利酒日記 kikizakenikki

2012年11月


 HOME  利酒日記のメニューページへ  産地別索引へ  前月へ  翌月へ


2012年11月1日 ROUGE
CONO SUR PINOT NOIR
コノ・スル ピノ・ノワール
VINTAGE: 2011
Cono Sur Pinot Noir 11 CHILE
チリ
地方:
 
地区:
 
DO:
 
生産者: VINA CONO SUR 輸入者: (株)スマイル
review
 先日、カベルネ を飲んだ、チリのコノ・スル。今度は、ピノ。スーパーで買ったハーフボトルである。

 外観はややくすんだルビー色。少しだけ茶色っぽいか。
 香りは赤ベリー、皮革、ゴム。まさに新世界のピノらしい。
 味は酸が鋭くレモン的。甘味もたっぷり豊か。このあたりがやはりチリらしい。 タンニンはしなやかである。

 やはりコノ・スルは非常に教科書的。
 本場ブルゴーニュのピノとはまったく別物だが、 あっけらかんとしたところがチリらしく、好印象。
評定: B 価格 ハーフ498円(フルボトル換算996円) 購入店: グルメシティ(スーパー)
2012年11月2日 BLANC
CHÂTEAU LE RONDAILH / BORDEAUX
シャトー・ル・ロンデール / ボルドー
VINTAGE: 2009
Ch.le Rondailh 09 FRANCE
フランス
地方: BORDEAUX
ボルドー
地区:
 
AOC: BORDEAUX
ボルドー
生産者: CH. LE RONDAILH 販売者: (株)成城石井、輸入者:東京ヨーロッパ貿易(株)
review
 和食にも合うキリッとした白が欲しくて、これを買ってきた。

 色は淡いイエローグリーン。
 香りは、青草とマスカット。グレープフルーツが若干。実にボルドーのソーヴィニヨンらしい。
 味はレモンやライムのような酸が特徴だが、それほど鋭くはない。適度に丸みがある。 グリーンな香味に、はちみつの甘さが加わる。苦味も強い。
 ボディはスリムだが、フルーティな余韻が心地良い。

 以前、2008VT を飲んでいるが、その時の評価はC-。 それに比べると、今回の2009VTはソーヴィニヨンの魅力がよく発揮されており、非常に好印象で、 かなりお買い得だと思った。
 このワイン、ボトルにシリアルNo.が入っており、3480と書いてある。 こういう"特別感"は、購買欲を刺激する。
評定: A 価格 1,490円(本体価格1,419円+消費税71円) 購入店: 成城石井ホワイティうめだ店(大阪市北区)
2012年11月11日 ROUGE
CASA SUBERCASEAUX CABERNET SAUVIGNON
カーサ・スベルカソー カベルネ・ソーヴィニヨン
VINTAGE:2011
Casa Subercaseaux Cabernet Sauvignon 11 CHILE
チリ
地方:
 
地区:
 
DO:
 
生産者: CASA SUBERCASEAUX 輸入者: メルシャン(株)
review
 このワイン、実は今年の 5月 に飲んでいる。しかも同じヴィンテージ。未掲載かと思って買ったら掲載済だったのだが、 せっかく飲んだのでアップする。
 コンビニLAWSONで売られている格安チリである。

 色はやや茶色っぽいガーネット。もう熟成が進んでいるのか?
 香りは黒果実、黒豆、土、しょうゆなど、ボルドーにも似たどっしり感がある。
 味は酸のアタックが強く、甘味はほんのり。タンニンはしなやかにこなれている。 バランスは良いが、やはりパワー不足は否めない。

