利酒日記 kikizakenikki

2021年06月


 HOME  利酒日記のメニューページへ  産地別索引へ  前月へ  翌月へ


2021年6月5日 ROUGE
MELCHIOR LE GRAND / BORDEAUX
メルシオール・ル・グラン / ボルドー
VINTAGE: 2019
Melchior le Grand 19 FRANCE
フランス
地方: BORDEAUX
ボルドー
地区:
 
AOP: BORDEAUX
ボルドー
生産者: VINOVALIE 輸入者: (株)ベルーナ
review
 外出する機会がめっきり減り、重たいwineを買ってくるのも大変なので、 ネット購入の比率を上げようと考えている。
 ダース単位で買おうと思い、ワインセットなどのキーワードで検索したところ、 格安なセットをみつけたので注文した。
 通販のベルーナが運営している My Wine Clubというサイトが、 Yahoo! にも出店していたので、ボルドー金賞赤ワイン12本セットを購入。 価格はなんと送料込みで10,998円。1本当たり千円未満なので、当然大きな期待などはしていない。 どうせ日常の食事に合わせるのだから、気楽に飲めればいい。
 今日は1本目として、Melchior le Grand というACボルドーを飲む。

 外観は明るい赤紫色で、エッジは薄紫。若々しい見た目。
 香りは赤い果実と紫色の花。そこはかとなく、ふかし芋みたいな甘い匂いが立ち、実際かなり若い。
 味はベリー系の甘酸っぱさ主体で、その酸はキリッとしている。タンニンはしなやか。 軽い苦味を伴って繊細。だが、ポテンシャルは当然ながらあまり感じない。 熟成させてもへたるだけだろう。

 千円未満ということを考えれば、B評価をつけてもいい。ただ、単体での通常価格は2,068円らしいから、 それを前提にするとそんなに高い評価はできない。
評定: C- 価格 12本セット10,998円(1本あたり916.5円) 購入店: My Wine Club PayPayモール店
2021年6月6日 ROUGE
JAUBERT / BORDEAUX
ジョーベール / ボルドー
VINTAGE: 2019
Jaubert 19 FRANCE
フランス
地方: BORDEAUX
ボルドー
地区:
 
AOP: BORDEAUX
ボルドー
生産者: MAISON JAUBERT 輸入者: (株)ベルーナ
review
 昨日に引き続き、ネットで購入したボルドー。
 通販のベルーナが運営している My Wine Clubというサイトで 10,998円で売られている12本セットのうちの1本。 なんと1本当たり916.5円。
 今日飲むのは、JAUBERT というACボルドーである。

 外観は暗いガーネット色で、エッジは薄茶色。若いはずなのに、若くなさそうな見た目。
 香りは引き締まった黒果実香に、バニラのふくよかな甘さ。 かなり艶やかな印象である。
 味は香りに感じたバニラやバターみたいな脂っこい芳醇な甘さがまず感じられるが、 果実味もしっかり。タンニンはかなり荒さを残している。 この荒削りのパワーから、ポテンシャルを感じる。

 単体での通常価格は1,408円とのことだが、それを前提にしてもかなりのお買い得。 掘り出し物と言ってもいいレベル。
評定: A+ 価格 12本セット10,998円(1本あたり916.5円) 購入店: My Wine Club PayPayモール店
2021年6月8日 CIDRE
CIDRE トキりんご <期間限定> / NIKKA
しーどる ときりんご <きかんげんてい> / ニッカ
VINTAGE: N.V.
NIKKA CIDRE トキりんご JAPAN
日本
地方:
 
地区:
 
DO:
 
生産者: ニッカウヰスキー(株) 販売者: アサヒビール(株)
review
 ニッカシードルの期間限定「トキりんご」。
 発売日は、6月1日であった。

 外観は、極めて淡いゴールド。 多量の細かな気泡が、断続的に美しく立ち昇っている。
 香りは、トキらしく甘さを湛えながらも、同時に酸味も感じさせる複層的な香り。
 味も香りの印象どおり、キュンとした酸味と穏やかな甘味が両方感じられる。 ぼやけていないところが、ニッカシードルらしい。 若々しくもふくよかな味わい。
 アルコール分3%。原材料:リンゴ(日本産)/炭酸、リンゴ酸、酸化防止剤(亜硫酸塩)。
 2019年6月〜8月までの出荷予定
 爽やかな甘みと香りが強く、穏やかな酸味が特長の黄色リンゴ品種「トキ」を使用しました。
 昨年も出ていたはずだが、入手していなかったので、2年ぶりに飲んだ。 甘味の強い品種を、ぼやけた味にならないように、うまくまとめているのはさすがである。
評定: B 価格 180ml入り283円 購入店: ダイエー(スーパー)
2021年6月10日 ROUGE
CHÂTEAU GRAND ROLLAND / BORDEAUX
シャドー・グラン・ロラン / ボルドー
VINTAGE: 2019
Ch.Grand Rolland 19 FRANCE
フランス
地方: BORDEAUX
ボルドー
地区:
 
