利酒日記 kikizakenikki

2008年12月


 HOME  利酒日記のメニューページへ  産地別索引へ  前月へ  翌月へ


2008年12月5日 ROUGE
BEAUJOLAIS-VILLAGES PRIMEUR 2008 "LES LAPINS MONOPOLE" / CHATEAU DU MONTCEAU
ボージョレ・ヴィラージュ プリムール 2008 "レ・ラパン・モノポール" / シャトー・デュ・モンソー
VINTAGE: 2008
Ch.du Montceau Beaujolais Villages Primeur 08 FRANCE
フランス
地方: BOURGOGNE
ブルゴーニュ
地区: BEAUJOLAIS
ボージョレ
AOC: BEAUJOLAIS VILLAGES
ボージョレ・ヴィラージュ
生産者: CH. DU MONTCEAU (FREDERIC COSSARD) 輸入者: (株)コスモ・ジュン
review
Ch.du Montceau Beaujolais Villages Primeur 08  全般的にあまり出来がよいとは思えない今年のヌーヴォーだが、 これは売場で販売員さんにイチオシと言われて購入したもの。 フレデリック・コサールのヴィラージュ。インポーターはコスモ・ジュンだから、 新井順子さんのところ(え?誰それ?という人は、検索してみてください)。

 色はごく淡い青紫。この外観からは、パワーはあまりなさそうな印象を受ける。
 香りは血(鉄)と紫の花(え?紫の花?なぜ新酒でこんな香りが?と一瞬うれしくなる)。 ベリー香は弱く、フレッシュ感も今ひとつで、新酒らしくない。
 味は酸が強く、タンニンは非常にしなやか。どこかピノっぽいコクがあり、 ジューシーで、甘味も比較的しっかりと感じられる。 ただ、バランス的にはやはり酸が相当に優勢である。 余韻がとてもきれい。しなやかな酒質。

 もっと良い年なら、相当に気高い飲み応えのあるwineなんだろうな、 ということが想像される。

 名前が "lapin"(ラパン=兎)ということで、エチケット(表ラベル)には兎が描かれている。
 右写真は、左写真の状態からボトルを時計方向に約45度回して撮影。
評定: B 価格 4,200円(本体価格4,000円+消費税200円) 購入店: 阪神百貨店本店(大阪市北区)
2008年12月7日 BLANC
MACON-VILLAGES NOUVEAU 2008 / JEAN-MARC LAFONT
マコン・ヴィラージュ ヌーヴォー 2008 / ジャン・マルク・ラフォン
VINTAGE: 2008
J.M.Lafon Macon-villages Nouveau 08 FRANCE
フランス
地方: BOURGOGNE
ブルゴーニュ
地区: MACONNAIS
マコネー
AOC: MACON VILLAGES
マコン・ヴィラージュ
生産者: JEAN-MARC LAFONT 輸入者: 丸紅(株)
review
 スーパーでいくつか新酒が売られている中で、こんなものをみつけた。
 187ml入りのいわばベビーびん。ボージョレ・ヴィラージュとマコン・ヴィラージュの2種が、 ともに500円。手頃に味見ができるので、購入してみた。
 まずはマコン・ヴィラージュのほうを飲んでみる。

 色は淡い麦わら。あまり若そうな印象ではない。
 青リンゴの香りが強い。柑橘香は強くないが、穏やかなグレープフルーツ香を感じる。
 味はやや丸みのあるオレンジ的酸が強い。もっと甘いものを想像していたが、 甘味は弱く、かなりシャープ。そのきれいな酸やミネラル感が伸びやかで、余韻もそこそこ長い。

