時事ネタコラムのページ [利酒日記別室]

2010年1月


2010年1月1日
 元日に感じたこと


 今年の元日は、ずいぶんたくさんのお店が開いていた。 特にどこに出掛けるでもなく、ただ自宅周辺をぶらついただけだが、 昨年との違いが鮮明だった。

 我が家の近所にはおびただしい数のコンビニがあるので、 それだけであまり季節感がないのだが、今年はコンビニ以外にも、大手チェーンを中心に、 元日から普通に営業していた。

 駅周辺のマクドナルドやスターバックスは当然だが、ユニクロも開いていたし、 靴屋さんも書店も開いていた。
 例年だったら元日は閉まっているドーナツやさん(ミスタードーナツ)とか、居酒屋とか、 さらに驚いたのは、携帯電話ショップまで開いていた。 不景気のため、少しでも売上を伸ばすための努力であろう。

 午後から近所の神社に初詣に行ったら、すごい人出であった。 景気が悪いから神頼みというわけでもないだろうが。

 我が家の今年のお正月は、昨年の緊迫感とは打ってかわって、 とても穏やかだ。昨年の元日は、息子が中学受験直前で、朝早くから塾の「正月特訓」授業。 帰ってきたら熱を出し、寝込んでしまうという最悪の事態。 そのあと何とか体調を戻し、所期の目的を達してくれたから今では笑い話だが、 入試期間中は毎朝私が引率し、早い日は朝5時前に起きて暗いうちに家を出たこともあったり、 親としても心安らぐ間のない2009年1月だった(とにかく色々な心模様があったが、 まあ今ここで書くべきことでもないだろう)。

 そのまったく正月気分のなかった昨年に比べると、今年は非常に落ち着いている。 家族全員がつつがなく暮らせている。ありがたいことである。 2009年は私の収入が激減して、相当にシビアであったことは、もう嘆いても仕方ないから、 今年に期待しよう。

 明日は電車で出掛けるので、都心部の繁華街を通る。 早いところではもうバーゲンが始まるようだし、人出はさらに多いだろう。 タウンウォッチングをしてこよう。また、こんなときこそ、なんとか普通に生活できている者の務めとして、 財布のひもを開いて、少しでも景気回復に貢献しよう。
**********

 当サイトは開設11年目に入りました。
 当面の目標は、2222日連続更新ですが、更新を続けるためには、ネタが必要。 面白い製品情報などありましたら、ぜひ教えてください。
 今年も当サイトをよろしくお願いいたします。


2010年1月8日
 またあの日がやってくる


 新年を迎えると、我々関西在住者は、「あの日」を思い出す。

 1995年1月17日。阪神淡路大震災。あの日から、もうすぐ15年がたつ。

 私は直接の被災者ではないが、傾いたビル、ぺしゃんこになった家、下敷きになった車などの光景は忘れられない。 神戸の街はまるで空襲を受けたかのように、暫くの間、無惨な姿だった。 日頃よく阪神間から神戸方面に行っている人間としては、ここまで復興してきたことに、 人間の営みのけなげさ、苦しさみたいなものを感じざるを得ない。

 ここ最近、近畿地方のTVでは、地元関西電力のとても印象的なCMが流されている。

 「1995-2010 KOBE」という文字とともに、神戸の街の灯の映像が最後に映されるそのCMには、 アンジェラ・アキが昨年末の紅白歌合戦で歌った曲「手紙 〜拝啓十五の君へ」がバックに流され、 今年15歳を迎える若者たちがたくさん出てくる。

 このCMが流れるたび、涙が出てしまう。このCMのためにつくられた曲ではないかと 思えるくらい、しっくりと曲が映像になじんでいる。

 一度、下記動画をぜひご覧ください。

 
関西電力 企業イメージCM 「15才の君へ 篇」
  (関西電力のサイトに飛んで動画を再生します。60秒。 Windows Media Player 等の動画再生ソフトが必要です)


2010年1月17日
 合掌


 1995年1月17日から、15年がたった。



 この15年の間に、我が家では、一つの命が生まれ、そして、育っている。

 私の周りでは、今日も普通に時間が流れている。



 
先日、「『あの日』を思い出す。」とここに書いた。 だが、「思い出す」とは、非常に失礼な言葉だと気づいた。

 忘れたくても忘れられない人たちが、たくさんいるというのに。



 こうして、家族全員が揃って、また朝が来るということが、どれほどの奇跡であるか。



 そのありがたさを、いつも、忘れないようにしたい。




 ・・つい先日、ハイチでたいへんな地震があった。想像を絶する被害。 いま、私たちにできることを、やってゆこう。


 HOME  利酒日記のメニューページへ  前月の時事ネタコラム  翌月の時事ネタコラム
 このページは、K氏の葡萄酒的日常利酒日記の別室で、WEBマスターが時事問題などについて、 勝手気ままに書き綴るページです。
 建設的な反論等はwelcomeですが、一方的な抗議のメールなどは受け付けておりません。あしからず。