利酒日記 kikizakenikki

2017年01月


 HOME  利酒日記のメニューページへ  産地別索引へ  前月へ  翌月へ


2017年1月1日 ROSE SPARKLING
CHANDON BRUT ROSE / AUSTRALIA
シャンドン・ブリュット・ロゼ / オーストラリア
VINTAGE: N.V.
Chandon Brut Rose AUSTRALIA
オーストラリア
地方:
 
地区:
 
AOC:
 
生産者: CHANDON 輸入者: モエ ヘネシー ディアジオ(株)
review
 シャンパーニュのモエ・エ・シャンドンが設立したシャンドン・オーストラリアがつくっているスパークリング。
 毎年、お正月には泡もの(スパークリング)を開けることにしているのだが、 今日はめでたい気分でロゼという意味合いだけでなく、夕食のカニすきに合うだろうということでのチョイスである。 MÉTHODE TRADITIONNELLE(メトード・トラディシォネル=伝統的製法)の文字があり、 シャンパーニュと同じく瓶内二次発酵を行っていることが、高らかにうたわれている。

 色はややくすんだ感じのピンク。当初、泡(form)がきれいに盛り上がり、落ち着くと、 今度はグラスの中を細かい気泡(bubble)が美しく長く立ちのぼる。
 グラスに鼻を近づけると、やや甘いいちごを思わせる可憐な香りがくるが、いわゆる酵母臭も、 弱いながらもちゃんと感じられる。
 味はふくよかな甘味と、それを制するようなフレッシュな酸があって、さらにきめ細かい炭酸の刺激が ピリッと引き締める。 じんわりとアミノ酸的な旨みが広がって、きれいな余韻に繋がる。

 私は仕事の関係で年末年始は忙しく、毎年何処にも出かけられないので、いつも自宅で大人しく食事をしている。 しかも今年は子供が帰ってこないので、夫婦二人だけの静かなお正月。そんな食卓を美しく飾ってくれた、 非常にコストパフォーマンスの良い1本。
 実は 2年前の元日に、同じシャンドンの白(Brut)を飲んでいる。シャンパーニュは高いから、 その代わりにという、まったく同じ意図での選択であった。
評定: AA+ 価格 2,797円(本体価格2,590円+消費税207円) 購入店: 成城石井阪急三番街店(大阪市北区)
2017年1月3日 BLANC
VALDIVIESO CHARDONNAY RESERVA SINGLE VINEYARD / VALLE DE LEYDA
ヴァルディヴィエソ シャルドネ・レゼルヴァ シングル・ヴィンヤード / ヴァレ・ド・レイダ
VINTAGE: 2013
Valdivieso Chardonnay Reserva Single Vineyard 13 CHILE
チリ
地方: LEYDA VALLEY
レイダ・ヴァレー
地区:
 
DO: VALLE DE LEYDA
ヴァレ・ド・レイダ
生産者: VINA VALDIVIESO 輸入者: (株)モトックス
review
 売場で試飲をさせてもらい、「ムルソーと言ったら言い過ぎかもしれませんが、 そのくらいの力強さがあります」という説明に、納得して買った1本。

 外観は淡いゴールドだが、やや黄色みが強い。
 香りは、はちみつ、白桃、パイン、ナッツなどを感じる。華やかで、重厚。
 味は香りの印象ほど重たさはなく、酸がキリッと立っている。その後、フルーツの甘さが来て、 ナッツの香ばしさを若干感じる。テンションが高く、冗長ではない。 後味には軽い苦味とナッティな香ばしさが残る。

 チリらしいふくよかさ、陽気さがあり、そこがブルゴーニュとは明らかに違うのだが、 決してぼやけた味わいではない。パワーと気品の絶妙なバランスが魅力。
評定: A+ 価格1,944円(本体価格1,800円+消費税144円) 購入店: 阪神百貨店本店(大阪市北区)
2017年1月9日 ROUGE
FRONTERA CABERNET SAUVIGNON / CONCHA Y TORO
フロンテラ カベルネ・ソーヴィニヨン / コンチャ・イ・トロ
VINTAGE: 2015
Concha y Toro Cabernet 15 CHILE
チリ
地方:
 
地区:
 
DO:
 
生産者: CONCHA Y TORO 輸入者: メルシャン(株)
review
 これまで何度飲み、掲載しているか分からないチリ大手 CONCHA Y TORO がつくる FRONTERA カベルネ。 2015年ヴィンテージだ。

