利酒日記 kikizakenikki

2011年1月


 HOME  利酒日記のメニューページへ  産地別索引へ  前月へ  翌月へ


2011年1月2日 ROUGE
HIGUERUELA / ALMANSA
イゲルエラ / アルマンサ
VINTAGE: 2009
Higueruela 09 SPAIN
スペイン
地方: LA MANCHA
ラ・マンチャ
地区: ALMANSA
アルマンサ
DO: ALMANSA
アルマンサ
生産者: COOP. AGRARIA SANTA QUITERIA 輸入者: (株)モトックス
review
 今年最初のwineは、実は昨年末に飲んだもの。忘年会等で忙しく、 アップすることができなくて、メモだけ残してあった。
 もうひとつ言っておかなければならないのは、実は同じ09ヴィンテージを、 6月に飲んでいたこと。半年しか経っていないのに、まだ飲んでいないだろうと思って買ってしまったわけだ。
 半年経って味わいが変化していることもあるだろうし、いやむしろボトル差のほうが大きいかもしれないので、 比べてみるのも面白い。

 外観は深みのあるガーネット色。しっかりした味わいが期待できる。
 香りを嗅ぐと、まずバニラ香があり、次いで赤果実。少しボジョレ・ヌーヴォーみたいな雰囲気である。 それとともに、ふかし芋のような甘そうなほっこりした香り。
 口に含むと、酸は強いが、タンニンは丸くさらさら。黒っぽい果実味があり、パワーはあまりなし。

 半年前のコメントと比べてみたら、色も香りも心持ち成熟した印象だが、非力さは変わるべくもないといった感じである。 その分、バランスは悪くなったかもしれない。
 面白いのは、同じ店で買ったのに、今回のほうが50円だけ安くなっていたこと。
評定: B 価格 1,150円(本体価格1,095円+消費税55円) 購入店: amor Pantry 新大阪店(大阪市淀川区)
2011年1月5日 ROUGE
CHÂTEAU SOUDARS [CRU BOURGEOIS] / HAUT-MEDOC
シャトー・スーダール [クリュ・ブルジョワ] / オー・メドック
VINTAGE: 1998
Ch.Soudars 98 FRANCE
フランス
地方: BORDEAUX
ボルドー
地区: HAUT-MEDOC
オー・メドック
AOC: HAUT-MEDOC
オー・メドック
生産者: CH. SOUDARS 輸入者: エノテカ(株)
review
 このwineも実は、昨年末に飲んだものである。
 しかも、当サイトでは掟破りの自宅外で開けた1本。さらに異例なのは、 なんと約10年も自宅に保管してあったもので、保管場所はクローゼットの中。
 私が自宅に初めて小さなセラーを買ったのは、5年半ほど前。そのずっと前から このwineは家にあった。開ける機会がなかったのは、べつに高価なものだからではなく、 サイズが大きいから。そう、これはマグナムボトル(通常の2本分)なのだ。
 知人の仕事部屋(アトリエ)で持ち寄りパーティをすることになり、 ここぞとばかりに持参し、みんなで飲んだもの。

 外観は柿色とコーヒー色の中間くらいで、やや赤みが差している程度。濃さはそれほどでもない。
 元々非力なwineで、しかも峠を越えていると思われるので、パワーは期待できないと思いながら、 香りを嗅いでみると、なんとも芳醇なバニラ香が。角が取れ、丸くなっている。
 ところが味のほうはやはりパワー不足。酸に若々しさが若干残るものの、果実味はもちろんなく、 だからといって土や枯れ草風味が強いわけでもない。なんかこう、押してくるものが足りない。 タンニンもさらさらしている。
 やはりもっと早くに飲むべきであったが、常温で長期保存していたにしては、 特に劣化は感じられなかった。
 10年くらい前に買ったもので、記録も残していなかったので正確な購入価格はわからないが、 確か6本12,000円セットに入っていたもので、これは2本扱いなので、4,000円相当だったと考えられる。

 なお、当レビューは、「安ワイン道場」にも 投稿して掲載して頂いたので、そちらもご覧頂きたい。
評定: C 価格 4,200円程度 購入店: エノテカ大阪店(大阪市北区)
2011年1月6日 SPARKLING
太陽の恵みのワイン キャン [スパークリング] ゴールド / SUNTORY
たいようのめぐみのわいん きゃん [すぱーくりんぐ] ごーるど / さんとりー
VINTAGE: N.V.
サントリー 太陽の恵みのワインキャン ゴールド JAPAN
日本
地方:
 
