日本酒の小部屋

No.221−240


 HOME  ビール・発泡酒・チューハイの部屋へ  日本酒の小部屋メニューへ戻る  前へ  次へ

2021年3月20日
No.221: 月桂冠 山田錦純米
 げっけいかん やまだにしきじゅんまい
月桂冠 山田錦純米 review
 清酒月桂冠から出ている「山田錦純米」。
 自分で購入したわけではなく、 当サイトのご協力者 森康哲さん から寄贈されたものである。

 外観はほぼ無色透明だが、ほんのり黄色っぽくも見える。曇りはない。
 香りは純米酒らしく、甘くふくよかだが、さらっとしていて、べたつく感じはない。
 味は甘みがあっさり、ふわっと広がり、少し苦味を伴う。 純米だが表示のとおり「辛口」。ただ、辛いのにある程度濃醇という、不思議なふくらみがある。
 アルコール分:14度以上15度未満。原材料名:米(国産)、米麹(国産米)。精米歩合70%。
 深みやふくよかさにはやや欠けるが、カジュアルで飲みやすい純米酒として、 応用範囲は広い。
製造者:月桂冠株式会社
2021年3月21日
No.222: 鷲林寺 純米吟醸
 じゅうりんじ じゅんまいぎんじょう
いかり 鷲林寺 純米吟醸 review
 関西の高品質スーパーである いかりスーパー で売られているオリジナル清酒。 関西以外の方はご存じないと思われるが、いかりスーパーは、東京の 成城石井 のような存在。 但し、成城石井はいまや関西にも多数店舗が存在する全国区であるが、 「いかり」は発祥の阪神間を中心とするごく狭いエリアにしか店舗が存在しない。 関西土着のハイソな食品スーパーである。大阪梅田などでは、仲良く成城石井と共存している。
 「鷲林寺」というのは兵庫県西宮市にある実際の寺。 その名前を戴いた純米吟醸酒。180mlの小瓶入りである。

 外観は透明で曇りなし。
 香りはわずかに甘く、純米酒にしてはかなりスリムな印象。
 口に含むと、まずほんのりと甘さを感じるが、ボリューム感はあまりなく、キリッとした苦味も感じられる。 あっさりとしながらも旨みがあり、それは飲み込んだ後にも余韻として長く残る。
 アルコール分:17度。原材料名:米(国産)、米こうじ(国産米)。精米歩合60%。 製造者:櫻正宗株式会社 神戸市東灘区魚崎南町五丁目10番1号。 販売元:(株)いかりスーパーマーケット 兵庫県尼崎市塚口町一丁目15番地の8。
 しっかりと旨みがありながら後キレも良く、うまくバランスの取れた純米吟醸酒。
製造者:櫻正宗株式会社
2021年4月7日
No.223: 黒牛 純米酒 / 名手酒造店
 くろうし じゅんまいしゅ / なてしゅぞうてん
名手酒造 黒牛 純米酒 review
 和歌山県海南市の名手酒造店というところがつくる「黒牛」という名の純米酒。

 外観は少し黄色だが、曇りはない。
 香りは甘さが重く、深く、コクのありそうな味わいが想像される。
 味は香りの印象どおり甘みが強く、濃醇。べたつくくらいの甘さで、コク深い。 但し、軽い苦味も伴うので、適度にキレもある。もたついてはいない。 ふくよかな余韻が残る。
 アルコール分:15度以上16度未満。原材料名:米(国産)、米こうじ(国産米)。精米歩合 麹米50%、掛米60%。 製造者:株式会社名手酒造店 和歌山県海南市黒江846。
 純米酒らしい魅力の詰まった素朴な酒。やさしい味わいで、応用範囲は広い。
製造者:株式会社名手酒造店
2021年5月1日
No.224: 獺祭 純米大吟醸 磨き二割三分 / 旭酒造
 だっさい じゅんまいだいぎんじょう みがきにわりさんぶ / あさひしゅぞう
獺祭 純米大吟醸 磨き二割三分 review
 今や日本酒にあまり馴染みのない人にも名前だけは知られているかもしれない「獺祭」(だっさい)。 今日飲むのは、純米大吟醸「磨き二割三分」の720mlびん。
 だいぶ前(昨年)に人から戴いていたもの。そもそもこんな高い酒を、自分では買わない。 それだけに、なかなか開ける機会がなかった。

