利酒日記 kikizakenikki

2019年04月


 HOME  利酒日記のメニューページへ  産地別索引へ  前月へ  翌月へ


2019年4月11日 ROUGE  
18 CABERNET SAUVIGNON / CENTRAL VALLEY
エイティーン カベルネ・ソーヴィニヨン / セントラル・バレー
VINTAGE: 2018
18 Cabernet 18 CHILE
チリ
地方: CENTRAL VALLEY
セントラル・バレー
地区:
 
DO: CENTRAL VALLEY
セントラル・バレー
生産者: VINEDOS DE AGUIRRE (CLAUDIO GONCALVES) 輸入者: コルドンヴェール(株)
review
 昨年のちょうど今ごろ、2017年ヴィンテージ を飲んだチリの18(eighteen)カベルネ。
 昨年入手時は、セールということでワンコイン以下(400円台)であったが、 今回は626円で入手。これが本来の値段だろうが、これでも十分に安い。だから、自ずと期待などしないで飲む。
 最新ヴィンテージということで、2018年。まさに eighteen だ。

 外観は淡いルビー色。
 香りはブルーベリージャムのような、少し煮詰まった感じのベリー香に、絵の具のような香りも。 適度なふくらみを感じる。
 味は酸が強く、少し粗いタンニンがまとわりつく。ボディはスリムで、か細い。 良くいえば清楚な佇まいのワインだが、単に非力とも言える。

 昨年飲んだ時の印象と少し違う。昨年はもっと若い感じで、もっとさらさらと単調だったよう。 今年のほうが少し熟した感じはあった。
評定: B 価格 626円(本体価格580円+消費税46円) 購入店: ダイエー(スーパー)

本日までで・・・今月合計1本/今年合計15本/当日記累計1854本
今月のワイン投資額・・・626円(本日まで)



[当日記における評価基準]

 絶対評価ではなく、支払う価格に対して内容が見合っているかどうかの評定です。 例えば1,000円のwineなら、ちょうど1,000円の価値あるものがC。同様に5,000円のwineなら、 ちょうど5,000円の価値あるものがCです。

 A = 特質すべき個性。価格に比し、極めて優れたクオリティ。(とってもお買得)
 B = 非凡な特徴があり、価格を上回るクオリティ。(お買得)
 C = 概ね価格に見合ったクオリティ。(価格相当)
 D = 凡庸で特徴に欠ける。価格に比し、やや劣る。(少しもの足りない)
 E = 価格に比し、著しく劣るクオリティ。(買い損)

 なお、各ランクよりやや上回るものに+、やや下回るものに−を付けています。例えばC+とは、 若干価格を上回るクオリティを表します。また、通常の評価枠を超えた素晴らしいものにはAAランクを付与しています。

 HOME  利酒日記のメニューページへ  産地別索引へ  前月へ  翌月へ