地区:
 
AOC:
 
製造者: サントリー酒類(株) 販売者: サントリーワインインターナショナル(株)
review
 この製品、発売告知もなく、また、サントリー社のサイトにも載っていない。
 以前、サークルKサンクス限定発売のビールを探しに行ったとき、 たまたま売られているのを発見し、その場で入手したもの。昨年12月初めのことである。
 当サイトではこれまで、 スパークリング ロゼと3種をレビュー済。 これが4種めとなる。

 グラスに注いだ外観は、ゴールドというよりは、ほんのりと色があるかどうかという程度。 炭酸ガス含有のため、気泡が踊る。
 香りを嗅ぐと、小さな驚きが。思っていたよりちゃんとしたスパークリングワインの香りがする。 もちろん、炭酸は後から添加したもので、シャンパンとは別物なのだが、 どっしり落ち着いた香りがする。
 口当たりもシャープで、甘さは弱い。後味もキリッとしている。

 下記のとおり価格は250円で、決して安くはないのだが、損をした感じはない。
評定: C+ 価格 250ml入り250円(フルボトル換算750円) 購入店: サンクス
2011年1月14日 ROUGE
BARON D'ESPIET / BORDEAUX
バロン・デスピエ / ボルドー
VINTAGE: 2009
Baron d'Espiet 09 FRANCE
フランス
地方: BORDEAUX
ボルドー
地区:
 
AOC: BORDEAUX
ボルドー
生産者: 輸入者: (株)成城石井
review
 今日は、お手軽ボルドーを。

 色はかなり青みが強く、若々しい。 基本的にグラスの向こうが良く見えるほど透過性が高いが、若干濁りもある。
 香りは黒果実、赤果実のほか、焼き芋。ほっこり甘そう。
 味はやはり甘味が強め。ミントのようなハーブのニュアンスを伴い、 タンニンは強い。
 ぱっと見、荒々しい感じだが、やはりパワー不足は否めない。 それでも、価格からすれば何の不満もない。
 少しだが大物ワインの風格さえ彷彿とさせる。お買い得の1本。
評定: B 価格 1,290円(本体価格1,229円+消費税61円) 購入店: 成城石井梅田店(大阪市北区)
2011年1月15日 ROUGE
CHÂTEAU DE BEAU RIVAGE "LAGUENS" / BORDEAUX SUPERIEUR
シャトー・ド・ボー・リヴァージュ "ラガンス" / ボルドー・スペリュール
VINTAGE: 2000
Ch.de Beau Rivage 00 FRANCE
フランス
地方: BORDEAUX
ボルドー
地区:
 
AOC: BORDEAUX SUPERIEUR
ボルドー・スペリュール
生産者: CH. DE BEAU RIVAGE 輸入者: (株)コートーコーポレーション
review
 店頭POPに「歴史に残るであろう偉大なヴィンテージ!」と絶賛コメントが書かれていた。 輸入者が貼り付けた、ボトル裏のラベルに、そう書かれているからなのだけど。
 だが、値段は恐ろしく安いし、どうせ大したことはないだろうと、期待もせず購入。

 色はれんが色に傾きつつあるが、やや青みもさしている。熟成しているのか、若いのか、よく分からない色味。
 香りは基本的に紫の花のように軽やかで、土のニュアンスが少し。あまり重み、深みがない。
 味には少しトリュフっぽさもみつけられるが、黒果実が強く、酸も少し強め。あまりパワーを感じない。

 裏ラベルに書かれている文章を、引用しよう。
 ボルドー20世紀最後の奇跡、「品質革命の最高到達点」とまで言わしめた偉大なるヴィンテージ2000。
 果汁の色も充分に濃厚でタンニンも力強く、しっかりとした骨格。畑は60ha、平均樹齢35年。 ワインは明るい赤紫色の中にガーネットの輝き、ラズベリーや干しプルーンの香りに枯れ草や湿った土の香りあり。 酸味、甘味と酒質が高く、それが一対化(*原文ママ) してこなれた心地よい味となっている。 時間と共にマイルド感が出て嬉しい。
 実際の色は濃厚でもなく、タンニンも弱かった。時間と共にマイルドになるというより、最初からマイルド。 香りは確かに、上記のような感じだが、複雑さはそんなに感じなかった。
 峠を過ぎてしまったからか、私の味覚が未熟なのか。 元々非力なワインと感じた。

