時事ネタコラムのページ [利酒日記別室]

2014年7月



2014年7月1日
 安倍クーデターの始まり


 憲法解釈変更によって集団的自衛権行使を容認する閣議決定がついに なされた。これに反対する多くの国民は「ついにここまで来てしまったか」 という諦めを感じているかもしれないが、これで終わりではない。

 これを足がかりに、事実を積み重ねて、さらになし崩し的に首相個人の思いを達成してゆこうとする 暴挙が、数々の屁理屈と共に展開されてゆくに違いない。 つまり、クーデターは今始まったばかりなのである。

 閣議決定に先立って、前日の与党協議の中で、「その件に関しては今回は取り上げない。 触れなかったことにしよう」という会話が自民党と公明党の間で交わされていたと、TVで報じられていた。 「その件」とは、集団安全保障についてである。

 今セットにして俎上に乗せることは、またもや世論の大きな反発を招きかねないし、 何より公明党が立場上賛成できなくなる。だから、 今はそれを議論しないことにして、先にシラッと集団的自衛権の行使容認についてだけ閣議決定してしまおう。 そしてしばらく経ってから、今回の解釈変更には当然集団安全保障も含まれるということにしてしまおう。 自民党はそう考えているのではないか。 ナチスの手口に学んで静かな中で話を進めようという、麻生氏の提案どおり。

 つまり、「集団的自衛権の行使は憲法9条が禁じるものでないことが、もはや明らかになった。 閣議決定をし、国民にもちゃんと説明した。ところで、機雷除去など他国の支援に赴いている時に、 国連の集団安保体制に移行してしまうと、日本だけはできませんと言って、 急遽撤退することになる。しかし、そんなことが国際的に許されますか?許されないでしょう。 集団的自衛権が日本国憲法において認められるのだから、『国際平和』に貢献するための 集団安保への参加も当然に認められる。」と、 こういった詭弁を弄することは、目に見えている。

 どうせ一般国民は、この手の話は難しくて理解できないだろう。 国民の命と平和を守るためと言っておけば、黙らせるのは簡単。そう思っているに違いない。

 こういったことが、憲法改正というプロセスを経ることなく、 国会での正当な議論すらされることなく、たった2党の密室協議(=密約)によってなされてしまう。 民主国家において、あってはならないことである。

 もっとも、この屁理屈による解釈変更を実際実行に移そうとすれば、関連する法律をいくつも改正 しなければならない。当然それは、国会で審議されることになる。 これまで「国民的議論を」などと心にもないことを言いつのっていた自民党も、 今後は急に口をつぐむに違いない。世論の反対が盛り上がると、法案審議に大きく影響しかねないからである。

 我々国民、そして野党は、これからが正念場である。 こんな戦後最悪の独裁者の横暴を、決して許してはならない。

 おそらく全国各地で、弁護士を中心として、訴訟が提起されるであろう。 首相は、憲法第65条(行政権は、内閣に属する)を盾にとり、内閣は憲法に基づいて 適切に行政を執行していく義務があるといい、だから憲法を「適切に」解釈する などと理屈にもならない屁理屈をこねているが、一方で、第99条の憲法尊重擁護義務 には一切触れていない。 だが、今回のことは、99条に抵触する恐れがある。 このような憲法解釈のねじ曲げによって関連する立法が行われた時、 最高裁が違憲の判断を下す可能性がある。

 これからそういった動きが出てくるであろうから、 私も積極的にコミットしてゆきたいと思っている。

 事が進んだ後、「なぜあの時、大人は止めてくれなかったのだ」と子供たちに言われないために。 無責任な大人にならないために。

 ただ、与党だけで密室で決めてしまうという、極めて卑劣なやり方でここまで来ているため、 我々にやれることはそんなに多くない。本当は今すぐにでも選挙をして欲しいのだが、 それは彼らは「絶対に」避けるだろう。

 個人的怨嗟を晴らすためになりふり構わず、手段を選ばず、人の話も一切聞かずに押し切るやり方は、 狂気としかいいようがない。 最初から人の理解など得ようとはしていないし、聞く耳も持たないし、説明なんかする気もないのだ。

 民主主義のルールを無視した暴挙は、絶対に許されることではない。 必ずしっぺ返しがくる。それを我々国民が正当な方法でやらなければならない。

 最後に公明党に告ぐ。もうあなたたちの存在意義はなくなった。 解党するか第二自民党と名前を変えなさい。


2014年7月13日
 滋賀県知事選速報: 「卒原発」の勝利


 滋賀県知事選が行われ、即日開票の結果、 前民主党衆院議員で、嘉田前知事の後継者である三日月大造氏が初当選を果たした。

 当初劣勢が伝えられていた三日月氏が、与党自民党・公明党の支援する候補を破ることができたのは、 言うまでもなく暴走する安倍政権に対する批判が高まったからだろう。

 前知事と同じ「卒原発」を掲げる三日月氏には、 ぜひその姿勢を貫いて、国にものを言う知事になってほしい。



 HOME  利酒日記のメニューページへ  前月の時事ネタコラム  翌月の時事ネタコラム
 このページは、K氏の葡萄酒的日常利酒日記の別室で、WEBマスターが時事問題などについて、 勝手気ままに書き綴るページです。
 建設的なご意見、反論等はwelcomeですが(メールでどうぞ)、一方的な誹謗中傷は受け付けておりません。あしからず。