ビール・発泡酒・チューハイの部屋

No.9321−9340


 HOME  ビール・発泡酒・チューハイの部屋メニューへ戻る  前へ  次へ

2022年4月14日[1]
No.9321: 焼酎ハイボール 強烈パインサイダー割り <限定生産> / 宝酒造
 しょうちゅうはいぼーる きょうれつぱいんさいだーわり <げんていせいさん> / たからしゅぞう
タカラ 焼酎ハイボール 強烈パインサイダー割り タカラ 焼酎ハイボール 強烈パインサイダー割り review
 タカラ焼酎ハイボールの限定品「強烈パインサイダー割り」。 発売日は、4月5日。

 グラスに注いだ液色は、ほんのり淡いゴールド。 注いでいる時、炭酸がジュワジュワと音を立て、その後も大粒の気泡がグラスの中を断続的に立ち昇っている。
 香りは、かなり甘いパイン香。焼酎ハイボールの他種とは違って、アルコール臭はあまり強くない。
 ところが、味は香りの印象とはかなり違う。口に入れた瞬間、ふわっとパインらしい甘さがあるものの、 基本的にスッキリとし、ジューシーさはほとんどない。 アルコール感は強く、キレがある。
 アルコール分7%。無果汁。 原材料名:焼酎(国内製造)、パイナップルエキス、糖類/炭酸、酸味料、香料、カラメル色素。
 缶に「タカラ焼酎ハイボール史上最強の炭酸」と書かれているとおり、ビリビリした刺激が強いために、 わずかにある甘いニュアンスを一刀両断している感じ。その結果、焼酎ハイボールらしいキャラクターに収まっている。
 前回発売 が2020年3月だったので、 およそ2年ぶりであるが、中身は変わっていないようである。
種別 チューハイ・カクテル等
CODE:44665DAEE#09
2022年4月14日[2]
No.9322: QUITTO キレ味抜群 レモンサワー / ゲンキー(製造:三幸食品工業)
 くいっと きれあじばつぐん れもんさわー / げんきー
QUITTO キレ味抜群 レモンサワー QUITTO キレ味抜群 レモンサワー review
 中部地方で店舗展開するドラッグストア ゲンキー のP.B.QUITTO(クイッと)の「レモンサワー」。
 当サイトのご協力者 森康哲さん から寄贈頂いたものだ。

 グラスに注いだ液色は、無色透明。 注いでいる時は炭酸が踊っているが、すぐに静まる。
 香りは、先日飲んだ 居酒屋仕立てハイボールレモン と同様、 キリッと酸味の強そうな、かなり人工的なレモン香。
 味は極めてストイック。甘さがほぼないというか、味がほぼない。 ただ酸っぱい液体という感じだが、アルコール感も強い。 ひたすら透明で、かすかなジューシー感。 触れ込みの通り、キレは抜群。
 アルコール分7%。果汁3%。 原材料名:ウォッカ(国内製造)、レモン果汁、糖類(果糖ぶどう糖液糖、砂糖)、難消化性デキストリン /酸味料、炭酸、香料。 販売者:ゲンキー株式会社 福井県坂井市丸岡町下久米田38-33。 製造場:三幸食品工業株式会社 広島県東広島市安芸津町三津4215番地3。
 先日も感心したばかりだが、このQUITTOというP.B.は、酒呑みのニーズを的確に捉えている。 この製品も果汁らしさはほぼなく、ただ酒臭い。
種別 チューハイ・カクテル等
CODE:44665PRST#UK
2022年4月15日[1]
No.9323: 麒麟特製 豊潤レモンサワー / キリン
 きりんとくせい ほうじゅんれもんさわー / きりん
麒麟特製 豊潤レモンサワー 麒麟特製 豊潤レモンサワー review
麒麟特製 豊潤レモンサワー
 麒麟特製サワー シリーズに新定番「豊潤レモンサワー」が登場。 発売日は、4月12日。