 まったく期待していなかったが、かなりの内容に驚いた。 フルボトル換算でも約2,000円だから、新酒としてはそんなに高くない。
評定: A+ 価格 500円(フルボトル換算2,005円) 購入店: ダイエー
2008年12月8日 ROUGE
BOURGOGNE HAUTES-COTES DE BEAUNE / FRANCOIS MIKULSKI
ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ボーヌ / フランソワ・ミクルスキ
VINTAGE: 2006
F.Mikulski Bourgogne Hauntes-Cotes de Beaune 06 FRANCE
フランス
地方: BOURGOGNE
ブルゴーニュ
地区: COTE DE BEAUNE
コート・ド・ボーヌ
AOC: BOURGOGNE HAUTES-COTES DE BEAUNE
ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ボーヌ
生産者: FRANCOIS MIKULSKI 輸入者: (株)ファインズ
review
 ボトルに直接印刷してあるのかと思いきや、よく見れば 透明フィルムのエチケットという、かなり安っぽい感じなのだが、 妙に購入意欲をそそられるたたずまいではある。

 色はかなり淡く、ガーネットというよりは、 グレナデンシロップのよう。透過性が高いが、やや黒みが強め。
 赤系ベリー香、血(鉄)の香り。火薬のようなインパクトあり。
 味は酸のアタックが強く、タンニンはシルクのように非常になめらか。
 細身でしなやかな味わい。その分、パワーは弱い。余韻も短め。

 姿は美しいが、ツンとすました令嬢タイプ。あまり深みを感じないところが、残念。

 少々否定的な書き方をしてしまったが、値段を考えれば、こんなもんでしょう。
評定: C 価格 3,119円(本体価格2,971円+消費税148円) 購入店: 阪神百貨店本店(大阪市北区)
2008年12月11日 ROUGE
BEAUJOLAIS-VILLAGES NOUVEAU 2008 / JEAN-MARC LAFONT
ボージョレ・ヴィラージュ ヌーヴォー 2008 / ジャン・マルク・ラフォン
VINTAGE: 2008
J.M.Lafon Macon-villages Nouveau 08 FRANCE
フランス
地方: BOURGOGNE
ブルゴーニュ
地区: BEAUJOLAIS
ボージョレ
AOC: BEAUJOLAIS VILLAGES
ボージョレ・ヴィラージュ
生産者: JEAN-MARC LAFONT 輸入者: 丸紅(株)
review
 先日マコン・ヴィラージュのヌーヴォーを飲んだが、それとセットで買ったボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー。 187ml入りのベビーびんだ。

 色はやや深い青紫。 香りは赤と黒のベリー香が混じり合った感じで、結構深い。
 味は酸が丸く、そこそこ深みがある。新酒のフレッシュな感じはやや乏しい。 タンニン分もしっかりと感じられ、飲み応えがある。

 マコン同様、こちらもまったく期待していなかったが、かなりの内容。 手軽に試すのにはちょうどいい。
評定: B 価格 500円(フルボトル換算2,005円) 購入店: ダイエー
2008年12月13日 BLANC
KOBE WINE ELEGANT / 神戸みのりの公社
神戸ワイン エレガント / 神戸みのりの公社
VINTAGE: 2001
KOBE WINE ELEGANT 01 JAPAN
日本
地方: 兵庫県
兵庫県
地区: 神戸市
神戸市西区押部谷町、平野町、北区大沢町
AOC:
 
生産者: (財)神戸みのりの公社 生産地: 神戸市立農業公園神戸ワイナリー
review
 DSで購入した神戸ワインのハーフ。神戸で育ったシャルドネ100%の白だ。 神戸ワインは、私は以前から高く評価しているのだが、 今回は01ヴィンテージということで、かなり時間が経っている。 どんな状態なのか、若干不安である。

 色はやや黄色みの強い麦わら。
 グレープフルーツ的柑橘香、ヨーグルトのほか、若干黒糖のニュアンスがある。
 口に含んでみると、案の定、少し古ぼけた味わいが。 変質しているとまでは言えないが、ザラメのような甘さの中に、 少しひねた感じがある。国産シャルドネだから、それほど長命でないことは自明だが、 01ヴィンテージでかなり老成してしまっているのは、保管状態もその理由のひとつだろう。
 酸はまだ生きているが、とろっとした甘味もある。それだけならいいのだが、 蒸れた感じが若干ある。だから後味もあまり宜しくない。

