利酒日記 kikizakenikki

2018年10月


 HOME  利酒日記のメニューページへ  産地別索引へ  前月へ  翌月へ


2018年10月13日 ROUGE  
LONGITUD PINOT NOIR / VALLE CENTRAL
ロンジチュード ピノ・ノワール / ヴァレ・セントラル
VINTAGE: 2017
Longitud Pinot Noir 17 CHILE
チリ
地方: CENTRAL VALLEY
セントラル・ヴァレー
地区:
 
DO: VALLE CENTRAL
ヴァレ・セントラル
生産者: AQUIRRE 輸入者: (株)オーバーシーズ
review
 久々のジャケ買い。
 カルディコーヒーファームで売られていたチリの安ピノ。 値段が値段なので、もとより大きな期待はしていないが、 エチケット(ラベル)の雰囲気が何ともスタイリッシュで、直感的に飲んでみたいと思った。

 外観はごく淡いルビー色。グラスの向こう側が容易に透けて見える。
 香りは、いちごやラズベリーなど、甘酸っぱいベリー香が満載。 やはりブルゴーニュとは違って、かなりフルーティであり、皮革っぽいニュアンスが少しはあるものの、 陽気な香りである。
 だが、味は香りの印象と少し異なり、ニューワールドっぽい甘さは抑えめ。 とにかくキュンとした酸が立っており、シャープ。このシャープさだけでいうと、 ややブルゴーニュ的ではある。果実味が豊かで、タンニンはしなやか。 ほんのり甘味が漂う。

 総菜として買ってきた鴨のローストに合わせるために選んだが、バッチリであった。 under1K(千円未満)でこの品質なら、不足はまったくない。
 LONGITUD(英語ではLONGITUDE)とは「経度」。 但し、西経何度という数値は書いてないから、ワイナリーの位置を示そうとする意図ではなさそうで、 何を暗示しているのかわからない。山の頂にシカのような動物のシルエットが描かれているが、 チリは海岸線から東に向かうとアンデス山脈がそびえており、 高地(即ち栽培適地)を暗示しているようにも思う。
評定: A+ 価格 842円(本体価格780円+消費税62円) 購入店: カルディコーヒーファーム江坂店(大阪府吹田市)

本日までで・・・今月合計1本/今年合計28本/当日記累計1830本
今月のワイン投資額・・・842円(本日まで)



[当日記における評価基準]

 絶対評価ではなく、支払う価格に対して内容が見合っているかどうかの評定です。 例えば1,000円のwineなら、ちょうど1,000円の価値あるものがC。同様に5,000円のwineなら、 ちょうど5,000円の価値あるものがCです。

 A = 特質すべき個性。価格に比し、極めて優れたクオリティ。(とってもお買得)
 B = 非凡な特徴があり、価格を上回るクオリティ。(お買得)
 C = 概ね価格に見合ったクオリティ。(価格相当)
 D = 凡庸で特徴に欠ける。価格に比し、やや劣る。(少しもの足りない)
 E = 価格に比し、著しく劣るクオリティ。(買い損)

 なお、各ランクよりやや上回るものに+、やや下回るものに−を付けています。例えばC+とは、 若干価格を上回るクオリティを表します。また、通常の評価枠を超えた素晴らしいものにはAAランクを付与しています。

 HOME  利酒日記のメニューページへ  産地別索引へ  前月へ  翌月へ