 グラスに注いだ液色は、やや濁りのある薄黄色。気泡は当初踊っているが、程なくして静まる。
 香りは、同社の発酵レモンサワーに近い、かなりコクのありそうなレモン香。 フレッシュ感よりも深みを感じる。
 味は穏やかな酸味に強めの苦味が混じり合い、あまり派手さはない。 但し、当初弱いと思われた酸味も実は強く、次第に酸っぱさを感じるように。 それほどコクや厚みはないけれども、外側の苦味と酸味が強く、キリッとした味わい。 アルコール感も、飲み進めるに従い強くなる。
 アルコール分9%。果汁2.4%。糖類ゼロ。プリン体ゼロ。 原材料名:ウオッカ(国内製造)、レモン浸漬酒、レモン果汁、シトラスエキス/炭酸、 酸味料、香料、甘味料(アセスルファムK)。
 ニュースリリースでは、こだわりのポイントとして次のような説明がある。
@うまみエキス
「麒麟特製」ブランドの特長である、複数の柑橘を12時間以上煮詰める(特許出願中)ことで、 奥行きのあるレモンのうまみを引き出しました。
Aレモン漬け込み酒仕立て
冷凍したレモンをゆっくり低温で漬け込むことで、爽やかで心地よいレモンの果実味と味に厚みを持たせました。
B複数のレモン果汁
果汁本来のおいしさが楽しめる「香りレモン果汁」と、ほろ苦い果皮部分も含んだ「まるごと搾り果汁」を合わせることで、 爽やかな香りと深い味わいを実現しました。
 確かに、爽やかな香りと深い味わい という表現がこの製品の特徴といえる。
種別 チューハイ・カクテル等
CODE:44666DAEE#03
2022年4月15日[2]
No.9324: のんある晩酌 レモンサワー / サントリー
 のんあるばんしゃく れもんさわー / さんとりー
サントリー のんある晩酌 レモンサワー サントリー のんある晩酌 レモンサワー review
 サントリー「のんある晩酌 レモンサワー」が新しくなっている。 発売日は3月1日。例によって遅くなったが、飲んでみたい。

 グラスに注いだ液色は、無色透明だが。気泡は多くなく、炭酸は強くなさそう。
 香りは、基本的にすっきりしたレモン香だが、甘みも少しありそう。なぜかレモンティみたいな匂いのようにも感じる。
 味は香りの印象とは大きく異なり、極めてシャープ。炭酸の刺激とともに、強烈な酸味を感じる。 味に厚みやコクはなく、ひたすら鋭い。キレも抜群で、後口も爽やか。
 果汁1%。アルコール分ゼロ。カロリーゼロ。糖類ゼロ。 原材料名:レモン果汁(イスラエル製造)、焼酎エキス(ノンアルコール)/酸味料、炭酸、香料、 酸化防止剤(ビタミンC)、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)。
 本格的なレモンサワーを思わせる、みずみずしいレモンの香りと、お酒らしい飲み応え。
 お酒らしい飲み応えという表現もおかしいが、確かにお酒っぽいというか、ジュースっぽくはない。 一般的なノンアルチューハイに物足りなさを感じているなら、この製品を選ぶべき。
種別 ノンアルコール飲料
CODE:44666DAEE#46
2022年4月16日[1]
No.9325: −196℃ ストロングゼロ ダブル オレンジ <限定> / サントリー
 まいなす196ど すとろんぐぜろ だぶる おれんじ <げんてい> / さんとりー
サントリー -196℃ストロングゼロ ダブルオレンジ サントリー -196℃ストロングゼロ ダブルオレンジ review
 サントリー -196℃ ストロングゼロシリーズの期間限定「ダブル オレンジ」。 発売日は、4月12日。

