利酒日記 kikizakenikki

2019年06月


 HOME  利酒日記のメニューページへ  産地別索引へ  前月へ  翌月へ


2019年6月1日 ROUGE
CASILLERO DEL DIABLO CABERNET SAUVIGNON RESERVA ESPECIAL / CONCHA Y TORO
カッシェロ・デル・ディアブロ カベルネ・ソーヴィニヨン レゼルヴァ・エスペシアル / コンチャ・イ・トロ
VINTAGE: 2017
Casillero del Diablo Cabernet Sauvignon Reserva Especial 17 CHILE
チリ
地方: CENTRAL VALLEY
セントラル・ヴァレー
地区: MAULE VALLEY
マウレ・ヴァレー
DO: CAUQUENES
カウケネス
生産者: CONCHA Y TORO 輸入者: コルドンヴェール(株)
review
 チリの大手コンチャ・イ・トロがつくるカッシェロ・デル・ディアブロシリーズの1本だが、 初めて出会ったので買ってみた。
 RESERVA ESPECIAL と書かれ、特別感のある豪華なパッケージ。 セパージュはカベルネ・ソーヴィニヨン。

 外観は、くすんだ感じの濃いルビー色。チリカベらしく、べたっとした感じで、深い。
 香りは、黒果実の落ち着き、赤果実の甘酸っぱさ、さらに土ぼこりのようなニュアンス、 バニラの甘さがあり、複雑。チリらしい奔放さがありながら、品格も感じさせる。
 味は適度な重たさがあり、凝縮感のある果実味が豊か。 甘酸っぱいが、落ち着きもあり、ジューシーさの中にややトースティな香味を内包。

 想像以上の充実度に驚いた。ボルドーでは同じ千円台でこんなに厚みのあるワインはないであろうから、 このパワフルさは貴重。しかも、ただ濃いだけではない質の良さを感じる。
評定: AA 価格 1,382円(本体価格1,280円+消費税102円) 購入店: やまや小曽根店(大阪府豊中市)
2019年6月3日 ROUGE
CHÂTEAU BASSAC / BORDEAUX
シャトー・バサック / ボルドー
VINTAGE: 2016
Ch.Bassac 16 FRANCE
フランス
地方: BORDEAUX
ボルドー
地区:
 
AOP: BORDEAUX
ボルドー
生産者: CH. BASSAC 輸入者: コルドンヴェール(株)
review
 酒ディスカウント店 やまや で購入したACボルドーのハーフ。

 外観は、くすんだ感じのガーネット色で、エッジはややオレンジ色。 一見、熟成し始めているかのような色だが、熱劣化かもしれない。
 香りは、赤果実、干しぶどうに、トリュフのような土っぽさも加わって、 やはり熟成感がある。
 味は果実っぽい甘酸っぱさに、きのこやダシ汁のような旨味を感じる。 タンニンはまだしっかりと残っているため、熱による過熟ではなさそうだ。 ちょうど良い頃合に熟成し始めた感じだが、むしろこれ以上過ぎると、 パワーをなくしていくのではないかとも思える。

 実は昨年に、2014年ヴィンテージ のものを飲んでいるが、その時の評価は"D"とかなり低かった。
 その時の私自身のコメントと、今回の感想はまったく異なるのだが、 ヴィンテージ差というよりは、ボトル差ではないかと思われる。
 店頭での保管状態は良くなかったはずだが、適度に熱を受けることで、 熟成が進んだのではと考えられる。
評定: A+ 価格 ハーフ505円(本体価格468円+消費税37円) 購入店: やまや小曽根店(大阪府豊中市)
2019年6月6日 ROUGE
神戸ワイン 赤 2019神戸ミートフェア限定ラベル / 神戸みのりの公社
こうべわいん あか 2019こうべみーとふぇあげんていらべる / こうべみのりのこうしゃ
VINTAGE:N.V.
神戸ワイン 赤 2019神戸ミートフェア限定ラベル JAPAN
日本
地方: 兵庫県
兵庫県
地区: 神戸市
神戸市
AOP:
 