 DSでの保管状態に、期待する方が無理というもの。 飲めないレベルではなかったわけだが・・。評定は差し控える。
評定: - 価格 788円(フルボトル換算1,576円) 購入店: スピード(ディスカウントショップ)
2008年12月18日 ROUGE
DOMAINE DE VALMOISSINE PINOT NOIR / LOUIS LATOUR / VIN DE PAYS DES COTEAUX DU VERDON
ドメーヌ・ド・ヴァルモワシーヌ ピノ・ノワール / ルイ・ラトゥール / ヴァン・ド・ペイ・デ・コトー・デュ・ヴェルドン
VINTAGE: 2005
Louis Latour Valmoissine 05 FRANCE
フランス
地方: PROVENCE
プロヴァンス
地区:
 
VdP: COTEAUX DU VERDON
 
生産者: LOUIS LATOUR 輸入者: マキシアム・ジャパン(株)、販売者:アサヒビール(株)
review
 スーパーで発見し、こんなところにルイ・ラトゥールか?と、 興味が沸いて購入した。 VdPとしては決して安くはないが、それだけに期待ができる。

 色は黒みが強いが、やや淡いガーネット。あまりピノらしくない。
 香りは、いちごのような赤いベリー香と、カシスのような黒いベリー香が混じる。 血(鉄)のニュアンスもあり。また、白コショウのようなインパクトも。
 口当たりは柔らかく、甘味が強く、ふくらみがある。丸い酸。 タンニンもすべすべとし、引っかかりがない。
 パワフルさはないものの、じんわりとした旨味がある。余韻は短め。 後味には鉛筆の芯(黒鉛)のような香味がある。

 ブルゴーニュのような気高さは望むべくもないが、 しなやかで適度なジューシー感。南の奔放さも兼ね備えた 多彩なピノと言える。

 ところで、この製品の日本語読みだが、販売者のアサヒビールでは、 "valmoissine" を "ヴァルモワシン"と表記している。 多くの酒店でも、それに従っているようだ。 しかし、仏語的にちょっと違和感があるので、私はヴァルモワシーヌとした。
評定: B 価格 2,380円(本体価格2,267円+消費税113円) 購入店: ライフ
2008年12月23日 BLANC
CHABLIS "LA CHANFLEURE" / LOUIS LATOUR
シャブリ "ラ・シャンフルール" / ルイ・ラトゥール
VINTAGE: 2005
Louis Latour Chablis La Chanfleure 05 FRANCE
フランス
地方: BOURGOGNE
ブルゴーニュ
地区: CHABLIS
シャブリ
AOC: CHABLIS
シャブリ
生産者: LOUIS LATOUR 輸入者: マキシアム・ジャパン(株)
review
 先日のVdPに続き、今日もルイ・ラトゥールを飲む。
 これは、12月13日掲載の神戸ワインエレガントとともに、 ディスカウントショップ(DS)で発見、購入したもの。

 色は深いレモンイエロー。シャブリにしては随分濃いなあ、と感じる。
 柑橘香(グレープフルーツ)のほか、蜜入りりんごのような甘い香り。かなりふくよか。
 味も香りの印象通り、ぽってりと甘いが、少しイヤな風味がする。蒸れた感じ。 これは、熱劣化によるものだろう。
 酸が鋭く、ナッツの風味もあるのだが、飲み進めるうちに 臭みが気になる(とかなんとか言いながら、もったいないので、かなり飲んだ)。