 グラスに注いだ液色は、ほんのりと白濁。多量の細かな気泡がグラスの中を立ち昇っている。
 香りは、弾けるような柑橘香。揮発成分の多そうな、苦味も強そうなオレンジ香である。
 味は苦味と酸味が強く、シャープな口当たりだが、軽い甘さもある。アルコール感も強い。 飲み進めると、それらすべての要素がどんどん強烈に感じられる。
 アルコール分9%。オレンジ果汁1.5%。オレンジ浸漬酒使用。プリン体ゼロ。糖類ゼロ。 原材料名:オレンジ、ウオツカ(国内製造)/炭酸、酸味料、香料、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、酸化防止剤(ビタミンC)。
 前回発売は昨年(2021年)7月。およそ9か月ぶりの再登場であるが、 中身は変わっていないようである。
種別 チューハイ・カクテル等
CODE:44667DAEE#04
2022年4月16日[2]
No.9326: TOPVALU BEST PRICE まる搾り レモン / 合同酒精
 とっぷう゛ぁりゅ・べすとぷらいす まるしぼり れもん / ごうどうしゅせい
TOPVALU BEST PRICE まる搾りレモン TOPVALU BEST PRICE まる搾りレモン review
 イオングループP.B.であるTOPVALU BEST PRICE シリーズのチューハイ 「まる搾りレモン」のパッケージが、以前のものとは違うので、購入してみた。

 グラスに注いだ液色は、無色透明。細かな気泡がグラスの中を断続的に立ち昇っている。
 香りは、ややジューシーだが、爽やかなレモン香。酸味だけでなく、甘味も適度にありそう。 アルコール臭はほのか。
 味はキリッと酸味が強く、苦味も強い。甘さは適度。同時にしっかりアルコールも感じられる。 飲み込んだ後には、鋭い酸と軽い苦味が口に残る。
 アルコール分5%。レモン果汁3.0%。プリン体0。シチリア産レモン果汁使用。 原材料名:ウォッカ(国内製造)、スピリッツ、レモン果汁、果糖ぶどう糖液糖。 添加物:炭酸ガス、酸味料、香料。 販売者:イオントップバリュ株式会社 千葉市美浜区中瀬1-4。製造場:合同酒精株式会社 千葉県松戸市上本郷字仲原250番地。
 以前の製品 との違いはよくわからなかった。中身は変わっていないのかもしれない。
種別 チューハイ・カクテル等
CODE:44667DAEE#UK
2022年4月17日[1]
No.9327: 麦とホップ 華やぎの香り <限定醸造> / サッポロ
 むぎとほっぷ はなやぎのかおり <げんていじょうぞう> / さっぽろ
サッポロ 麦とホップ 華やぎの香り サッポロ 麦とホップ 華やぎの香り review
 サッポロ麦とホップの限定「華やぎの香り」。発売日は、4月12日。

 グラスに注いだ液色は、中程度の黄金色。泡は純白でかなりきめ細かく、力強く盛り上がって、泡持ちも悪くない。
 香りは、爽やかで少し甘いホップ香が特徴。基本的に通年品の麦とホップの系統に近い甘さだが、 もっさりした感じはなく、その代わりに清々しさを感じる。
 味は香りの印象どおりやや甘いが爽やか。適度なコクと苦味。 キレが良いところが、通年品とは違う。夏にふさわしい爽やかさ。
 アルコール分5%。原材料名:発泡酒(国内製造)(麦芽、ホップ、大麦)、スピリッツ(大麦)。
 缶に「フルーティで華やかな香り」とあるが、まさにその通り。重たくない味わいなので、飲み飽きない。
種別 新ジャンル
CODE:44668DAKO#05
2022年4月17日[2]
No.9328: TOPVALU BEST PRICE チューハイ まる搾り グレープフルーツ / 合同酒精
 とっぷう゛ぁりゅ・べすとぷらいす ちゅーはい まるしぼり ぐれーぷふるーつ / ごうどうしゅせい
TOPVALU BEST PRICE チューハイ まる搾りグレープフルーツ TOPVALU BEST PRICE チューハイ まる搾りグレープフルーツ review
 イオングループP.B.であるTOPVALU BEST PRICE シリーズのチューハイ 「まる搾りグレープフルーツ」のパッケージが、以前のものとは違うので、購入してみた。