 前回飲んだ時の感想と、かなり変わっている。やはりこうして比べてみるものである。
 おそらくボトル差というか、ある程度の間、店頭に晒されていたので、 適度に劣化というか、良く言えば偶然、熟成が進んだような結果となっているのかもしれない。
 その育ちの経緯はともかく、若くして完成してしまった感のある面白い1本であった。
評定: B 価格 500円(本体価格477円+消費税23円) 購入店: LAWSON
2012年11月15日 ROUGE
TOPVALU BEAUJOLAIS-VILLAGES NOUVEAU / LE CEP D'OR
トップバリュ ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー / ル・セップ・ドール
VINTAGE:2012
TOPVALU Beaujolais-Villages Nouveau 2012 FRANCE
フランス
地方: BOUROGOGNE
ブルゴーニュ
地区: BEAUJOLAIS
ボージョレ
AOC: BEAUJOLAIS-VILLAGES
ボージョレ・ヴィラージュ
生産者: LE CEP D'OR 輸入者: コルドンヴェール(株)、販売者: イオントップバリュ(株)
review
 本日解禁日。実に大人しい解禁日であった。
 私は今日、百貨店とスーパーを何店舗かハシゴしたのだが、 どこの売場もここ数年では一番盛り上がっていないように感じた。
 だいたい、事前の報道が今年はとても少なかったように思う。 おそらく、出来のほうがあまりよろしくない年だからということか。

 このワインは、TOPVALUと名前がついているとおり、イオングループのP.B.として出されたもの。 イオンさんではもちろんこれまでも毎年新酒を扱ってきているが、 TOPVALUブランドとして出すのは、私が知るかぎり初めてである。
 ペットボトル入りで、価格はなんと1000円未満。

 グラスに注いだ色は、かなりくすんでいて、新酒にありがちな青紫ではない。
 香りは、ほんのり甘いバナナ(よくある蒸しバナナ香というより、生のバナナ香)や、 わずかにいちご、絵の具、柑橘香(オレンジっぽい)など。
 味は酸が鋭く、非常にスリム。良く言えばキレがあり、悪く言えば華やかさがない。
 タンニンはほどほどに感じる。全体バランスとして、かなり地味。

 新酒として冷静に評価すると、やはり優秀とは言えない。ただ、私個人の好みとしては、 このくらいシャープなほうが、食事に合わせやすくて好きだ。
 値段が値段だから、厳しいことを言ってはいけないが、 ヴィラージュとしてのしっかり感もあまりなく、印象に残らない味わいだった。
評定: C- 価格 980円(本体価格934円+消費税46円) 購入店: MAXVALU(スーパー)
2012年11月19日 ROUGE
BEAUJOLAIS NOUVEAU / MOMMESSIN
ボージョレ・ヌーヴォー / モメサン
VINTAGE:2012
Mommessin Beaujolais Nouveau 2012 FRANCE
フランス
地方: BOUROGOGNE
ブルゴーニュ
地区: BEAUJOLAIS
ボージョレ
AOC: BEAUJOLAIS
ボージョレ
生産者: MOMMESSIN 輸入者: 合同酒精(株)
review
 今年のヌーヴォー2本目。有名どころだが、モメサンのハーフを買ってみた。

 グラスに注いだ色は、ごく淡いすみれ色。 確かに新酒っぽくはあるけれど、やはり今年のものは、あまり色鮮やかではないようだ。
 香りは、最初にもわっとバナナ香と、可憐ないちご香があるが、それも 非常に大人しい。
 味は酸のアタックが極めて強く、梅のよう。 タンニンはさらさらと、ほとんど引っかかりがない。ボディが非常にスリムで、 あっさりと喉を過ぎる。新酒らしいフレッシュな香味はすぐに去り、後味も何だか水っぽい。

 やはり今年の新酒は、ここ数年の中では非常にあっさりとした部類であり、 華やかさには乏しい。だが、怪我の功名と言うべきか、このスリムさが食事の邪魔をしないし、 尖った酸味がどこかピノノワールを彷彿とさせる可憐な仕上がりとなっている。
 普段、全部飲み干す前に写真を撮るのだが、今回は忘れていて、写真は空になったボトル。
評定: D 価格 ハーフ1,260円(フルボトル換算2,520円) 購入店: 阪神百貨店本店(大阪市北区)
2012年11月23日 ROUGE
BEAUJOLAIS NOUVEAU / LOUIS GIRARD
ボージョレ・ヌーヴォー / ルイ・ジラール
VINTAGE:2012
Louis Girard Beaujolais Nouveau 2012 FRANCE
フランス
地方: BOUROGOGNE
ブルゴーニュ
地区: BEAUJOLAIS
ボージョレ
AOC: BEAUJOLAIS
ボージョレ
生産者: LOUIS GIRARD 輸入者: コルドンヴェール(株)
review
 今年のヌーヴォー3本目。
 初日にイオンで扱われているヴィラージュを飲んだが、 これは同じくイオンで扱われている普通のヌーヴォー。先日のヴィラージュと同じく、ペットボトル入りだ。

