利酒日記 kikizakenikki

2018年09月


 HOME  利酒日記のメニューページへ  産地別索引へ  前月へ  翌月へ


2018年9月11日 ROUGE
LES TANNES EN OCCITANIE MERLOT / PAYS D'OC
レ・タンヌ アン・オクシタニィ メルロー / ペイ・ドック
VINTAGE: 2016
Les Tannes en Occitanie Merlot 16 FRANCE
フランス
地方: LANGUEDOC
ラングドック
地区:
 
IGP: OC
オック
生産者:PAUL MAS 輸入者: (株)モトックス
review
 南仏IGPのメルロー。手頃な値段であり、ハンバーグに合わせるために調達した。

 グラスに注いだ外観は、枯れた赤紫。南仏らしくべたっとした色。但し、エッジはピンク色で若々しい。
 香りでまず感じるのは、チョコのような甘さ。次に黒っぽい果実。 あまり複雑さは感じない。
 口に含むとアタックは柔らかく、香りに感じたチョコのような甘さが広がる。 タンニンはなめらか。少し薬草のニュアンスがあり、酸は丸い。バランスはとても良い。

 PAUL MAS という造り手の名を信じて購入したが、やはり高コストパフォーマンスであった。
**********
 なお、本日「私の飲酒環境」のページを更新し、 新たに調達したグラスを掲載。
 6月に発生した大阪北部地震ですべてのグラスを失いましたが、新たに8月に3種を購入しました。
評定: B 価格 1,188円(本体価格1,100円+消費税88円) 購入店: いかりスーパーJR大阪店(大阪市北区)
2018年9月29日 ROUGE
WILD PUDA CABERNET SAUVIGNON / ESPIRITU DE CHILE
ワイルド・プーダ カベルネ・ソーヴィニヨン / エスピリトゥ・デ・チリ
VINTAGE: 2017
Wild Puda Cabernet Sauvignon 17 CHILE
チリ
地方:
 
地区:
 
DO:
 
生産者: ESPIRITU DE CHILE 輸入者: コルドンヴェール(株)
review
 以前に2015年ヴィンテージを飲んでいるチリ Wild Puda のカベルネ。 近所のイオン系のスーパー(ダイエー)で売られているものだ。
 今日は最新2017年ヴィンテージのものを飲みたい。

 外観はやや透過性のある赤紫色で、エッジはピンク。以前の印象では、もっと青が強く、見るからに若い感じであったが、 今回は赤みが強め。
 香りは、チョコレートと若干の皮革っぽさに、薬草系が混じる。 もし今回がまったく初めての体験であったなら、十分に驚く香りだが、 このワインの威風堂々とした感じは既に体験済であるから、まあ期待どおりというところ。
 味は香りの印象ほど重たくはなく、まず鋭い酸が感じられるのだが、ただ尖っているだけではなく、 甘味とうまく調和している。タンニンは非常にしなやか。 ニューワールドにしては奔放すぎるところがなく、適度な繊細さを持ち合わせている。

 やはり基本がしっかりしているワインという印象だ。 とても600円台なんて思えない。
評定: A+ 価格 626円(本体価格580円+消費税46円) 購入店: ダイエー(スーパー)

本日までで・・・今月合計2本/今年合計27本/当日記累計1829本
今月のワイン投資額・・・1,814円(本日まで)



[当日記における評価基準]

 絶対評価ではなく、支払う価格に対して内容が見合っているかどうかの評定です。 例えば1,000円のwineなら、ちょうど1,000円の価値あるものがC。同様に5,000円のwineなら、 ちょうど5,000円の価値あるものがCです。

 A = 特質すべき個性。価格に比し、極めて優れたクオリティ。(とってもお買得)
 B = 非凡な特徴があり、価格を上回るクオリティ。(お買得)
 C = 概ね価格に見合ったクオリティ。(価格相当)
 D = 凡庸で特徴に欠ける。価格に比し、やや劣る。(少しもの足りない)
 E = 価格に比し、著しく劣るクオリティ。(買い損)

 なお、各ランクよりやや上回るものに+、やや下回るものに−を付けています。例えばC+とは、 若干価格を上回るクオリティを表します。また、通常の評価枠を超えた素晴らしいものにはAAランクを付与しています。

 HOME  利酒日記のメニューページへ  産地別索引へ  前月へ  翌月へ