利酒日記 kikizakenikki

2017年10月


 HOME  利酒日記のメニューページへ  産地別索引へ  前月へ  翌月へ


2017年10月6日 ROUGE
WILD PUDA SHIRAZ-CABERNET / ESPIRITU DE CHILE
ワイルド・プーダ シラーズ・カベルネ / エスピリトゥ・デ・チリ
VINTAGE: 2016
Wild Puda Shiraz-Cabernet 16 CHILE
チリ
地方:
 
地区:
 
DO:
 
生産者: ESPIRITU DE CHILE 輸入者: コルドンヴェール(株)
review
 以前にカベルネを飲み、そのコストパフォーマンスの高さに舌を巻いてしまった、 チリの Wild Puda という安ワイン。
 今日はシラーズ・カベルネの2016年ヴィンテージを購入したので、飲んでみたい。

 外観はほぼ黒と言えるくらいに深い青紫。さすがシラーズだが、濃くて暴れた味が想像される。
 香りは、ハッカ又は湿布、墨汁、薬草などのインパクトが強く、 ベースにプルーンみたいな、煮詰まったようなベリー香がある。
 味は意外にも酸が立っていて、ピチピチと若い。 タンニンはごわごわした感じで粗暴だが、甘味がそれほどでもないのと、 弾ける酸味のために、ただ重たいだけのワインではない。

 以前に飲んだ カベルネソーヴィニヨン とは明らかにキャラクターが違い、また、 値段を上回るほどのエレガントさも感じないが、しっかり納得のいく押しの強さではある。
評定: C 価格 734円(本体価格680円+消費税54円) 購入店: ダイエー(スーパー)
2017年10月19日 ROUGE
CASA SUBERCASEAUX CABERNET SAUVIGNON
カーサ・スベルカソー カベルネ・ソーヴィニヨン
VINTAGE:2016
Casa Subercaseaux Cabernet Sauvignon 16 CHILE
チリ
地方:
 
地区:
 
DO:
 
生産者: CASA SUBERCASEAUX 輸入者: メルシャン(株)
review
 コンビニLAWSONで以前から売られている格安チリ。今日は赤のカベルネを飲む。
 前回飲んだのが5年前に2011ヴィンテージであり、5年ぶりの登場となる。

 外観はやや黒みがかったガーネット色。落ち着いている。
 香りはバニラ、黒果実、土など、ボルドーに近い落ち着きがある。
 味はまず酸のアタックが強く、やや軽い印象。良い意味でチリらしくなく、 繊細な品格を感じる。甘味はほんのり。タンニンはなめらか。 パワー不足であることは否めないが、それが決して悪い方向にはいっていない。

 店頭POPに、LAWSONでの売上No.1ワインと書かれていた。確かにこの価格でこの内容は、特筆ものである。 1000円出してももっと見所のないワインは多い。
評定: B 価格 575円(本体価格533円+消費税42円) 購入店: LAWSON(コンビニ)
2017年10月24日 ROUGE
LA CHARTREUSE DE SENAC / BORDEAUX
ラ・シャルトリューズ・ド・セナック / ボルドー
VINTAGE:2015
La Chartreuse de Senac 15 FRANCE
フランス
地方: BORDEAUX
ボルドー
地区:
 
DO:
 
生産者: SICIEL 輸入者: メルシャン(株)
review
 スーパー成城石井がコンビニLAWSONの傘下に入ってから、色々とコラボが進んでいる。このワインもその一つ。
 LAWSON店頭で、成城石井セレクトとして売られている中の1本。 今年の8月に飲んだ CHEVALIER DE LYNCH と同じく税込1,080円で売られている。

 外観は暗めのガーネット。典型的なボルドー色と言える。ただ、そんなに深みはない。
 香りは黒果実、土、黒豆など、落ち着いている。
 味はまず酸が立ってシャープな印象。タンニンはすべすべとなめらか。 繊細で非常に上品だが、やはりパワー不足の感は否めない。

 値段を知らずに飲んだら、1,800円くらい?と思う。決して2千円オーバーとは思わないが、 千円ワインの域は超えている。近所のコンビニでこれだけのものが手に入るのだから、お得で嬉しい。
評定: B 価格 1,080円(本体価格1,000円+消費税80円) 購入店: LAWSON(コンビニ)

本日までで・・・今月合計3本/今年合計37本/当日記累計1793本
今月のワイン投資額・・・2,389円(本日まで)



[当日記における評価基準]

 絶対評価ではなく、支払う価格に対して内容が見合っているかどうかの評定です。 例えば1,000円のwineなら、ちょうど1,000円の価値あるものがC。同様に5,000円のwineなら、 ちょうど5,000円の価値あるものがCです。

 A = 特質すべき個性。価格に比し、極めて優れたクオリティ。(とってもお買得)
 B = 非凡な特徴があり、価格を上回るクオリティ。(お買得)
 C = 概ね価格に見合ったクオリティ。(価格相当)
 D = 凡庸で特徴に欠ける。価格に比し、やや劣る。(少しもの足りない)
 E = 価格に比し、著しく劣るクオリティ。(買い損)

 なお、各ランクよりやや上回るものに+、やや下回るものに−を付けています。例えばC+とは、 若干価格を上回るクオリティを表します。また、通常の評価枠を超えた素晴らしいものにはAAランクを付与しています。

 HOME  利酒日記のメニューページへ  産地別索引へ  前月へ  翌月へ