生産者: 神戸ワイナリー(神戸市農業公園) 販売者: (一財)神戸みのりの公社
review
 今年のゴールデンウィーク(GW)に神戸市中央区のメリケンパークで行われた 「KOBEメリケンフェスタ2019」で買ってきた1本。
 実は昨年も同じものを買っていて、2年連続である。同フェスタで行われた催しの一つ「2019神戸ミートフェア」 を記念して販売された特別ラベルの神戸ワイン。 セパージュは、Cabernet Sauvignon,Merlot(カベルネ・ソーヴィニヨン,メルロー)と書かれている。

 まず外観だが、やや枯れたようなガーネット色で、非常に透過性が高い。悪くいうと薄い。これは日本ワインらしい特長と言える。
 香りはウメのような尖りがあり、酸っぱそう。そこに土ぼこりのような、鉛筆の芯のような香りが混じる。 若そうでいて少し枯れたニュアンスを併せ持っている。
 味は香りの印象どおり酸がシャープなのだが、繊細さもある。 ただ薄いだけではない。赤いベリー系の甘酸っぱさが、しなやかなタンニンと共に広がる。

 牛がワイングラスを持っているイラストがチャーミングで、さらに「2019神戸ミートフェア」と書かれていて特別感がある。
 私は 昨年 に引き続き、このワインをお土産用として持ち帰ったが、 現地で購入してすぐ飲んでいる人たちもたくさんいた。4人でシェアすれば1人あたり250円。 缶ビール1本程度の値段である。
評定: B 価格 1,000円(本体価格926円+消費税74円) 購入店: 2019神戸ミートフェア会場
2019年6月17日 BLANC  
牛久ワイナリー 葡萄の城 白 / CHATEAU KAMIYA
うしくわいなりー ぶどうのしろ しろ / シャトー・カミヤ
VINTAGE:N.V.
CHATEAU KAMIYA 牛久ワイナリー 葡萄の城 白 JAPAN
日本
地方:
 
地区:
 
AOP:
 
生産者: 合同酒精(株)  
review
 このワインは、もう閉鎖されてしまったワイナリーのもの。 オエノングループが保有していた茨城県牛久市「牛久ワイナリー」(旧名シャトー・カミヤ)の「葡萄の城」という製品。
 当サイトのご協力者 森康哲さん から寄贈して頂いたものである。

 外観は淡いイエローグリーン。
 香りは白桃、パインなど、やや甘ったるい果実香に、少し青臭いような生臭いようなニュアンスが混じる。
 口に含んでみて、少しだけ ひねた感じがあり、やや劣化していることに気づく。 だが限定的であり、飲めないほどではない。熱が当たったことにより過熟となり、 その結果アプリコットみたいな甘さが生まれている。 飲み進めると、香りに感じたパイン的な甘味があり、軽い苦味も感じる。

 裏ラベルには、次のような製品説明がある。
 淡い黄金色。さわやかな柑橘系の香り。心地よい口当りで、ソフトな酸味とほのかな甘みが絶妙なバランスを保っています。
 原料表記は、「輸入ワイン、国産ぶどう、輸入ぶどう果汁使用。酸化防止剤(亜硫酸塩)」とある。 つまり、ワイナリーで産出されたぶどうで造ったわけではなく、輸入ワインすら混ぜている。 スーパー等で売っている、他の大手酒造メーカーの廉価ワインと何ら変わるところがない。
評定: D 価格 購入店: いただきもの

本日までで・・・今月合計4本/今年合計21本/当日記累計1860本
今月のワイン投資額・・・2,887円(本日まで)



[当日記における評価基準]

 絶対評価ではなく、支払う価格に対して内容が見合っているかどうかの評定です。 例えば1,000円のwineなら、ちょうど1,000円の価値あるものがC。同様に5,000円のwineなら、 ちょうど5,000円の価値あるものがCです。

 A = 特質すべき個性。価格に比し、極めて優れたクオリティ。(とってもお買得)
 B = 非凡な特徴があり、価格を上回るクオリティ。(お買得)
 C = 概ね価格に見合ったクオリティ。(価格相当)
 D = 凡庸で特徴に欠ける。価格に比し、やや劣る。(少しもの足りない)
 E = 価格に比し、著しく劣るクオリティ。(買い損)

 なお、各ランクよりやや上回るものに+、やや下回るものに−を付けています。例えばC+とは、 若干価格を上回るクオリティを表します。また、通常の評価枠を超えた素晴らしいものにはAAランクを付与しています。

 HOME  利酒日記のメニューページへ  産地別索引へ  前月へ  翌月へ