:米(国産)、米こうじ(国産米)、醸造アルコール。 精米歩合50%。
 「火入れ(加熱処理)」を一切行わず、品質保持性の高いアルミ缶に詰めた、華やかな吟醸香が特徴の 大吟醸生原酒です。生原酒ならではの鮮度感あふれる美味しさを、手軽にお楽しみください。
 これでもかという吟醸香は、ややわざとらしい感もあるが、非常にキャラクターが明確で、 分かりやすい酒だ。
製造者:日本盛(株)
2016年1月2日
No.182: 松竹梅 御神酒 <純金箔入>
 しょうちくばい おみき <じゅんきんぱくいり>
松竹梅 御神酒 review
 お正月には金箔入りの日本酒を飲むことも多いのだが、 どうせ儀礼的なことでもあるし、手軽に買えるものでいいだろう、ということで、 スーパーで180ml入り243円のを買ってきた。
 その名も、松竹梅「御神酒」。

 外観は無色透明で、曇りなし。
 ふくよかな米の香りがするが、いかにも甘そう。
 味はその印象どおり、ふっくらと甘い。決して濃醇タイプでもないのだが。
 飲みやすいといえば飲みやすいが、それ以外に特長はない。
 アルコール分:15度。原材料名:米(国産)、米麹(国産米)、醸造アルコール、金箔。
 お正月料理の中では、他の酒には絶対に合わせづらい"数の子"にぴったりだったので、 それだけで良しとする。
製造者:宝酒造(株)
2016年1月19日
No.183: 雪の松島 本醸造 / 大和蔵酒造
 ゆきのまつしま ほんじょうぞう / たいわぐらしゅぞう
雪の松島 本醸造 review
 買ってから1年くらい置いてあったが、ようやく今日飲むことに。というか、存在を忘れていたのだ。 常温に置いてあったので、劣化していないことを期待する。

 外観はほんのり琥珀色。
 穏やかな麹香が広がり、やや男性的ながら、わずかに キュウリかゴーヤみたいな吟醸香も感じる。
 味は淡麗ながら適度なふくよかさもある。 バランス良く、なめらかな口当たり。
 アルコール分:14度以上15度未満。原材料名:米・米こうじ・醸造アルコール。精米歩合65%。
 まったく劣化していなかった。むしろ、ちょうどいいくらいに熟成していた感じだ。
製造者:大和蔵酒造(株)
2016年3月1日
No.184: ワンカップ大関 上撰 新米新酒 <季節限定> 平成二十七年度産新米使用
 わんかっぷおおぜき じょうせん しんまいしんしゅ <きせつげんてい> へいせいにじゅうななねんどさんしんまいしよう
ワンカップ大関 上撰 新米新酒 H27 review
 ワンカップ大関の「新米新酒」。毎年、新米を使ってつくられているものだが、 当サイトで取り上げるのは、平成22年度平成23年度平成24年度平成25年度平成26年度 に続き6年目となる。

 外観は透明。
 香りはふんわりとやさしい甘さで、麹香は弱い。
 味は甘味を伴いながらも、意外とすっきり。 酸はおだやかであるが、はっきり濃醇というほどのふくらみはない。 まさにフレッシュ。スリムで軽妙なな酒質。
 アルコール分:15度以上16度未満。原材料:米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール。
 本年度収穫された新米だけで仕込んだ、軽やかでフレッシュな味わいの新酒です。
 例年同様、今年もセブンイレブンで発見し、購入した。といっても、購入したのはもう1か月以上前のことであるが。
製造者:大関(株)
2016年4月24日
No.185: 厳選辛口 吉野川 / 吉野川
 げんせんからくち よしのがわ / よしのがわ
吉野川 厳選辛口 review
 新潟県長岡市の「吉野川」がつくる「厳選辛口」。

 外観は透明で曇りはないが、かすかに黄色っぽい。
 香りはやや甘い。麹香は弱く、パンチはない。吟醸香も大人しい。
 味はスキッと辛め。透明感のあるきれいな酒質。
 アルコール分:15度。原材料名:米(新潟県産)・米こうじ(新潟県産米)・醸造アルコール。精米歩合65%。
 吉野川(株)、新潟県長岡市摂田屋4丁目8番12号。
 甘さを意図的に削いだような辛口ではなく、ナチュラルでふんわりとしたふくらみもある辛口だ。
製造者:吉野川(株)
2016年5月9日
No.186: 生原酒 本醸造 / 日本盛
 なまげんしゅ ほんじょうぞう / にほんさかり
日本盛 生原酒 本醸造 review
 200mlの小さなボトル缶に入った、日本盛の生原酒シリーズ。 その「本醸造」。