 グラスに注いだ液色は、無色透明。細かな気泡がグラスの中を断続的に立ち昇っている。
 香りは、昔ながらのグレフルチューハイのような、ガムのように甘い柑橘香。というか、人工的な香り。
 口に入れるとまず炭酸のピリッとした刺激があり、同時に穏やかな甘味と軽い苦味が感じられる。 アルコール感は強くない。全体的に軽く、コクがない代わりに甘ったるさもない。 さらっとして、キレも良い。 飲み込んだ後には軽い酸味と苦味が口に残る。
 アルコール分5%。グレープフルーツ果汁4.5%。プリン体0。地中海産グレープフルーツ果汁使用。 原材料名:ウォッカ(国内製造)、スピリッツ、グレープフルーツ果汁、果糖ぶどう糖液糖。 添加物:炭酸ガス、酸味料、香料。 販売者:イオントップバリュ株式会社 千葉市美浜区中瀬1-4。製造場:合同酒精株式会社 千葉県松戸市上本郷字仲原250番地。
 香りは甘いが味はそこまで甘ったるくない。これなら毎日飲んでも飲み飽きないだろう。
種別 チューハイ・カクテル等
CODE:44668DAEE#UK
2022年4月18日[1]
No.9329: 瀬戸内物語 レモンサワー / 三菱食品(製造:オエノンプロダクトサポート)
 せとうちものがたり れもんさわー / みつびししょくひん
三菱食品 瀬戸内物語 レモンサワー 三菱食品 瀬戸内物語 レモンサワー review
 先週、スーパー店頭で偶然遭遇して入手。 三菱食品から発売されている「瀬戸内物語 レモンサワー」。製造は、オエノンプロダクトサポート。

 グラスに注いだ液色は、しっかり白濁。細かな気泡がグラスの中を断続的に立ち昇っている。
 香りは、すっきり爽やかで押しの強くないレモン香。よくある芳香剤っぽい匂いではなく、 非常に穏やかでナチュラルな香りである。
 口当たりもすっきりとピュアな感じ。非常に収斂性の強い酸味の切り込みがあり、 これが炭酸のピリピリ感と相まってシャープな導入部だが、 酸味に厚みがなく、キリッとしていることから、飲みにくさはない。 甘さは抑えられ、苦味が効いている。アルコール感は弱め。 飲み込んだ後にも酸味と苦味が口に残る。
 アルコール分4%。果汁1%。瀬戸内産レモン果汁使用。甘味料不使用。レモン10個分のビタミンC配合。 原材料名:レモン果汁、マイヤーレモンエキス、ウオッカ(国内製造)、砂糖/酸味料、炭酸、香料、ビタミンC。 販売者:三菱食品(株) 東京都文京区小石川1-1-1。 製造場:オエノンプロダクトサポート(株) 兵庫県神戸市灘区新在家中町3-2-28。
 瀬戸内産レモン果汁のスッキリした苦味と酸味、優しい甘さの後味が心地よく広がります。
 調べてみると発売日は4月12日で、姉妹品に 伊予柑サワー もあるらしいが、今のところ未発見である。
種別 チューハイ・カクテル等
CODE:44669KSES#06
2022年4月18日[2]
No.9330: アサヒノンアル シャルドネスパークリングテイスト / アサヒ
 あさひのんある しゃるどねすぱーくりんぐていすと / あさひ
アサヒノンアル シャルドネスパークリングテイスト アサヒノンアル シャルドネスパークリングテイスト review
 業務用商品 アサヒノンアル「シャルドネスパークリングテイスト」。 200mlの小缶入りで、グラスに氷を入れて供されることを前提としているようである。
 当サイトのご協力者 森康哲さん から寄贈されたものであるが、 私自身でも やまや に売られているのを発見した。