 外観はほぼ透明に近いが、ほんのりと淡い黄色。
 香りはねっとりといった表現がぴったりくるくらいに甘さを湛えている。 反面、大吟醸でありながら、吟醸香はそんなに強烈ではない。ほのかに青臭く、フレッシュ感がある。
 味は熟したメロンのような甘さを感じる。とても柔らかく、角がない。 ふんわりとした旨味が広がる。香りの印象ほど重たさはない。
 アルコール分:16度。原材料名:米(国産)、米こうじ(国産米)。精米歩合23%。 旭酒造(株)、山口県岩国市周東町獺越2167番地4。
 磨き二割三分すなわち精米歩合23%は、米を77%削っているということである。 極めて贅沢な大吟醸であるが、滑らかで清らかな味わいは、日本酒嫌いでも飲める。
 獺祭については、工場でコンピュータ制御の下に生産されるいわば工業製品であり、 杜氏不要で大量生産可能ということから、いわゆる日本酒通の間では、すこぶる評判が悪い。 だから、旧来からの伝統的製法を守っている蔵元の製品と、同列に語ってはいけないと、私も思う。
 だが、その一方で、嗜好品である以上、多くの人が「おいしい」と感じるのならそれは評価されるべきで、 かたくなに拒絶するのもまたおかしいと思う。
 伝統をかたくなに守ろうという姿勢によって時代から取り残され、支持を失って、 業界全体が衰退していく。かつて清酒業界は、そういった危機に直面していたのではなかったか。 そのあたり、大手メーカーもライトな清酒を開発したり、おしゃれなボトルに詰めたり、工夫は行っている。
 獺祭は獺祭という飲み物だと理解して、この味を楽しめばそれでいい。私はそう考える。
製造者:旭酒造(株)
2021年9月6日
No.225: 松竹梅白壁蔵 澪 イチゴのような香り <期間限定> / 宝酒造
 しょうちくばい しらかべぐら みお いちごのようなかおり <きかんげんてい> / たからしゅぞう
松竹梅 澪 イチゴのような香り review
 宝酒造の「澪」(みお)が今年(2021年)6月21日に発売10周年を迎えるのを記念して、 同日に発売された「松竹梅白壁蔵「澪」スパークリング清酒 10thAnniversary <イチゴのような香り>」。 発売からもう2か月以上経ってしまったが、やっと入手した。

 グラスに注いだ液色は、無色透明。当初は大きな気泡が勢いよく踊って泡が立つが、すぐに減衰して、 その後は細かな気泡がグラスの中を立ち昇っている。
 香りを嗅ぐと、確かにいちごのような香りがする。間違いなく清酒ではあるけれど、とてもフルーティで甘酸っぱい香り。 いちごにクリームが混じったような感じなので、まるでショートケーキみたいな匂いだ。
 味は香りの印象通りとても甘酸っぱい。発酵臭が加わるので、まるでヨーグルトっぽい香味。 コクが深く、甘い余韻が残る。
 アルコール分:5度。原材料名:米(国産)、米麹(国産米)/炭酸。

 松竹梅白壁蔵「澪」10周年記念商品
 イチゴのような香りと、お米うまれのやさしい甘みが特長のスパークリング清酒です。
 この商品は、アンバサダーを務めるフィギュアスケーターの浅田真央さんの監修によるものということで、 ラベルには、彼女が描いたイラストが用いられている。
製造者:宝酒造(株)

 HOME  ビール・発泡酒・チューハイの部屋へ  日本酒の小部屋メニューへ戻る  前へ  次へ