 外観はほぼ透明だが、うっすらと琥珀色のようにも見える。
 香りはざらめのような甘さが満載。麹香が少々。かなりふくよか。
 味は甘味がたっぷりだが、酸も強め。 全体的にストロングで、フレッシュ。砂糖水のようなやさしい甘さ。
 アルコール分:19度以上20度未満。原材料名:米(国産)、米こうじ(国産米)、醸造アルコール。 精米歩合70%。
 「火入れ(加熱処理)」を一切行わず、品質保持性の高いアルミ缶に詰めた、コクと旨み豊かな味わいの 生原酒です。生原酒ならではの鮮度感あふれる美味しさを、手軽にお楽しみください。
 まさに生原酒という、新鮮でとろっと甘い酒。わかりやすいキャラクター。
製造者:日本盛(株)
2016年10月16日
No.187: ワンカップ大関 熟成 上撰 秋あがり <季節限定>
 わんかっぷおおぜき じゅくせい じょうせん あきあがり <きせつげんてい>
ワンカップ大関 上撰 秋あがり review
 例年、夏の終わりに登場するワンカップ大関上撰「秋上がり」。
 毎年必ず飲んでいるように思っていたが、なんと昨年は飲んでいなかった。 ということで、2年ぶりの掲載となる。

 外観はほぼ無色で曇りはないが、わずかに黄色っぽいか。
 香りはすっと軽快だが、かなりの甘さを感じさせる。麹香等のパンチはない。
 味はやはり甘味が強く、なめらか。こんなに甘かったかな?と思ったので、 昨年以前の私自身のコメントを見てみると、やはりもうちょっとさらっとした味わいのように書いている。 今年は少し濃醇な方向に持って行ったのだろうか。
 アルコール分:15度以上16度未満。原材料名:米(国産)、米こうじ(国産米)、醸造アルコール。
 春にしぼった新酒を貯蔵し熟成させたまろやかで調和のとれたお酒です。
 灘の酒はやや酸味が強く辛口な味わいが特長で、新酒の間は風味が荒く、おし味がしっかりしています。 このようなお酒が夏の間に熟成され酒質に丸みが出てすっきりとした味わいになることを「秋あがり」と呼びます。
 毎回だいたいセブンイレブンで発見し、購入することが多い。ということは、他のコンビニではあまり扱われていないようだ。 少なくとも私の家の近所では。
製造者:大関(株)
2017年4月16日
No.188: 松竹梅白壁蔵 澪 限定デザインボトル / 宝酒造
 しょうちくばい しらかべぐら みお げんていでざいんぼとる / たからしゅぞう
松竹梅 澪 限定デザイン review
 宝酒造・松竹梅白壁蔵「澪」は、瑠璃色のお洒落なボトルに入ったスパークリング清酒で、 その圧倒的存在感は、他の同種製品の追随を許さない。
 そんな特別感ある製品なのだが、今、限定デザインボトルが出ている。 発売日は3月7日で、もう1か月以上経っているが、そんなに目にするわけでもない。 私も、入手できるかどうか不安だったが、たまたま近所のスーパーに入荷しているのに遭遇した。

 中身は通年商品と同じだが、改めて味をレポートしておこう。
 グラスに注ぐと、大きめの泡が立ち、スパークリングワインのよう。
 香りは甘いが、酸も強そう。軽快である。
 口当たりはほんのり甘いが、酸も立っている。 この甘さ設定からして、食事にはやや合わせにくいのだが、 食前酒として、あるいは食後にゆったりと飲むのにはいいかもしれない。
 アルコール分:5度。原材料名:米(国産)、米麹(国産米)。
 限定デザインボトルといっても、柄を印刷したフィルムが貼り付けてあるだけなので、安上がりである。 それでも、元々澪のボトルは色といい、形といい、とても凝っているので、 食卓で華やかさを演出するお酒として重宝しそうだ。
製造者:宝酒造(株)

 HOME  ビール・発泡酒・チューハイの部屋へ  日本酒の小部屋メニューへ戻る  前へ  次へ