 この前の神戸ワイン同様、こちらも健全な状態ではないため、評定は避ける。
 DSに期待するのは土台無理な話なのかもしれないが、卑しくもお金を取って商売しているのだから、 もう少し保管に気を使って欲しいと思う。いや、そんなところで購入するお前が悪い、というご指摘はごもっともだが、 あえて記すことによって、自分の今後の備忘と、皆様への情報提供としたい。
評定: - 価格 ハーフ1,380円(フルボトル換算2,760円) 購入店: スピード(ディスカウントショップ)
2008年12月24日 ROUGE
BOURGOGNE / HENRI BOILLOT
ブルゴーニュ / アンリ・ボワイヨ
VINTAGE: 2006
Henri Boillot Bourgogne 06 FRANCE
フランス
地方: BOURGOGNE
ブルゴーニュ
地区:
 
AOC: BOURGOGNE
ブルゴーニュ
生産者: HENRI BOILLOT 輸入者: (株)ファインズ
review
 今日はピノを。店頭で試飲し、納得のうえ購入したもの。

 色は少しくすんだ感じのルビー。 香りは、赤いベリー香に、ほんのりとなめし革のニュアンス。
 口当たりはほのかに甘いが、酸はシャープ。タンニンはシルクのようにすべすべ。 いちご的な味わいの余韻が続く。

 適度にふくよかで、美しい酸も生きている。 バランスが非常によい。
評定: A 価格 3,332円(本体価格3,174円+消費税158円) 購入店: 阪神百貨店本店(大阪市北区)
2008年12月25日 CHAMPAGNE
LOUIS ROEDERER BRUT PREMIER / CHAMPAGNE
ルイ・ロデレール ブリュット・プルミエ / シャンパーニュ
VINTAGE: N.V.
Louis Roederer Brut Premier FRANCE
フランス
地方: CHAMPAGNE
シャンパーニュ
地区:
 
AOC: CHAMPAGNE
シャンパーニュ
生産者: LOUIS ROEDERER 輸入者: エノテカ(株)
review
 クリスマスなので、やはり泡もの。
 ここ最近飲んだものといえば、ディスカウントショップやスーパーなどで購入した廉価品が少なくなく、 中には品質的に疑問のものもあった。だから今日ぐらい、きちんとしたものを飲みたい。 投資効率を考え、これを買ってきた。

 泡は非常にきめ細かく、美しい。グラスの中で、長く気泡が続く。
 ややドライなハーブ香が豊か。引き締まっているのに、奥深い。いつまでも嗅いでいたい香り。
 口に含むと高炭酸で、ピリッと、キリッと、シャープな口当たり。 グレープフルーツ的苦味が少し。ミネラル感、アミノ酸風味がたっぷり。じんわりとした余韻が長く続く。
 購入するとき、値段が1/3以下のカヴァにも目が行った。しかし、 Xmasぐらい、我慢しないで飲みたい物を買おう。そう思い購入して、やっぱり良かった。 決して安くはないが、払った以上の満足感がある。

 実は今日シャンパーニュを選んだ理由が、もうひとつある。 「いかの塩辛と合わせてみたい」という実験である。
 Xmasながら我が家の今夜の晩餐は、刺身(真鯛、寒ブリ、黒まぐろ赤身、紋甲いか)、鶏タタキ、 湯どうふ、筑前煮・・などと純和風の居酒屋メニュー。
 まずはロデレールを開け、いかの塩辛を食す。これがなんと、見事に合った。 抜群のマリアージュとまではいかないが、生臭みが助長されることもなく、 シャンパーニュのじんわりとしたアミノ酸風味が、清酒と同じような感じで、 いかワタの味になじんでゆく。うれしくなるような出会いであった。
評定: A 価格 ハーフ3,780円(フルボトル換算7,560円) 購入店: 成城石井阪急三番街店(大阪市北区)
2008年12月28日 BLANC
CHABLIS PREMIER CRU "MONT DE MILIEU" / FRANCOIS MARTENOT
シャブリ・プルミエ・クリュ "モン・ド・ミリュウ" / フランソワ・マルトノ
VINTAGE: 2005
Francois Martenot Chablis 1er Mont de Milieu 05 FRANCE
フランス
地方: BOURGOGNE
ブルゴーニュ
地区: CHABLIS
シャブリ
AOC: CHABLIS PREMIER CRU
シャブリ・プルミエ・クリュ
生産者: MAISON FRANCOIS MARTENOT 輸入者: 巴工業(株)
review
 懲りずにまた安売り店で買ったワインを。ピンキリのシャブリ1級。 安いものはどうせそれなりであることはわかっているが、 もしや大当たりかも?という淡い期待を抱いて、購入した。