AOP: BORDEAUX
ボルドー
生産者: CH. GRAND ROLLAND 輸入者: (株)ベルーナ
review
 通販のベルーナが運営している My Wine Clubというサイトで 10,998円で売られている12本セットのうちの1本。 なんと1本当たり916.5円。
 これまで2本開けたが、3本目に飲むのは、CH. GRAND ROLLAND というACボルドーである。

 外観は黒みの強い赤紫色で、エッジは薄紫色。
 香りは黒果実、漢方薬あるいは養命酒みたいなハーブ香、しょうゆ、セメダインみたいなツンとした香りなど。 アルコール感がとても強い。
 味はまず酸のアタックが極めてシャープ。キリッとしている。タンニンも強く粗暴な印象。 甘味やコクは弱く、余韻も短い。

 セパージュはメルロー80%、カベルネソービニヨン20%とのことだが、 メルローらしい滑らかさや深みは感じられなかった。
 単体での通常価格は1,958円らしい。それを前提とすると、厳しい評価とせざるを得ない。
評定: C- 価格 12本セット10,998円(1本あたり916.5円) 購入店: My Wine Club PayPayモール店
2021年6月17日 CIDRE  
おいしい酸化防止剤無添加ワイン シードル / MERCIAN
おいしいさんかぼうしざいむてんかわいん しーどる / めるしゃん
VINTAGE: N.V.
MERCIAN CIDRE JAPAN
日本
地方:
 
地区:
 
DO:
 
生産者: メルシャン(株) 販売者: メルシャン(株)
review
 メルシャンのボトル缶入りシードルをセブンイレブンで見つけたので、買ってみた。

 外観は、やや濁りのある薄黄色。 透明タイプのりんごジュースに少しだけ混濁タイプを混ぜたかのような色。 濁りがあるゆえ、気泡があまり見えない。
 香りは、少し鉄分を感じるりんご香で、甘味がかなりありそう。
 味も香りの印象どおり、柔らかな酸味と甘味を感じる。 チューハイに近いようなやさしい飲み口なので、スパークリングワインを飲み慣れない人にも取っつきやすそう。
 アルコール分5%。原材料名:濃縮還元りんご果汁(外国産)、りんご果汁(国産)/炭酸、リンゴ酸。 甘辛度:さわやかな甘口。酸味:ほどよい酸味。
 酸化防止剤を添加せずに、りんご果汁100%を使用して丁寧に造った りんごのスパークリングワインです。りんご本来の自然な甘さと酸味、微発泡による心地よい爽快かkをお楽しみください。
 NIKKA CIDRE SWEET くらいの甘さ設定だが、しっかりしたワイン感という点では、 残念ながらNIKKA製品には及ばない。
評定: C- 価格 290ml入り327円 購入店: セブンイレブン(コンビニ)

本日までで・・・今月合計4本/今年合計27本/当日記累計1998本
今月のワイン投資額・・・3,032.5円(本日まで)



[当日記における評価基準]

 絶対評価ではなく、支払う価格に対して内容が見合っているかどうかの評定です。 例えば1,000円のwineなら、ちょうど1,000円の価値あるものがC。同様に5,000円のwineなら、 ちょうど5,000円の価値あるものがCです。

 A = 特質すべき個性。価格に比し、極めて優れたクオリティ。(とってもお買得)
 B = 非凡な特徴があり、価格を上回るクオリティ。(お買得)
 C = 概ね価格に見合ったクオリティ。(価格相当)
 D = 凡庸で特徴に欠ける。価格に比し、やや劣る。(少しもの足りない)
 E = 価格に比し、著しく劣るクオリティ。(買い損)

 なお、各ランクよりやや上回るものに+、やや下回るものに−を付けています。例えばC+とは、 若干価格を上回るクオリティを表します。また、通常の評価枠を超えた素晴らしいものにはAAランクを付与しています。

 HOME  利酒日記のメニューページへ  産地別索引へ  前月へ  翌月へ