利酒日記 kikizakenikki

2011年10月


 HOME  利酒日記のメニューページへ  産地別索引へ  前月へ  翌月へ


2011年10月4日 ROUGE
VALGRAND PREMIUM MERLOT / VIN DE PAYS DES COTEAUX DE L'ARDÈCHE
ヴァル・グラン プレミアム メルロー / ヴァン・ド・ペイ・デ・コトー・ド・ラルデシュ
VINTAGE: N.V.
Valgrand Premium Merlot FRANCE
フランス
地方: RHONE
ローヌ
地区:
 
VdP: COTEAUX DE L'ARDECHE
コトー・ド・ラルデシュ
生産者: UNION DES VIGNERONS DES COTEAUX DE L'ARDECHE 輸入者: リードオフジャパン(株)
review
 最近、フルボトルを買うよりも、ハーフボトルのほうが多いかもしれない。
 750mlを飲み干すまでに、3日以上かかるため、赤は酸化してしまって飲めなくなってしまうから、 少量ずつ買おうと考えている。
 色々な店でハーフを扱ってくれるようになっているという背景もある。

 グラスに注いだ色は、深い青紫。若そうである。
 香りはインク、黒ベリー、さつまいものようなほっこり感。セイロン茶葉のような香りが若干。
 味は酸のアタックが強めだが、丸みがある。 果実味は弱い。インク風味。コクがなく、余韻は短い。

 このwineはこれまでにも数度飲んでいる。近所のスーパーで気軽に買えるからだが、 取り立てて特徴もない代わりに、食事の邪魔にもならない気安さがある。
評定: C- 価格 ハーフ498円(フルボトル換算996円) 購入店: グルメシティ(スーパー)
2011年10月10日 ROUGE 
DE MARTINO CABERNET SAUVIGNON NOUVEAU / MAIPO VALLEY
デ・マルティノ カベルネ・ソーヴィニヨン ヌーヴォー / マイポ・ヴァレー
VINTAGE: 2011
De Martino Cabernet Nouveau 11 CHILE
チリ
地方: MAIPO VALLEY
マイポ・ヴァレー
地区:
 
DO: MAIPO VALLEY
マイポ・ヴァレー
生産者: DE MARTINO 輸入者: (株)成城石井
review
 今年の新酒がもう出ているということで気になり、 さらには品種がカベルネであり、面白そうなので購入した。

 まず色はほとんど黒色で、均一に近い。
 香りはオレンジのようなフレッシュな柑橘系の香り(赤なのになぜか)と、 新しい家具のような木の皮の香り。深みは感じない。紫の花と、芋のような感じが少し。
 味は酸のアタックが強く、甘酸っぱい。さすがに新酒だ。 キュンとした柑橘様の酸味があり、タンニンは荒々しく、強い。

 全般的にパワフル、粗暴であり、カベルネの新酒というイメージそのまま。
評定: C+ 価格 1,190円(本体価格1,134円+消費税56円) 購入店: 成城石井 梅田店(大阪市北区)
2011年10月18日 ROUGE 
LE BORDEAUX DE MAUCAILLOU / BORDEAUX SUPÉRIEUR
ル・ボルドー・ド・モーカイユー / ボルドー・スペリュール
VINTAGE: 2007
Le Bordeaux de Maucaillou 07 FRANCE
フランス
地方: BORDEAUX
ボルドー
地区:
 
AOC: BORDEAUX SUPERIEUR
ボルドー・スペリュール
生産者: CH. MAUCAILLOU 輸入者: コルドンヴェール(株)
review
 Ch.モーカイユーといえば、ブルジョワ級の中でも著名。 その醸造チームがつくるカジュアルなワイン。

 外観は濃いガーネット色。かなり黒に近い。
 香りは甘いバニラ、土などのほか、乾いた木、あるいは古いタンスのような感じもある。 高級なボルドーの衣をまとっている。
 香りにかなりボリューム感があったので、期待して飲むと、ちょっと期待はずれ。というか、 値段は正直だと感じる。酸のアタックがやわらかで、とげとげしさはないが、 甘さやコクも弱い。とにかく線が細い。

 ヴィンテージのせいももちろんあるのだろう。期待ほどではなかったが、 支払った金額には見合っている。
評定: C+ 価格 1,480円(本体価格1,410円+消費税70円) 購入店: 酒の楽市(DS)
2011年10月26日 BLANC
ISLA DE MAIPO SAUVIGNON BLANC / SANTA INES
イスラ・デ・マイポ ソーヴィニヨン・ブラン / サンタ・イネス
VINTAGE: 2010
Isla de Maipo Sauvignon 10 CHILE
チリ
地方: CENTRAL VALLEY
セントラル・ヴァレー
地区: CURICO VALLEY
クリコ・ヴァレー
DO: CURICO VALLEY
クリコ・ヴァレー
生産者: SANTA INES 輸入者: (株)成城石井
review
 もう何度も飲んでいる定番銘柄。2010年ヴィンテージを入手してみた。 ハーフボトルである。

 外観は淡いイエローグリーン。
 香りは青りんごが強く、青草がやや弱い。かすかにメロンやパッションフルーツも。
 味はレモンの酸のアタックが強く、次いで青草。ソーヴィニヨンらしいキャラクターだが、 同時にオレンジ的ジューシーさもあり、後味には苦味も。

 ソーヴィニヨンらしく、かつ、チリらしい。突出した部分はないが、 非常に安定感のあるまとまった味わい。 このクラスのスケール感を超えている。
評定: B 価格 ハーフ750円(フルボトル換算1,500円) 購入店: 成城石井梅田店(大阪市北区)

本日までで・・・今月合計4本/今年合計56本/当日記累計1354本
今月のワイン投資額・・・3,918円(本日まで)



[当日記における評価基準]

 絶対評価ではなく、支払う価格に対して内容が見合っているかどうかの評定です。 例えば1,000円のwineなら、ちょうど1,000円の価値あるものがC。同様に5,000円のwineなら、 ちょうど5,000円の価値あるものがCです。

 A = 特質すべき個性。価格に比し、極めて優れたクオリティ。(とってもお買得)
 B = 非凡な特徴があり、価格を上回るクオリティ。(お買得)
 C = 概ね価格に見合ったクオリティ。(価格相当)
 D = 凡庸で特徴に欠ける。価格に比し、やや劣る。(少しもの足りない)
 E = 価格に比し、著しく劣るクオリティ。(買い損)

 なお、各ランクよりやや上回るものに+、やや下回るものに−を付けています。例えばC+とは、 若干価格を上回るクオリティを表します。また、通常の評価枠を超えた素晴らしいものにはAAランクを付与しています。

 HOME  利酒日記のメニューページへ  産地別索引へ  前月へ  翌月へ