 グラスに注いだ液色は、ごく淡いゴールド。非常に細かな気泡が少量立ち昇るのが見える。
 香りは甘い白ぶどう香であり、シャルドネスパークリングテイストの名にふさわしい。
 口当たりはピリッと炭酸の刺激がありながら、甘いジュースのような飲み口。 その甘さは強めかと思いきや、適度に酸味も効いているため、それほどくどさはない。 白ぶどう味の缶チューハイからアルコールだけを取り去った感じで、味の完成度は高い。 飲み込んだ後には、穏やかな甘味が口に残る。
 カロリーゼロ。糖類ゼロ。アルコール0.00%。炭酸飲料。果汁1%。 原材料名:ぶどう果汁(イタリア製造)、発酵ぶどう果汁、食物繊維/炭酸、酸味料、香料、カラメル色素、 甘味料(アセスルファムK、スクラロース)。 販売者:アサヒビール株式会社 東京都墨田区吾妻橋1-23-1。 製造所:株式会社えひめ飲料 神奈川県厚木市緑ヶ丘5-18-2。
 なかなか優秀な出来映えで、お酒代わりとして十分楽しめる。
種別 ノンアルコール飲料
CODE:44669PRST#UK
2022年4月19日[1]
No.9331: 贅沢搾り ライチ <期間限定> / アサヒ
 ぜいたくしぼり らいち <きかんげんてい> / あさひ
アサヒ 贅沢搾り ライチ アサヒ 贅沢搾り ライチ review
 アサヒ 贅沢搾り の期間限定「ライチ」。発売日は、4月19日。 毎年この時季に出ているものである。

 グラスに注いだ液色は、ほぼ無色だが、かすかに白濁。 気泡は少なく、炭酸は強くなさそう。
 香りは、非常に甘味の強そうなライチ香で、とてもシンプル。
 味は香りの印象どおり甘味がたっぷりとしている。 甘味料不使用とのことだから、糖類による甘味だろう。かなり甘いなあと感じるほど。 ただ、味わいがシンプルなので、ライチ味が好きな人にとっては、ど真ん中と言える。
 果汁8%。アルコール分4%。人工甘味料無添加。 原材料名:ウオッカ、ライチ果汁、糖類(国内製造)/炭酸、酸味料、香料。
 中身は昨年 から変わっていないようである。
種別 チューハイ・カクテル等
CODE:44670DAEE#00
2022年4月19日[2]
No.9332: 檸檬堂 鬼レモン / コカ・コーラ
 れもんどう おにれもん / こか・こーら
コカ・コーラ 檸檬堂 鬼レモン コカ・コーラ 檸檬堂 鬼レモン review
コカ・コーラ 檸檬堂 鬼レモン
 今や缶入りレモンサワーの一大勢力であるコカ・コーラ「檸檬堂」。 今年3月29日に無糖レモン(旧カミソリレモン)と うま塩レモン(旧塩レモン)がリニューアルしたのに合わせて、 定番レモン を除く他2種のパッケージも新しくなった。
 というわけで、リニューアルした「鬼レモン」の缶を今日は取り上げたい。

 中身は従来品のままなので、味のレビューは割愛する。
 アルコール分9%。果汁17%。原材料名:レモン(輸入)、スピリッツ、果糖ぶどう糖液糖、食塩/炭酸、酸味料、香料、酸化防止剤(ビタミンC)。 製造者:コカ・コーラボトラーズジャパン(株) 東京都港区赤坂9-7-1。
 ブランド全5種のうち、この 鬼レモン の売り上げは、1位の 定番レモン に次いで2位だという。 ホームランサイズが最初に出されたとき、定番レモン と カミソリレモン の2種だったので、 どうして 鬼レモン を出してくれないのかとの声が多かったとも聞く。そのくらい、熱心なファンが多い商品である。
 アルコール9%でレモンが濃い。こういうわかりやすい商品が、今は受けるのだろう。
種別 チューハイ・カクテル等
CODE:44670KSES#21
2022年4月20日[1]
No.9333: ほろよい クリームソーダサワー <限定> / サントリー
 ほろよい くりーむそーださわー <げんてい> / さんとりー
サントリー ほろよい クリームソーダサワー サントリー ほろよい クリームソーダサワー review
 サントリー ほろよいの限定品「クリームソーダサワー」。 発売日は、4月19日。昨年もこの時期に出ていたものである。