 そもそも偉大なのは、一般論としての「ボルドーの2000年ヴィンテージ」なのであって、 当たり前だが、このワインの2000年ヴィンテージも偉大であることが保証されているわけではない。 べつにインポーターにけんかを売るつもりはないけれど。
 値段は正直である。いや、値段にも少し見合わないかも。まあ、べつに不味いわけではないからいいけど。
評定: C- 価格 1,480円(本体価格1,410円+消費税70円) 購入店: amor Pantry 新大阪店(大阪市淀川区)
2011年1月19日 BLANC
CHÂTEAU LAMOTHE-VINCENT / BORDEAUX
シャトー・ラモット・ヴァンサン / ボルドー
VINTAGE: 2009
Ch.Lamothe-Vincent 09 FRANCE
フランス
地方: BORDEAUX
ボルドー
地区:
 
AOC: BORDEAUX
ボルドー
生産者: CH. LAMOTHE-VINCENT 輸入者: (株)モトックス
review
 ボルドー白は、基本的に相当お金を出さないと、しっかりした味わいのものに出会えないのが通常である。
 これは日常酒価格ながら、なんとなくエチケット(ラベル)に高級感があるので、 期待を持ってジャケ買いした。

 色はしっかりめのレモン色。味わいの濃さが想像される。
 マスカットのような、ころっとした感じの甘い香り。
 口に含むと、最初にやはり甘いと感じるが、それは豊かな果実味のゆえであり、 酸も生きている。オレンジ的な丸っこい酸+グレープフルーツ的な苦味。
 後味は、適度にオイリーで、ボリューム感は充分。

 甘い、甘いといっても、それはボルドー白としての甘さであって、 例えば南仏などのボリューム感とは違う。酸のシャープさと適度な甘味が共存している。 これはなかなかすばらしい。
評定: A+ 価格 1,550円(本体価格1,477円+消費税73円) 購入店: amor Pantry 新大阪店(大阪市淀川区)
2011年1月22日 ROUGE
CHÂTEAU GRAND JEAN / BORDEAUX
シャトー・グラン・ジャン / ボルドー
VINTAGE: 2009
Ch.Grand Jean 09 FRANCE
フランス
地方: BORDEAUX
ボルドー
地区:
 
AOC: BORDEAUX
ボルドー
生産者: CH. GRAND JEAN 輸入者: (株)コートーコーポレーション
review
 当日記でここ最近続いている、お手軽ボルドー。今日もまた。

 色は明るいルビー色。ボルドーらしからぬ、なぜかピノのワインみたいな色。
 香りは黒果実に若干の土。ふかし芋のようなほっこり感。
 口当たりは柔らかい。甘味が弱く、線が細い。最初、タンニンがなめらかに感じられたが、 実は後から口中に引っかかるような感じがある。
 梅のような酸。スリムな骨格だが、余韻はそこそこ長い。

 非力ととるか、上品と解釈するか。微妙な線だが、値段を考えれば、 これで十分であろう。
評定: C 価格 1,380円(本体価格1,315円+消費税65円) 購入店: amor Pantry 新大阪店(大阪市淀川区)
2011年1月26日 BLANC
YELLOW TAIL MOSCATO
イエロー・テイル モスカート
VINTAGE: 2009
Yellow Tail Moscato 09 AUSTRALIA
オーストラリア
地方:
 
地区:
 
DO:
 
生産者: CASELLA WINES 輸入者: サッポロビール(株)
review
 スーパーで買った、オーストラリアの安ワイン。しかも、クーポン券利用で、 100円引きであった。だから、下記に価格を988円と書いてあるが、 実際の購入価格は888円だったわけだ。

 色はかなりしっかりと濃いイエロー。グラスの中に、小さな気泡が見える。
 香りは甘味が強そうな、マスカット香。セパージュがモスカート(マスカット)だから 当然と思われがちだが、生食用ぶどうをwineにしたとき、 食べるときと同じような香味が再現されるのは、マスカットくらいなのである。
 口に含むと、ピリピリとした刺激を感じる。微発砲性である。
 味は甘味が強いが、酸味も強い。両者のバランスは悪くない。 デザートワインというほど濃密さはなく、さりとて食事にも合わせやすいとは言えない。
 中途半端な味わいともいえるが、 非常に軽やかであり、すいすいと飲み進めることができる。 これはこれで、貴重なキャラクターである。
評定: C+ 価格 988円(本体価格941円+消費税47円) 購入店: グルメシティ
2011年1月30日 SPARKLING
JACOB'S CREEK CHARDONNAY PINOT NOIR BRUT CUVEÉ
ジェイコブズ・クリーク シャルドネ・ピノ・ノワール ブリュット・キュヴェ
VINTAGE: N.V.
Jacob's Creek Chardonnay Pinot Noir Brut Cuvee AUSTRALIA
オーストラリア
地方: SOUTH AUSTRALIA
南オーストラリア
地区: BAROSSA VALLEY
バロッサ・ヴァレー