 色は赤みの強い紫で、エッジはピンク色。これまで、このワインはいかにも若そうな青っぽい色が多かったので、ちょっと意外。
 香りは黒果実、漢方薬と湿布薬、タンスのような乾いた木の香り、土っぽい香りなど、なかなか深く複雑。
 味は香りに感じた土風味が若干あるものの、基本的には軽やかなベリー系の味わい。 タンニンもしなやかで、甘味が強め。やや平板。

 相変わらずコストパフォーマンスの高い1本。600円台でこの内容なら、何の文句があろうか。
評定: A 価格 645円(本体価格598円+消費税47円) 購入店: ダイエー(スーパー)
2017年1月25日 ROUGE
SANTA BY SANTA CAROLINA CARMENÈRE-PETIT VERDOT / SANTA CAROLINA
サンタ・バイ・サンタ・カロリーナ カルメネール・プチヴェルド / サンタ・カロリーナ
VINTAGE: 2015
Santa Carmenere Petit Verdot 15 CHILE
チリ
地方: CENTRAL VALLEY
セントラル・ヴァレー
地区:
 
DO: VALLE CENTRAL
ヴァレ・セントラル
生産者: SANTA CAROLINA 輸入者: サントリーワインインターナショナル(株)
review
 まだ飲んでいないと思って買ったが、昨年4月に既に飲んでいた。 チリ大手サンタ・カロリーナがつくる SANTA シリーズの CARMENERE-PETIT VERDOT 2015年だ。
 飲むのは2度目だが、せっかく飲んだので記録しておきたい。もしかしたら感想が変わるかもしれないし。

 外観はかなり青みの強い濃い紫。ぶどうジュースのようだが、エッジはピンク色で、若い印象。
 香りはインク、黒果実、しょうゆ、漢方薬。
 味は一言でいうと、甘渋い。チョコのような甘さと、唇裏に引っかかる強いタンニン。 酸はマイルド。

 決して上品な味わいではないが、そこがまさにチリらしいところ。 パワフルで、しっかりしたコクが魅力。
 前回飲んだ時はC評価だったが、今回はB評価としたい。ほぼワンコインでこの内容は良いと思えたので。
評定: B 価格 537円(本体価格498円+消費税39円) 購入店: ダイエー(スーパー)
2017年1月30日 ROUGE
CHÂTEAU LES ACACIAS / BORDEAUX
シャトー・レ・ザカシア / ボルドー
VINTAGE: 2014
Chateau les Acacias 14 FRANCE
フランス
地方: BORDEAUX
ボルドー
地区:
 
AOC: BORDEAUX
ボルドー
生産者: CH. LES ACACIAS 輸入者: 東京ヨーロッパ貿易(株)。
review
 過去にコストパフォーマンスの高かった記憶のある Ch.Les Acassia だが、 調べてみたら飲むのは今回が初めてのようである。記憶違いか。

 グラスに注いだ外観は、こっくりと深いガーネット色。エッジはピンク色で若々しい。
 香りは、ボルドーらしい黒果実、皮革のほか、スパイスも感じる。
 味は香りの印象ほどタンニンは強くない。柔らかいタッチなのだが、 甘味は強くない。コクは今ひとつだが、品の良さを感じる。

 典型的な安ボルドー。香りは荘厳で重みがあり、気品を感じるが、 飲むとパワー不足でその点は物足りない。だが、導入部の高級感だけで十分であり、 これ以上この価格で望むのは酷というもの。
評定: C+ 価格 1,390円(本体価格1,287円+消費税103円) 購入店: 成城石井阪急三番街店(大阪市北区)

本日までで・・・今月合計5本/今年合計5本/当日記累計1761本
今月のワイン投資額・・・7,319円(本日まで)



[当日記における評価基準]

 絶対評価ではなく、支払う価格に対して内容が見合っているかどうかの評定です。 例えば1,000円のwineなら、ちょうど1,000円の価値あるものがC。同様に5,000円のwineなら、 ちょうど5,000円の価値あるものがCです。

 A = 特質すべき個性。価格に比し、極めて優れたクオリティ。(とってもお買得)
 B = 非凡な特徴があり、価格を上回るクオリティ。(お買得)
 C = 概ね価格に見合ったクオリティ。(価格相当)
 D = 凡庸で特徴に欠ける。価格に比し、やや劣る。(少しもの足りない)
 E = 価格に比し、著しく劣るクオリティ。(買い損)

 なお、各ランクよりやや上回るものに+、やや下回るものに−を付けています。例えばC+とは、 若干価格を上回るクオリティを表します。また、通常の評価枠を超えた素晴らしいものにはAAランクを付与しています。

 HOME  利酒日記のメニューページへ  産地別索引へ  前月へ  翌月へ