 グラスに注いだ液色は、鮮やかな緑色。かき氷のシロップみたいに、人工的で毒々しい色だ。
 香りは非常に甘い、昔ながらのクリームソーダ。100%人工的といった感じ。
 味も基本的には見た目の通り甘味が強いのだが、あまりコクがないために、それほどべたつく感じはない。 炭酸の刺激が若干引き締めている。 クリームは入っていないが、クリームソーダを飲んだ味に確かに近い。アルコール感は弱い。
 アルコール分3%。無果汁。原材料名:スピリッツ、はちみつ、糖類(国内製造)/炭酸、酸味料、香料、 黄色4号、青色1号。
 甘く爽やかなメロンソーダにクリーム風味を加えた味わいです。
 中身は 昨年 から変わっていないようである。
種別 チューハイ・カクテル等
CODE:44671DAKO#01
2022年4月20日[2]
No.9334: 檸檬堂 はちみつレモン / コカ・コーラ
 れもんどう はちみつれもん / こか・こーら
コカ・コーラ 檸檬堂 はちみつレモン コカ・コーラ 檸檬堂 はちみつレモン review
コカ・コーラ 檸檬堂 はちみつレモン
 今や缶入りレモンサワーの一大勢力であるコカ・コーラ「檸檬堂」。 今年3月29日に無糖レモン(旧カミソリレモン)と うま塩レモン(旧塩レモン)がリニューアルしたのに合わせて、 定番レモン を除く他2種のパッケージも新しくなった。
 昨日、そのリニューアル後の 鬼レモン を取り上げたが、今日は「はちみつレモン」を。

 中身は従来品のままなので、味のレビューは割愛する。
 アルコール分3%。果汁7%。原材料名:果糖ぶどう糖液糖(国内製造)、レモン、スピリッツ、はちみつ、食塩 /炭酸、香料、酸味料、酸化防止剤(ビタミンC)。 製造者:コカ・コーラボトラーズジャパン(株) 東京都港区赤坂9-7-1。
 パッケージのリニューアルポイントがわかりずらいが、従来品にはなかった蜂のイラストが追加されている。
 この製品はアルコール3%であり、シリーズの中で一番低い。はちみつの甘さも適度に効いており、飲みやすい。 強いお酒が苦手な人にもお勧めできる。
種別 チューハイ・カクテル等
CODE:44671KSES#22
2022年4月21日[1]
No.9335: 熟撰 <ファミリーマート限定> / アサヒ
 じゅくせん <ふぁみりーまーとげんてい> / あさひ
アサヒ 熟撰 アサヒ 熟撰 review
アサヒ 熟撰
 料飲店向けの業務用商品として通常はびん入りで供給されている アサヒ「熟撰」(じゅくせん)。
 たまに缶入りがギフト限定商品として年末などに登場したり、 期間限定で一般向けに全国販売されたりする。
 今回は、コンビニのファミリーマート限定で、4月12日に発売された。

 グラスに注いだ液色は、淡い黄金色。泡は純白で概ねきめ細かく、当初はよく盛り上がるが、泡持ちはほどほど。
 香りは、ふわっとした甘さと、副原料由来と思われる穀物っぽい匂いが同居。 いかにもジャパニーズピルスナーだが、アサヒ製品らしく透き通ってクリーンなイメージ。
 口当たりはクリアながら、しっかりとした苦味があり、モルトの力強さを感じさせる旨みがある。 繊細だがほの甘く、どの要素も突出していないバランスの良さがある。 飲み込んだ後にも、じんわりと旨みの余韻が残る。
 アルコール分5.5%。原材料名:麦芽(外国製造又は国内製造(5%未満))、ホップ、米、スターチ。
 缶左肩に「ファミリーマート限定」と書かれた帯があり、 また缶裏には次のような説明文がある。
 これぞ樽生ビールという想いで開発されたこだわりのプレミアムビール。
 厳選された素材、丁寧な仕込み、長期熟成。 普段は飲食店でしか味わえない、アサヒのプレミアムがファミリーマートで数量限定発売。
 アサヒさんはこのビールを通年販売する気はないようだが、ドライの派生商品をギフト用として多種展開するよりも、 こちらをもっとプッシュしたほうがいいのではないかと、個人的には思う。
種別 ビール
CODE:44672FMMTS#09
2022年4月21日[2]
No.9336: TOPVALU BESTPRICE レモンすっきりハイボール / 合同酒精
 とっぷばりゅ・べすとぷらいす れもんすっきりはいぼーる / ごうどうしゅせい
TOPVALU BESTPRICE レモンすっきりハイボール TOPVALU BESTPRICE レモンすっきりハイボール review
 イオン系スーパーで目新しいハイボール缶を発見したので購入した。
 TOPVALU BESTPRICE「レモンすっきりハイボール」。

