利酒日記 kikizakenikki

2017年11月


 HOME  利酒日記のメニューページへ  産地別索引へ  前月へ  翌月へ


2017年11月3日 BLANC
REDWOOD CHARDONNAY / CALIFORNIA
レッドウッド・シャルドネ / カリフォルニア
VINTAGE:2014
Redwood Chardonnay 14 AMERICA
アメリカ
州: CALIFORNIA
カリフォルニア
地区:
 
DO:
 
生産者: REDWOOD VINEYARDS 輸入者: (株)オーバーシーズ
review
 少し前にカルディコーヒーファームで購入した、カリフォルニアのシャルドネ。 600円台という安さなので、まったく期待などしないで臨む。

 外観はしっかりとした黄金色。黄色みが強い。
 香りはまったりとしたバニラ香が強く、パインのようなトロピカルな香りとともに、 シャルドネらしく若干フリンティなニュアンスもある。 まったく期待していなかったが、なかなか複雑さがある。
 味はたっぷりと桃のような甘味が豊か。オレンジのようにやや丸い酸と、香りに感じたバニラっぽい、オイリーな感じが強い。 これぞカリフォルニアという、押しの強さ、鮮烈さ。

 こんな値段とは思えない充実度。無論、繊細さは感じられないが、奔放で力強く、 しっかり飲みごたえがあるので、このクラスとすれば何も不足はない。
評定: B 価格 638円(本体価格591円+消費税47円) 購入店: カルディコーヒーファーム江坂店(大阪府吹田市)
2017年11月16日[1] ROUGE  
BEAUJOLAIS NOUVEAU / GUICHARD DE PERREUX
ボージョレ・ヌーヴォー / ギシャール・ド・ペルー
VINTAGE:2017
Guichard de Perreux Beaujolais Nouveau 2017 FRANCE
フランス
地方: BOUROGOGNE
ブルゴーニュ
地区: BEAUJOLAIS
ボージョレ
AOP: BEAUJOLAIS
ボージョレ
生産者: GUICHARD DE PERREUX 輸入者: コルドンヴェール(株)
review
 解禁日につき、ヌーヴォーを飲みたい。
 近所のスーパーで、「飲み比べセット」と称して同じ造り手の通常のボージョレ・ヌーヴォーと ヴィラージュ・ヌーヴォーがセットになって売られていた。それぞれ250mlずつでお手頃なので、 買ってみた。2本セットで税込1,274円であった。
 まずは通常のヌーヴォーから。

 外観はやや濃いめの青紫で、新酒にしては深い色。
 香りは、最初にふわっと焼きいものような甘さが立ち、その下に青ベリー系の甘酸っぱさが潜む。 新酒らしいバナナ香などは感じないし、それほど華やかでもない。
 味は酸がキリッと鋭く立っており、やや刺すような感じがある。果実味は今ひとつ。タンニンはやや強め。 外側だけ固い印象の酒質。

 あまりにも取り柄がなく、褒めようがないというのが正直な感想。今年の特徴というより、 この造り手の実力なのだろう。この調子だと、セットに入っているヴィラージュの方もそう期待はできない。
評定: D 価格 637円(フルボトル換算1,911円) 購入店: ダイエー(スーパー)
2017年11月16日[2] ROUGE  
BEAUJOLAIS VILLAGES NOUVEAU / GUICHARD DE PERREUX
ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー / ギシャール・ド・ペルー
VINTAGE:2017
Guichard de Perreux Beaujolais Villages Nouveau 2017 FRANCE
フランス
地方: BOUROGOGNE
ブルゴーニュ
地区: BEAUJOLAIS
ボージョレ
AOP: BEAUJOLAIS VILLAGES
ボージョレ・ヴィラージュ
生産者: GUICHARD DE PERREUX 輸入者: コルドンヴェール(株)
review
 解禁日につき、ヌーヴォーということで、近所のスーパーで「飲み比べセット」を買ってきた。
 セットの1本目は通常のヌーヴォーだったが、2本目はこのヴィラージュ・ヌーヴォー。 250ml入りミニボトル2本セットで税込1,274円。1本あたり637円である。

 外観は少し明るめの青紫。本日1本目に飲んだ通常のヌーヴォーと比べ、不思議にこちらの方が薄い感じだ。
 香りは、1本目と比べてさらに大人しく、新酒らしいピチピチ感はない。 だが、グラスを回すと甘いベリー香が立ち、少し表情を変える。
 味は1本目の通常のヌーヴォーと同じく酸がキリッと立ってはいるが、刺すような感じはなく、 穏やかで丸い。タンニンはしっかりめ。甘い果実の香味がほんのりと広がる。

 さすがにヴィラージュのほうが少し見所がある。ただ、その違いはわずか。 フレッシュ感はそこそこ。飲みごたえもそこそこ。
評定: C- 価格 637円(フルボトル換算1,911円) 購入店: ダイエー(スーパー)

本日までで・・・今月合計3本/今年合計40本/当日記累計1796本
今月のワイン投資額・・・1,972円(本日まで)



[当日記における評価基準]

 絶対評価ではなく、支払う価格に対して内容が見合っているかどうかの評定です。 例えば1,000円のwineなら、ちょうど1,000円の価値あるものがC。同様に5,000円のwineなら、 ちょうど5,000円の価値あるものがCです。

 A = 特質すべき個性。価格に比し、極めて優れたクオリティ。(とってもお買得)
 B = 非凡な特徴があり、価格を上回るクオリティ。(お買得)
 C = 概ね価格に見合ったクオリティ。(価格相当)
 D = 凡庸で特徴に欠ける。価格に比し、やや劣る。(少しもの足りない)
 E = 価格に比し、著しく劣るクオリティ。(買い損)

 なお、各ランクよりやや上回るものに+、やや下回るものに−を付けています。例えばC+とは、 若干価格を上回るクオリティを表します。また、通常の評価枠を超えた素晴らしいものにはAAランクを付与しています。

 HOME  利酒日記のメニューページへ  産地別索引へ  前月へ  翌月へ