 色はごく淡いレモン色。香りは、レモン的な鋭い柑橘香に、 蜜の甘いニュアンス。だから、はちみつレモンのようである。 少しだけ、劣化を感じさせる臭みがある。
 味は甘味が強め。酸はレモン的だが強くはない。 ミネラル感は弱い。間延びした印象。 飲み進めると、やはり完全な健康体とは言い難い、少し蒸れたような風味を感じる。 きっと、1日か2日置いたら、飲めなくなるだろう。

 我ながらよくもまあ、何度も同じ過ちをくり返すものだと思う。 いや、最初からわかっていて、安売り店での購入を続けている。 不良品遭遇率は高いとしても、時折お買い得品にも巡り会うからだ。 だから、こういうものに当たったときは、授業料を支払ったと考えることにしている。 ということで、評定せず。
評定: - 価格 1,980円(本体価格1,886円+消費税94円) 購入店: 酒の楽市南吹田店(大阪府吹田市)
2008年12月30日 BLANC 
R DE RIEUSSEC / BORDEAUX BLANC SEC
エール・ド・リューセック / ボルドー・ブラン・セック
VINTAGE: 2004
R de Rieussec 04 FRANCE
フランス
地方: BORDEAUX
ボルドー 
地区:
 
AOC: BORDEAUX
ボルドー
生産者: CH. RIEUSSEC 輸入者: (株)成城石井
review
 貴腐が有名なCh.リューセックの辛口。 これまで何度も飲んでいるが、また今回安売りされていたので買ってきた。

 色はしっかりしたレモンイエロー。 香りはレモン的な柑橘香、ナッツの香ばしさ、白い花のようなフローラルな感じと、 軽い樽香もある。とてもジューシーで深みある香り。
 味はまずレモンのような酸がスッキリと感じられ、ミネラル分も豊か。 パイナップルのような甘味が伸びやかだが、豊潤すぎず、引き締まっている。 苦味も少々。後味はキリッとしている。

 実は自分でも知らずに購入したのだが、同じヴィンテージを 昨年5月に飲んでいる。 その時の感想を読むと、やや冗長と書いている。
 あれから1年半経っているから、その間に熟成して、ちょうどよい感じになったようだ。 しかも入手価格は相当安くなった。
評定: A+ 価格 1,890円(本体価格1,800円+消費税90円) 購入店: 成城石井阪急三番街店(大阪市北区)

本日までで・・・今月合計11本、今年合計80本/当日記累計1131本



[当日記における評価基準]

 絶対評価ではなく、支払う価格に対して内容が見合っているかどうかの評定です。 例えば1,000円のwineなら、ちょうど1,000円の価値あるものがC。同様に5,000円のwineなら、 ちょうど5,000円の価値あるものがCです。

 A = 特質すべき個性。価格に比し、極めて優れたクオリティ。(とってもお買得)
 B = 非凡な特徴があり、価格を上回るクオリティ。(お買得)
 C = 概ね価格に見合ったクオリティ。(価格相当)
 D = 凡庸で特徴に欠ける。価格に比し、やや劣る。(少しもの足りない)
 E = 価格に比し、著しく劣るクオリティ。(買い損)

 なお、各ランクよりやや上回るものに+、やや下回るものに−を付けています。例えばC+とは、 若干価格を上回るクオリティを表します。また、通常の評価枠を超えた素晴らしいものにはAAランクを付与しています。

 HOME  利酒日記のメニューページへ  産地別索引へ  前月へ  翌月へ