生産者: ORLANDO WINES 輸入者: ペルノ・リカール・ジャパン(株)
review
 お正月に飲もうと思って買っておいたものだが、 実は大晦日から新年2日にかけて体調を崩していたので、 wineを開ける気になれず、残してあった。だから年頭に当日記にアップしたwineは、12月中に飲んだものが続いたのだ。
 時節柄、節約心が働いてしまい、安スパークリングなのだが。

 色はごく淡いレモン色。気泡(bubble)が大きく、泡(form)はきめ細かく、シャンパーニュのような外観。
 香りはレモンやグレープフルーツなどの柑橘香と、 たっぷりとしたアミノ酸の旨みを感じさせる目の詰まった香り。
 口に含むと、繊細かつ力強い気泡がピリピリと心地よいが、刺激が強いわけではなく、 口中でほろっと崩れる感じがすばらしい。
 味わいも旨味充分。シャープな導入部に比べ、口中でまろやかさがどんどん広がり、余韻も長い。

 ラベルに、BOTTLE FERMENTED と書かれているように、瓶内二次発酵を行う 伝統的製法でつくられている。つまり、シャンパーニュと同じである。
 Jacob's Creek といえば、安豪ワインの代表みたいな偏見があったが、 目から鱗が落ちた。いや、自分の不明を恥じた。
 こんなに素晴らしい内容のものが、1,000円台なのだから、何も不足はない。
評定: A+ 価格 1,590円(本体価格1,515円+消費税75円) 購入店: 成城石井阪急三番街点(大阪市北区)
2011年1月31日 ROUGE
CHÂTEAU CLERC MILON [GRAND CRU CLASSÉ] / PAUILLAC
シャトー・クレール・ミロン [グラン・クリュ・クラッセ/第5級] / ポイヤック
VINTAGE: 2007
Ch.Clerc Milon 07 FRANCE
フランス
地方: BORDEAUX
ボルドー
地区: HAUT-MEDOC
オー・メドック
AOC: PAUILLAC
ポイヤック
生産者: CH. CLERC MILON 輸入者: エノテカ(株)
review
 何もない日に、ちょっといいワインを開けてしまおう。
 といっても、ハーフなので、入手価格はそれほどでもない。しかもこれを買ったとき、 エノテカさんでセールをやっていて、通常価格よりは安く入手したものだ。

 しっかり深いガーネット色。かなり黒に近い。
 香りはしょうゆ、やや乾いた土、黒果実。落ち着き払っていて、ずっしり重たい。
 口に含むと、タンニンは最初とてもなめらかに感じる。ところが、その後で、 結構パワフルであると気づく。
 梅のような酸がしっかりあるが、甘味のパワーが強く、深みがある。

 さすが、日常酒とは一線を画する味わい。もちろん、値段が立派なのだから当たり前。
 毎日こんなものが飲めたら幸せだが、たまに飲むから感動的というのもまた事実。
評定: B 価格 ハーフ2,625円(フルボトル換算5,250円) 購入店: enoteca大阪店(大阪市北区)

本日までで・・・今月合計10本/今年合計10本/当日記累計1306本
今月のワイン投資額・・・16,503円(本日まで)



[当日記における評価基準]

 絶対評価ではなく、支払う価格に対して内容が見合っているかどうかの評定です。 例えば1,000円のwineなら、ちょうど1,000円の価値あるものがC。同様に5,000円のwineなら、 ちょうど5,000円の価値あるものがCです。

 A = 特質すべき個性。価格に比し、極めて優れたクオリティ。(とってもお買得)
 B = 非凡な特徴があり、価格を上回るクオリティ。(お買得)
 C = 概ね価格に見合ったクオリティ。(価格相当)
 D = 凡庸で特徴に欠ける。価格に比し、やや劣る。(少しもの足りない)
 E = 価格に比し、著しく劣るクオリティ。(買い損)

 なお、各ランクよりやや上回るものに+、やや下回るものに−を付けています。例えばC+とは、 若干価格を上回るクオリティを表します。また、通常の評価枠を超えた素晴らしいものにはAAランクを付与しています。

 HOME  利酒日記のメニューページへ  産地別索引へ  前月へ  翌月へ