利酒日記 kikizakenikki

2021年07月


 HOME  利酒日記のメニューページへ  産地別索引へ  前月へ  翌月へ


2021年7月3日 ROUGE
BARON PHILÉMON COURTOIS / BORDEAUX
バロン・フィレモン・クルトワ / ボルドー
VINTAGE: 2019
Baron Philemon Courtois 19 FRANCE
フランス
地方: BORDEAUX
ボルドー
地区:
 
AOP: BORDEAUX
ボルドー
生産者: VINOVALIE 輸入者: (株)ベルーナ
review
 通販のベルーナが運営している My Wine Clubというサイトで 10,998円で売られている12本セットのうちの1本。 なんと1本当たり916.5円。
 これまで4本開けたが、5本目に飲むのは、BARON PHILEMON COURTOIS というACボルドーである。

 外観は淡い青紫色。透過性があり、かなり薄い印象。エッジは薄紫色。
 香りは赤果実の甘酸っぱさに、オリーブのような黒っぽい香り。 深いアルコール感があり、干しぶどう的な香りもする。
 味は甘味がほんのりとし、タンニンはしなやか。 滑らかな舌触りと、柔らかなコク。 バランスは悪くないが、小さくまとまっている。

 セパージュはメルロー80%、カベルネソービニヨン15%、カベルネフラン5%とのことだが、 メルローらしい深みはあまり感じられなかった。
 単体での通常価格は2,068円。それを前提とすると、厳しい評価とせざるを得ない。
評定: C- 価格 12本セット10,998円(1本あたり916.5円) 購入店: My Wine Club PayPayモール店
2021年7月12日 ROUGE
PRIEURÉ ST-FLAURENT / BORDEAUX
プリゥーレ・サン・フローラン / ボルドー
VINTAGE: 2019
Prieure St.Flaurent 19 FRANCE
フランス
地方: BORDEAUX
ボルドー
地区:
 
AOP: BORDEAUX
ボルドー
生産者: SVS 輸入者: (株)ベルーナ
review
 通販のベルーナが運営している My Wine Clubというサイトで 10,998円で売られている12本セットのうちの1本。 なんと1本当たり916.5円。
 これまで5本開けたが、6本目に飲むのは、PRIEURE ST-FLAURENT というACボルドーである。

 外観は淡いガーネット色。やや透過性があり、エッジはピンク〜薄紫色。
 香りはしょうゆを煮詰めたような感じに、赤果実香。さらにはキノコのような土っぽさ。 アルコール感は深い。
 味は丸い甘味がまず感じられ、適度なコクがある。赤果実的なピチピチした酸味も。 タンニンは弱からず。バランスは悪くないが、傑出した要素もない。

 セパージュはメルロー70%、カベルネソービニヨン15%、カベルネフラン15%。
 単体での通常価格は1,958円。それを前提とすると、ちょっと物足りない。
 なお、仏語がわかる人には説明不要だが、"St"は、"Saint"(サン/英語のセイント)の省略形で、 聖なる〜という意味である。
評定: C- 価格 12本セット10,998円(1本あたり916.5円) 購入店: My Wine Club PayPayモール店
2021年7月17日 ROUGE
BILLAUD / BORDEAUX
ビヨー / ボルドー
VINTAGE: 2019
Billaud 19 FRANCE
フランス
地方: BORDEAUX
ボルドー
地区:
 
AOP: BORDEAUX
ボルドー
生産者: - 輸入者: (株)ベルーナ
review
 通販のベルーナが運営している My Wine Clubというサイトで 10,998円で売られている12本セットのうちの1本。 なんと1本当たり916.5円。
 これまで6本開けたが、7本目に飲むのは、BILLAUD というACボルドーである。

 外観は暗めのガーネット色。やや透過性があり、エッジはオレンジ色。
 香りは黒果実、黒豆の醤油煮、干しぶどうなどのほか、アクリルケースみたいな匂いがする。
 味は柑橘のような酸のアタックが強いが、その後が続かない。コクは乏しく、深みを感じない。 タンニンは滑らか。

 セパージュはメルロー&カベルネソービニヨンとのことだが、比率は不明。
 単体での通常価格は1,958円。それを前提とすると、残念なレベル。
評定: D 価格 12本セット10,998円(1本あたり916.5円) 購入店: My Wine Club PayPayモール店
2021年7月18日 BLANC  
CALVISSON LES VIGNERONS CHARDONNAY / PAYS D'OC
カルヴィソン・レ・ヴィニュロン シャルドネ / ペイ・ドック
VINTAGE: 2019
Calvisson les Vignerons Chardonnay 19 FRANCE
フランス
地方: LANGUEDOC
ラングドック
地区:
 
IGP: PAYS D'OC
ペイ・ドック
生産者: CALVISSON LES VIGNEROS 輸入者: (株)ボンド商会
review
 I.G.P.ペイドック CALVISSON のシャルドネ。
 これまで赤の カベルネメルロー は飲んだことがあるのだが、 白は初めてである。

 外観はごく淡いレモンイエロー。
 香りはオレンジのような丸い酸に、白い花、ソフトクリームみたいな甘いニュアンスが混じる。
 味は甘みがたっぷりとし、ややぼやけた印象。香りに感じたオレンジ的甘酸っぱさが中心で、 単調さは否めない。ピリッと少し苦味も感じる。

 赤の2種を飲んだ時の経験から、このワインはかなり凡庸な味わいであろうことは想像していた。 やはり取り立てて長所がなく、ゴクゴク気軽に飲むべきものだと感じた。
 但し、今日の我が家の夕食にはぴったりだった。 生ハムとクリームチーズのサラダに。いかのトマトソース煮(パプリカとズッキーニ入り)に。 いずれも馴染んで、おいしく頂けた。
評定: C- 価格 979円(本体価格890円+消費税89円) 購入店: いかりスーパーJR大阪店(大阪市北区)

本日までで・・・今月合計4本/今年合計34本/当日記累計2005本
今月のワイン投資額・・・3,728.5円(本日まで)



[当日記における評価基準]

 絶対評価ではなく、支払う価格に対して内容が見合っているかどうかの評定です。 例えば1,000円のwineなら、ちょうど1,000円の価値あるものがC。同様に5,000円のwineなら、 ちょうど5,000円の価値あるものがCです。

 A = 特質すべき個性。価格に比し、極めて優れたクオリティ。(とってもお買得)
 B = 非凡な特徴があり、価格を上回るクオリティ。(お買得)
 C = 概ね価格に見合ったクオリティ。(価格相当)
 D = 凡庸で特徴に欠ける。価格に比し、やや劣る。(少しもの足りない)
 E = 価格に比し、著しく劣るクオリティ。(買い損)

 なお、各ランクよりやや上回るものに+、やや下回るものに−を付けています。例えばC+とは、 若干価格を上回るクオリティを表します。また、通常の評価枠を超えた素晴らしいものにはAAランクを付与しています。

 HOME  利酒日記のメニューページへ  産地別索引へ  前月へ  翌月へ