 グラスに注いだ色は、ごく淡いすみれ色だが、やや茶色っぽい。
 香りは、新酒らしいもわっとしたフルーツ香があるが、 バナナというほど甘くはなく、もっとシャープな柑橘系。 それよりも、焼きいも的なほっこり感が強い。
 味は酸のアタックが刺すよう。タンニンもしっかりとしており、引っかかる。 味わいに丸みはなく、やせた印象。

 販売初日に売場で感じたとおり、今年のヌーヴォーは売れ行きが今ひとつのようだ。 未だにたくさん残っている。特に安売りスーパーは、人気の年などは一気に出てしまうものだが、 今年は非常に鈍い。
 事前に不作の年と伝えられていたせいか、大手小売業の宣伝活動も今年は控えめだったような気がする。 それがもろに響いたのではないか。 あるいは景気が今年後半冷え込む中で、消費者の財布のひもが一層固くなっているのだろうか。
 もう少し待っていると、ひょっとすると値下げが始まるかもしれない。
評定: C 価格 880円(本体価格838円+消費税42円) 購入店: グルメシティ(スーパー)
2012年11月25日 ROUGE
BOURGOGNE PINOT NOIR "PAULÉE" / JOSEPH FAIVELEY
ブルゴーニュ ピノ・ノワール "パウレ" / ジョセフ・フェヴレイ
VINTAGE: 2007
Faiveley Bourgogne FRANCE
フランス
地方: BOURGOGNE
ブルゴーニュ
地区:
 
AOC: BOURGOGNE
ブルゴーニュ
生産者: JOSEPH FAIVELEY 輸入者: (株)ラック・コーポレーション
review
 今日は、デパートで買った安ブルゴーニュを。

 外観はごく淡い暗赤色。一般的に安ブルゴーニュに想像される色(淡いルビー)よりは、随分暗い。
 香りはピノらしい赤系ベリー香のほか、動物臭も。そんなにパワーは感じないが、芯が通っている。
 口当たりは、タンニンのアタックが思いの外強い。唇裏にかなりひっかかる感じ。 味わいは酸が鋭いが、ボディはスリムで、後味はさらっと、尻すぼみ。

 もちろんこのクラスだから、パワー不足なのは先刻承知。 導入部のささやかな気品だけで、十分とも言える1本。
評定: C 価格 1,680円(本体価格1,600円+消費税80円) 購入店: 阪神百貨店本店(大阪市北区)

本日までで・・・今月合計7本/今年合計65本/当日記累計1435本
今月のワイン投資額・・・7,288円(本日まで)



[当日記における評価基準]

 絶対評価ではなく、支払う価格に対して内容が見合っているかどうかの評定です。 例えば1,000円のwineなら、ちょうど1,000円の価値あるものがC。同様に5,000円のwineなら、 ちょうど5,000円の価値あるものがCです。

 A = 特質すべき個性。価格に比し、極めて優れたクオリティ。(とってもお買得)
 B = 非凡な特徴があり、価格を上回るクオリティ。(お買得)
 C = 概ね価格に見合ったクオリティ。(価格相当)
 D = 凡庸で特徴に欠ける。価格に比し、やや劣る。(少しもの足りない)
 E = 価格に比し、著しく劣るクオリティ。(買い損)

 なお、各ランクよりやや上回るものに+、やや下回るものに−を付けています。例えばC+とは、 若干価格を上回るクオリティを表します。また、通常の評価枠を超えた素晴らしいものにはAAランクを付与しています。

 HOME  利酒日記のメニューページへ  産地別索引へ  前月へ  翌月へ