利酒日記〜安葡萄酒に彩られた日常〜

2000年5月


前月へ /  翌月へ /  利酒日記のトップ(メニュー)ページへ

2000年5月5日  BLANC
CHARDONNAY VIN DE PAYS D'OC 1997 / MICHEL PICARD
シャルドネ ヴァン・ド・ペイ・ドック / ミッシェル・ピカール
VIN DE PAYS

  淡いレモンイエロー。香りは、パイン、もも、パパイヤに若干のココナツも。口当たりはたっぷりとした甘味にかすかな苦味。後に酸が残る。豊かなふくらみは、まるでニューワールドのシャルドネのよう。 VdPとしてはかなり大柄。酸のしまりだけがわずかにフランスらしいところか。
<評定:B>

2000年5月14日  ROUGE
COTEAUX-DU-TRICASTIN 1997 LA CIBOISE / M.CHAPOUTIER
コトー・デュ・トリカスタン ラ・シボワーズ / M.シャプティエ
COTES DU RHONE地方、AC:COTEAUX-DU-TRICASTIN

  色は薄いがやや黒みがかっている。香りはボジョレによく似ていて、黒オリーブに、きゅうりのような青っぽさもある。口当たりは酸にあふれ、甘味は弱く、コクはなく、余韻も短い。さわやかな酸が全体をまとめている。とてもさらっとしたワイン。
<評定:C+>

2000年5月25日  ROUGE
CHATEAU DE CLOTTE 1997 / COTES DE CASTILLON
シャトー・ド・クロット / コート・ド・カスティヨン
BORDEAUX地方、COTES DE CASTILLON地区、AC:COTES DE CASTILLON

  色は濃い目のガーネット。カベルネらしい黒っぽい香りとアルコール感に満ちた香り。口当たりは極めて柔らかく、刺激も少ない。酸は丸いが、甘いわけではない。やさしいという表現がぴったりくる。香りの印象と比べ、味はカベルネよりもメルローとカベルネフランの優しさが支配。タンニンが後にかなり残るが、これによってしっかりした後味となっている。
<評定:A>

2000年5月27日  BLANC
CHATEAU TIMBERLAY CUVEE PRESTIGE 1998 / BORDEAUX
シャトー・ティンバレイ・キュヴェ・プレスティージュ / ボルドー
BORDEAUX地方、AC:BORDEAUX

  淡いレモンイエロー。白い花、青草、プラス蜜の香り。口当たりは酸がまっすぐくる。甘味はかすかにあるが広がらない。青草の香りが最後まで全体を支配する。フレッシュな酸がまとめ役となっている。余韻は短く、あっさりしたワイン。
<評定:B>

このページのトップへ  / 翌月へ