利酒日記 kikizakenikki

2022年06月


 HOME  利酒日記のメニューページへ  産地別索引へ  前月へ  翌月へ


2022年6月10日 CIDRE
ASPALL DRAUGHT CYDER
アスポール ドラフト・サイダー
VINTAGE: N.V.
ASPALL DRAUGHT CYDER UK
イギリス
地方:
 
地区:
 
DO:
 
生産者: ASPALL 輸入者: モルソン・クアーズ・ジャパン(株)
review
ASPALL DRAUGHT CYDER
 英国のスパークリングアップルサイダー「アスポール ドラフト・サイダー」。 つまりフランスでいうところのシードル(cidre)であり、わかりやすくいうとりんごを原料とする醸造酒。
 当サイトでは、シードルはワインに分類しているため、当日記に収蔵する。
 自分で購入した物ではなく、当サイトのご協力者 森康哲さん から寄贈されたものである。

 グラスに注いだ液色は、しっかりめのゴールド。注いでいる時は炭酸がシュワーっと音を立てて泡が立ったが、 すぐに静まり、その後は細かな気泡が少量立ち昇っている。
 香りは、深いコクのあるりんご香で、ウメのようにも感じるほど酸っぱそうである。
 口当たりは非常にシャープ。酸が立っていて甘味は弱い。炭酸のピリピリした刺激も強い。 キレが良く、飲み込んだ後には鋭い酸味と軽い苦味が口に残る。
 アルコール分5.5%。添加物:炭酸ガス、酸味料、酸化防止剤(二酸化硫黄)。 原産国名:イギリス。輸入者及び引取先:モルソン・クアーズ・ジャパン株式会社 東京都渋谷区桜丘町12-10。
 自社果樹園のりんごを醸造したりんごのお酒。さわやかな酸味、甘味が抑えられスッキリし、 若々しいフレッシュで華やかな味わい。
 シャープなので食事にも合わせることができそう。パスタ料理などに良さそうだ。
評定: A 価格 −円 購入店: いただきもの
2022年6月12日 ROUGE
CONO SUR BICICLETA RESERVA PINOT NOIR
コノ・スル ビシクレタ・レゼルヴァ ピノ・ノワール
VINTAGE: 2019
Cono Sur Bicicleta Reserva Pinot Noir 19 CHILE
チリ
地方:
 
地区:
 
DO:
 
生産者: VINA CONO SUR 輸入者: (株)スマイル
review
 ネットで購入した コノスル BICICLETA 飲み比べセット12本。
 JRE MALL 内の お取り寄せきっぷ((株)JR東日本商事)というECサイトにて、12本11,611円(送料込・税込)で購入。
 ここまで、MERLOTMALBECCHARDONNAYCARMENERECABERNET SAUVIGNONVIOGNIERSYRAH と7種飲んでいるが、 今日は8本目として赤の PINOT NOIR を飲みたい。

 外観はごく淡いルビー色で、透過性が高い。エッジはやや茶色。
 香りはラズベリー、いちごなど、赤いベリー香が中心。やや甘いボリュームがありながら、可憐な甘酸っぱい香り。
 味は酸のアタックがシャープでアセロラのようだが、香りに感じたいちごのような甘さもある。 タンニンはとてもしなやか。

 輸入者が貼り付けた裏ラベルに書かれた味の説明は、次のとおり。
 鮮烈なチェリー、プラム、ストロベリーの香りに、トーストのニュアンスがある、複雑で豊かな味わいの赤ワインです。
 ボディ:ミディアムボディ 適温:14℃〜16℃  合う料理:地鶏のロースト、ヒレカツ、マルゲリータ、鰻の蒲焼など
 チリらしく、ピノなのにかなり甘みがあり、果実っぽいボリュームを感じた。
評定: B 価格 12本セット11,611円(1本あたり968円相当) 購入店: お取り寄せきっぷ(JRE MALL
2022年6月14日 CIDRE  
CIDRE トキりんご <期間限定> / NIKKA
しーどる ときりんご <きかんげんてい> / ニッカ
VINTAGE: N.V.
NIKKA CIDRE トキりんご JAPAN
日本
地方:
 
地区:
 
DO:
 
生産者: ニッカウヰスキー(株) 販売者: アサヒビール(株)
review
 ニッカシードルの期間限定「トキりんご」。
 昨年もこの時季に出ていたものであるが、今年の発売日は、6月7日。

 外観は、通年品のニッカシードルとほぼ変わらず、極めて淡いゴールド。 細かな気泡が、グラスの中を断続的に立ち昇っている。
 香りは、酸味が立ったようなりんご香で、甘味の強い品種であるはずのトキにしてはシャープな感じもする。
 味も香りの印象どおり、キュッと酸味のアタックが来るが、同時に穏やかな甘味も広がる。 フレッシュ感があり、ふくよかな広がりもある。
 アルコール分3%。原材料名:リンゴ(日本産)/炭酸、リンゴ酸、酸化防止剤(亜硫酸塩)。
 爽やかな甘みと香りが強く、穏やかな酸味が特長の黄色リンゴ品種「トキ」を使用しました。
 今年は例年に比べ少しシャープな味に仕上がっているように感じられたが、気のせいか。 トキだから甘いはずと思って飲んだから、逆に酸っぱく感じただけか。
評定: B 価格 180ml入り283円 購入店: 関西スーパー(スーパー)

本日までで・・・今月合計3本/今年合計21本/当日記累計2044本
今月のワイン投資額・・・1,251円(本日まで)



[当日記における評価基準]

 絶対評価ではなく、支払う価格に対して内容が見合っているかどうかの評定です。 例えば1,000円のwineなら、ちょうど1,000円の価値あるものがC。同様に5,000円のwineなら、 ちょうど5,000円の価値あるものがCです。

 A = 特質すべき個性。価格に比し、極めて優れたクオリティ。(とってもお買得)
 B = 非凡な特徴があり、価格を上回るクオリティ。(お買得)
 C = 概ね価格に見合ったクオリティ。(価格相当)
 D = 凡庸で特徴に欠ける。価格に比し、やや劣る。(少しもの足りない)
 E = 価格に比し、著しく劣るクオリティ。(買い損)

 なお、各ランクよりやや上回るものに+、やや下回るものに−を付けています。例えばC+とは、 若干価格を上回るクオリティを表します。また、通常の評価枠を超えた素晴らしいものにはAAランクを付与しています。

 HOME  利酒日記のメニューページへ  産地別索引へ  前月へ  翌月へ