 グラスに注いだ色は、淡いゴールド。缶入りハイボールの中では、わりとしっかりめの色。 気泡は多くなく、炭酸は強くなさそうに見える。
 香りは、レモンがかなり強調されている。 酸っぱそうだが、ウイスキーの匂いと相まって、コクがありそう。
 口当たりもレモンの酸味がキュッと感じられ、爽やかだが、 ウイスキーの甘味が同時に広がる。 飲みやすいのにコクがあり、後味はすっきり。 非常にバランスが良い。
 アルコール分7%。3年熟成ウイスキー原酒使用。地中海産レモン果汁0.1%使用。 原材料名:スピリッツ(国内製造)、ウイスキー、レモン果汁、糖類。 添加物:炭酸ガス、香料、酸味料、カラメル色素。 販売者:イオントップバリュ株式会社 千葉県千葉市美浜区中瀬1-4。 製造場:合同酒精株式会社 千葉県松戸市上本郷字仲原250番地。
 TOPVALUのハイボール製品というと、正直言ってこれまでちゃんとした飲み応えを感じたことがなかったので、 この進化には驚いた。P.B.の安い販売価格(税別98円)での商品開発力には目を見張るものがある。
 原材料を見れば、添加物がうまく使われ、巧妙に味が整えられていることがわかるが、 それは批難されるべきことではない。
 こんな値段でそもそもちゃんとしたものを求めるほうが無理。 300円には300円の、100円には100円の適正なクオリティというものがある。 この価格ならば、香料でも何でも使ってそれらしい味わいに仕立て上げる開発技術を賞賛すべき。 ただ、製造元のGODOさんがえげつない無理をさせられていないことを願うばかりだが。
種別 チューハイ・カクテル等
CODE:44672DAEE#UK
2022年4月22日[1]
No.9337: 芳醇ぶどうサワー 発酵仕立て / キリン
 ほうじゅんぶどうさわー はっこうじたて / ごうどうしゅせい
キリン 芳醇ぶどうサワー 発酵仕立て キリン 芳醇ぶどうサワー 発酵仕立て review
キリン 芳醇ぶどうサワー 発酵仕立て
 4月19日からLAWSONの「お試し引換券」対象商品となっていた キリン「芳醇ぶどうサワー 発酵仕立て」。 LAWSON限定商品とのことである。

 グラスに注いだ色は、透過性のある紫色。若干濁りがあるように見える。 気泡は少なく、炭酸は強くなさそう。
 香りは、コクのありそうな甘いぶどう香だが、甘ったるい感じはそんなにしない。 適度に爽やかさのあるグレープソーダといった感じだ。
 味はやはり甘味が穏やか。口に入れた時の炭酸のピリッとした刺激とともに、 果皮の苦みみたいなものも感じる。コクやボリューム感はあまりなく、ストイックな味わい。 飲み込んだ後にも、軽い苦味が口に残る。
 アルコール分6%。果汁3.2%。 原材料名:ぶどう果汁、発酵ぶどう果汁、スピリッツ(国内製造)、糖類/炭酸、酸味料、香料、ぶどう果汁色素、 カラメル色素。
 芳醇というほどの深みはなく、ある意味裏切られた。でもそれは良い意味での裏切りだ。 甘ったるさがないから飲み飽きず、それでいてしっかりとぶどうを感じる。軟派な缶デザインに、硬派な中身。
種別 チューハイ・カクテル等
CODE:44673LSEM#03
2022年4月22日[2]
No.9338: サザンスター 華やかホップ / オリオン
 さざんすたー はなやかほっぷ / おりおん
オリオン サザンスター 華やかホップ オリオン サザンスター 華やかホップ review
 オリオン サザンスター の派生商品「華やかホップ」。 発売日は4月5日。
 限定品ではなく、新たな通年商品のようである。

 グラスに注いだ液色は、淡い黄金色。泡は純白で概ねきめ細かいが、泡持ちはほどほど。
 香りは「華やかホップ」というほど華やかではないが、 ふわっと甘く優しい。但し、発泡酒特有の雑穀臭のようなものが少し混じる。
 味は非常に軽快。苦味が穏やかで、スッキリとした味わい。 コクがないことを除けば、発泡酒特有の臭みは弱く、キレも良い。
 アルコール分5%。沖縄県産米使用。 原材料名:発泡酒(国内製造)(麦芽、ホップ、大麦、米、コーン、スターチ、糖類)、 スピリッツ(大麦)/香料。
 原材料に 香料 とあるので、後から香りを付けていることが窺える。 しかし、不自然さのない仕上がりである。
 なお、従来からある サザンスター(青色缶)も今回リニューアルしているようなのだが、未入手である。 また、シリーズには赤、黒もあったが、終売となったようである。
種別 新ジャンル
CODE:44673WALIUM#17
2022年4月23日[1]
No.9339: 75BEER ペールエール / オリオン
 なごびーる ぺーるえーる / おりおん
オリオン 75BEER PALE ALE オリオン 75BEER PALE ALE review
オリオン 75BEER PALE ALE
 オリオン 75ビール の数量限定派生商品「ペールエール」。 発売日は、3月29日。

 グラスに注いだ液色は、オレンジがかった透明感のある黄金色。 泡はベージュ色できめ細かいが、サワサワと盛り上がった後、すぐに減衰。
 香りは、かすかにロースティなニュアンスをまとって甘いが、落ち着いている。
 味は強めの苦味に軽い甘味とジューシー感。しっかりモルトの存在感を感じるものの、 基本的にまろやかで、押しは強くない。なめらかな舌触りと飲み口。穏やかな余韻。
 アルコール分5%。原材料名:麦芽(外国製造)、ホップ、大麦。 製造者:オリオンビール株式会社 沖縄県豊見城市豊崎1-411。 製造所:沖縄県名護市東江2-2-1。
 75ビールは通年品としてピルスナーとIPAがあるが、このペールエールもぜひ通年販売してほしいくらいに完成度が高い。
種別 ビール
CODE:44674WALIUM#25
2022年4月23日[2]
No.9340: 檸檬堂 うま塩レモン ホームランサイズ / コカ・コーラ
 れもんどう うましおれもん ほーむらんさいず / こか・こーら
コカ・コーラ 檸檬堂 うま塩レモン ホームランサイズ コカ・コーラ 檸檬堂 うま塩レモン ホームランサイズ review
 コカ・コーラ 檸檬堂 うま塩レモン ホームランサイズ。
 うま塩レモン 自体は、以前の 塩レモン をリニューアルしたもので、3月29日の発売。既にレギュラー缶(350ml)はレビューを済ませている。
 この ホームランサイズ は単に容量の多い500ml缶であり、中身はレギュラー缶と同じであるため、 味のレビューは割愛する。
 アルコール分7%。果汁7%。原材料名:レモン(輸入)、スピリッツ、果糖ぶどう糖液糖、食塩/炭酸、香料、酸味料、酸化防止剤(ビタミンC)。
 アルコール7%は、檸檬堂ブランドの中で 鬼レモン(9%)に次いで2番目に強い商品である。 それをたっぷり500ml飲めるのだから、酒呑み御用達商品である。
種別 チューハイ・カクテル等
CODE:44674SEST#25

 HOME  ビール・発泡酒・チューハイの部屋メニューへ戻る  前へ  次へ